キミのミニ盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類 > 草物類の仲間

草物類の仲間

草物類

草物盆栽に使われる山野草は、樹木盆栽と同様に自然の景観や四季を写して観賞されます。

草物はそれ自体を単独で飾って観賞するというよりは、樹木盆栽の添えとして飾ることが多いです。

このような草物盆栽を下草といい、それ自体は決して目立たなくても、主役を引き立てながら季節感を演出してくれます。

樹木盆栽とくらべて目立たない存在の山野草ですが、実は飾りの席でとても重要な役割をしていて、四季を通じて変化に乏しい松柏類では特に大切な役割と言えます。

樹木盆栽のように時代美や自然の厳しさを表現するものではないけれど、優しく可憐な姿はそれだけでも充分に存在感があり、山野草の愛好家も少なくありません。

草物類の管理

草物類も樹ものと同じように、灌水や施肥、植え替えを行います。

葉が大きくなって草姿が乱れるものはあれば剪定をして整えます。

草物類の置き場所

種類によっては日当たりのいい場所を好むものもありますが、基本的には半日陰~明るい日陰で管理します。

夏の間は西日に当たると、根ごと葉が溶けてなくなってしまうことがあります。

夏は涼しくて明るい日陰におくようにしてください。

冬の姿

草物のほとんどは冬は地上部が枯れる

草物は丈夫で寒さにも強く、多年草ならば土が氷っても生きています。

気温が下がると草も休眠状態になり、地上部が枯れてなくなってしまいます。

ここで水やりを忘れてそのまま枯らせてしまうことがあるので注意してください。

冬の間は乾風に当たらないように発砲ケースなどに入れ、2~3日に1回は蓋を開けて換気と水やりをして越冬させてください。

冬の管理さえきちんとしておけば、翌春にまた芽を出します。

草物類の灌水

草物類の灌水も他の樹種と同じで、表土が乾いたら水やりをします。

小さく作るためには水を辛めにするのがいいと言われますが、一度乾くと回復に時間のかかるので普通の灌水で大丈夫。

螺旋藺(らせんい)は乾燥を嫌うので年中腰水管理で構いません。

特に小さいものや水切れしやすいものは、川砂や砂利を敷いた平鉢に鉢を埋めて管理するといいでしょう。

朝夕に霧吹きをすると葉色も鮮やかになり、元気に育ちます。

草物類の肥料

草物類でも施肥は必要です。

ただし多くは必要ないので、固形肥料を小さくしたものや薄い液体肥料、水肥を春の芽出し頃と秋口に与えてください。

イタドリやドクダミなど繁殖力旺盛の種類は生育を抑えるために施肥する必要はありません。

草物類の剪定

菊やミセバヤ、笹、苺、立浪草(たつなみそう)、撫子(なでしこ)、鶏頭(けいとう)、杜鵑(ほととぎす)など節のあるものは、剪定すると残した茎の先端の部分から芽が出てきます。

