キミの盆栽びより盆栽の育て方松柏類の育て方 > 五葉松(ゴヨウマツ)の育て方

五葉松(ゴヨウマツ)の育て方

五葉松の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
成長期
 
 
 
 
 
 
 
 
休眠期
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
 
 
 
 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1/日
 
 
 
1~2/日
 
1/日
 
 
1/2~3日
施 肥
置き肥
 
 
置き肥
 
 
針金かけ
 
 
 
 
 
 
 
剪定
太枝 
 
不要枝 
 
 
植え替え
 
 
 
 
 
 
その他
芽摘み
 
  葉すかし

五葉松の性質

五葉松はマツ科の常緑針葉高木。

日本各地の高山に自生していて暑さ寒さにも強いマツです。

産地によっていろいろな品種があり、その気候風土にあった管理が理想的です。

柔らかい幹枝と葉性が特徴で、きつい針金整形や剪定にもよく耐えます。

五葉松は夜露でも育つと言われるほどですから、水は辛めにし葉水を与えるとよいです。

五葉松の管理場所

五葉松は松に比べると高山性の植物で、本来は涼しい場所に自生しています。

暑さには強いですが、あまり日差しが強いと根が傷み枯れてしまうことも。

小さいサイズの樹は特に雑木と同じと考えて、日差しの強くなる5月以降は半日陰や日よけの下で管理してください。

五葉松の灌水

乾燥した場所に自生している五葉松は「空気で育てる」と言われるほど、松柏類の中でも特に水は控えめ。

ただし、辛目の培養は初心者では失敗の元になりやすいので、天城砂などの多孔質の土や水はけのいい川砂などで植え付けるなど用土を工夫すれば通常の水やりでも問題ありません。

これらの土は見た目では乾き具合がわかりにくいので、硬質赤玉を混ぜてつかってください。

通常は1日1回で、夏は1~2回、冬は2~3日に1回が目安ですが、乾き具合をみて調整してください。

朝夕の葉水をお勧めします。

五葉松の施肥

五葉松はあまり肥料は必要ありませんが、施肥によって葉が短くなり全体に締まった樹になります。

梅雨と夏場を除いた4月~9月の間に油かすなどの固形肥料を控えめに与えてください。

春の多肥は枝葉が徒長しやすくなるので、春は控えめにして秋肥を多めにしましょう。

週に1~2度、希釈したハイポネックスで葉水をすると葉色がよくなり、元気に育ちます。

五葉松の作り方

芽摘み(4月~5月)

五葉松には伸びる力の強いロウソク芽とあまり伸びないコンペイトウ芽の2種類があります。

4月以降になって新芽が伸びてきたら、伸びの強いロウソク芽を元から摘み、後から伸びるコンペイトウ芽も残したい長さで芽摘みをして全体の枝のバランスを取ります。

詳しくは松柏類の芽摘み

古葉取り(11月)

日当たりと風通しをよくするために昨年伸びた葉と元から切ります。葉すかしともいいます。

詳しくは松柏類の芽摘み

針金かけ(10月~3月)

五葉松は枝が柔らか大胆な針金整枝にも挑戦できる樹種です。

ただし厳寒期に行うと負担がかかりますから、様子をみながら行ってください。

植替え(3月~4月、8月下旬~9月)

五葉松の植え替えは通常若木で3年に1回ですが、小品になるほど根詰まりしますので、鉢底穴を確認し根鉢の様子をみて植え替えします。

植え替え時にあまり強く根を剪定すると枯れてしまうことがあるので、古根を整理するくらいでやめておいたほうがいいです。

植え替えでは根を剪定するので負担が大きいものです。

秋口に行うこともあるようですが、生育活動が始まる時期なら根の負担や回復が早いので、初春に行ったほうが安全です。

コメント

ようじ さん 2018年03月18日17時47分
きみさん

こんにちは。
またアドバイスが欲しくて投稿させていただ
きました。

昨年の11月に購入した五葉松なんですが、今日
気がついたのですが樹冠部とその下の葉っぱ
が枝元から葉先に向かって枯れたような色に
なっています。

枯れたような色の葉を触ると、ポロポロと
落ちてしまします。

これは枯れてきているのでしょうか?
病気なのでしょうか?
育て方が悪かったのでしょうか?