花の咲くものは花後に短く切り詰めてできるだけ小さく持ち込んでください。

シダ類や岩檜葉などは伸ばしたままでもいいのですが、葉の分岐のところで切っておくとそこから新しい葉が広がり全体が締まった姿になります。

冬になり休眠期に入ると上部が枯れるものがほとんどなので、枯れ込んできたら地際で短く切り込んで保護します。

草物類の葉刈り

草物の葉刈りは全体の葉の大きさを同じにするための部分葉刈りをします。

1つの株からでる葉も大きさに違いが出てくるので、バランスを崩す大きい葉は葉柄の部分で切り取ってください。

培養面ではそのままでも生育に問題はありませんが、展示に使う時は細かい手入れが欠かせません。

葉を切ることによって次にでる葉は小さくなり、全体に締まった姿を維持することができます。

草物類の増やし方

草物の植え替えは春か秋が一般的ですが、丈夫なので真夏を除く生育期の間ならいつでも植え替えはできます。

鉢いっぱいに増えた草は株分けをして増やしましょう。根を土ごとブロックに分けて豆鉢に植え込んでおくと、小さい草物盆栽がいくつも出来上がります。

花が咲くものは種が出来るので実生もできます。

特に一年草の千成りホオズキやケイトウなどは観賞が終われば枯れてしまうので、毎年種を播く必要があります。

胞子で増えるシダ植物などは他の鉢に飛び込んで勝手に増えますが、株分けでも増やすことができます。

基本的に草物は繁殖力が旺盛なので、条件が良ければ放っておいてもいつの間にか至る所で増えてしまうことも。

鉢に時代を付けるために適当な草を植えておく事がありますが、飛び込みを期待して用土だけ入れておいてもいいです。

主な草物類

シダ

羊歯(シダ)(シダ植物門)

イワヒバ

岩檜葉(イワヒバ)(イワヒバ科)

フクジュソウ

福寿草(フクジュソウ)(キンポウゲ科)

マンネングザ

万年草(マンネングサ)(ベンケイソウ科)

ツメレンゲ

爪蓮華(ツメレンゲ)(ベンケイソウ科)

ミセバヤ

見せばや(ミセバヤ)(ベンケイソウ科)

ヤマサンゴ

山珊瑚(ヤマサンゴ)(サボテン科)

イタドリ
ササ

笹(ササ)(イネ科)

芒(ススキ)(イネ科)

ヒメトクサ
ラセンイ

螺旋藺(ラセンイ)(イグサ科)

ニオイハンゲ
ギボウシ

擬宝珠(ギボウシ)(キジカクシ科)

ツワブキ
ケイトウ
ドクダミ

蕺(ドクダミ)(ドクダミ科)

ユキノシタ

雪の下(ユキノシタ)(ユキノシタ科)

ダイモンジソウ
ウメバチソウ

梅蜂草(ウメバチソウ)(ユキノシタ科)

スミレ

菫(スミレ)(スミレ科)

セキショウ

石菖(セキショウ)(サトイモ科)

セッコク
ヒトツバ

一つ葉(ヒトツバ)(ウラボシ科)

マメツタ

豆蔦(マメツタ)(ウラボシ科)

コメント

かず藤田 さん 2019年02月03日16時25分
前略
私の狭庭の中で名脇役のザンセツソウ?についてなのですが
軽石に穴あけで赤玉小の中に押しこんでコケでふたしてます。
今のこの時期全盛期の3分の1程の花❔を残して茶色になっていますけどこれって見守るだけ?
全盛期の名脇役復活をさせたいのですが✨
名アドバイスをお願い致します。
きみ さん 2019年02月04日13時20分
かず藤田さん
名アドバイスにははりませんが、ザンセツソウを育てているかたならご存じかもですが、もともとこの草は高山にいて乾燥とか風も強い環境でいきているので、あまり湿気のある環境では育たないと思います。
ホントは砂礫にちかい水はけいい用土がいいでしょうね~
ちなみにうちのザンセツソウもいまはほとんど茶色で根元から新芽が見えています。

石につけたことないですけど、うまくついたら素敵でしょうね。
かず藤田 さん 2019年02月04日16時15分
早速のアドバイスをありがとうございます。
水あげ控えめで来期の満開を待ちます。

岩の上部にシンパクの深緑、下方に淡い薄緑のザンセツソウ、自画自賛のコントラストなんですが
こげ茶色がなんとも?

きみさんに
あまり頑張り過ぎずぼちぼち、長く続けられること望んでいます。
きみ さん 2019年02月04日17時42分
かず藤田さんへ
しんぱくと草の石付きはいいですよね~。
ザンセツソウも枯れた感じいいと思いますし

<<きみさんに
あまり頑張り過ぎずぼちぼち、長く続けられること望んでいます。

応援ありがとうございます。最近の忙しさは稀でしたし、これからも頑張ります★

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動植物好きの猫飼いです。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンと一緒です。

ほとんど籠って盆栽いじってますが、盆栽教室やミニ盆栽屋「てのひら盆栽しんとう」も定期的に企画、出店しています。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 03 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 03 月号 [雑誌]
【特集ページ】今月号は「芽出し前にやっておきたいこと」として、私の作業を紹介させて頂きました。
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。