めちゃくちゃ心配でなりません。

対処方法等のアドバイスをよろしくお願い
します。
きみ さん 2018年03月19日10時39分
ようじさん

黄変してる葉は落葉してしまうでしょうね。葉ふるい病かもしれませんが、特効薬はないんです。まずは培養環境の改善と殺菌。見たところ土は赤玉でない?肥料(グリーンキング?)も外してください。殺菌には石灰硫黄合剤やマンネブ水和剤、銅水和剤(キノンドール水和剤など)などの殺菌剤を試してください。
細菌性の病気は接触感染しますから、取り除いた枝葉は処分します。
下枝はまだマシそうだし、残った枝で作り直すこともできますよ。枯れた葉や枝は取ってしまって、土をちゃんとしたものにしてやってください。
温かくなってくると細菌性の病気が悪化しやすいです。冬期の殺菌消毒と成長期の間も定期的な消毒で予防する他ないように思います。
ようじ さん 2018年03月19日12時08分
きみさん

アドバイスありがとうございます。

取り敢えず、昨日手元にあったベニカXで消毒
しました。

購入時から水の浸透が遅かったので、やっぱり
土に問題があったんですね。

早めに根を切らずに植え替えをしてみます。

また困ったらアドバイスよろしくお願い
します。
ようじ さん 2018年03月24日13時18分
きみさん

先日、アドバイスをいたただきました五葉松の植え替えをしました。

根を切らずに水で根を洗い、赤玉土6と桐生砂4で植え替えました。

やはり古い土はジメジメドロドロでした。

これで元気にってくれるといいのですが。

そこで、また質問させた下さい。

植え替えた後の管理方法ですが、定期的な消毒と水やりのほかに、『施肥』はしなくても大丈夫なのでしょうか?

他の葉へも少し広がっているようにもおもえますので、アドバイスよろしくお願いいたします。
きみ さん 2018年03月25日16時00分
ようじさん
葉色は元気そうですね!肥料はしばらくやらなくていいですよ。1~2ヶ月で状態がおちつけば与えていいですけど控えめにしてください。茶色くなってる葉っぱは触ってパラパラ落ちるようならその部分は取ってしまってください。
多少見た目わるくなっても、ちゃんと世話して元気になればまた芽がでてくると思いますから。これから日差しも強くなるので、直射日光でアツアツにしないよにしてくださいね。
ようじ さん 2018年03月25日18時36分
きみさん

アドバイスありがとうございます。
施肥はせずに様子をみることにします。

ありがとうございました。

引き続きよろしくお願いいたします。
あか さん 2018年06月18日07時06分
五葉松について教えてください。
新芽が展開してきました。
それが先は緑ですが、葉元にいくにつれて、黄色くなってます。
日光がすくないのか、水が多いのか少ないのか、肥料が多いのか少ないのか…
いろいろあると思います。
他の五葉松はこのような葉にはなってません。
原因対策がわかりましたら教えてください。
ただ日当たりについては、どうしょうもないです。
きみ さん 2018年06月18日15時19分
あか さん
こんにちは。これだけでは原因わかりませんが、経験がそれほどないのであれば水やりが原因なことが多いです。このままだいくと新葉は落葉してしまいそうです。

調子が悪いなと思ったら、まずは消毒して肥料を取り除き、強い日差しをさけて管理してください。マツ類は葉色が悪くなると治るのに時間がかかりますが、治らないわけではないし
古葉は残ってるので芽が吹くかも知れません。

五葉松はもともと高山性の樹なので暑さには弱い面があります。鉢が高温になってしまうと根が弱って枯れることもあります。
わたしのは小さい樹ばかりなので、雑木と同じ場所で管理しています。黒松や真柏みたいには育てていません。
川野敬史 さん 2018年09月23日17時02分
五葉松の枯れた枝から新芽が吹き出したのですがそんな事があるのですか?
半日陰がいいと言うことなので日陰で管理してますがそれがよかったのですかね?あと水は乾かし気味がいいのですか?お忙しいところすみませんがよろしくお願いします
きみ さん 2018年09月23日17時08分
川野敬史 さん
軽い症状なら回復します。よかったですね。日陰管理もよかったのかもしれません。
あと水は、空気で育てるというくらいなので、あまりやり過ぎはいけません。
今時期なら、目安は1日朝1回。葉がなくなっていて乾きが遅ければ様子をみながら、土が一旦乾いてからやるといいと思います。
ふくむら さん 2018年10月17日21時58分
はじめまして、早速ですが、五葉松を譲り受け地植え替えから鉢植え替えにしました9月中ば頃です、長い葉をカットした所が、茶色になり古葉の様な色になりました、とりあえず、スミチオンを散布しました。心配でなりません。地植え替えから太い根っこ等切りましたが、少し枝等の数も減らした方が良いかなと思いましたが、わからず、どのような対処法したらよいか宜しくお願いします
きみ さん 2018年10月17日22時11分
ふくむら さん
お返事遅くなってすみません。カットしたところだけ茶色になるならそれは自然現象だと思いますから気にしなくていいです。五葉松は不定期に古葉がでますから、茶色になった葉はその都度とって内部の風通しをよくしましょう。
枝は一度切ってしまうと同じ場所には二度とできないと思ってくださいね、10月は古葉取りの時期でもありますから、枝を切るのではなく、前年葉や前々年葉を鋏で元の部分を少しだけ残して切ってください。少しだけ残すのは、そこからまだ芽が吹くかもしれないからです。枝先の葉の塊だけ残す感じでやって、これを一枝一枝丁寧にやれば全体の葉量はだいぶ減ります。
ほんとは、鉢上げしたときに一緒にやったほうがよかったですけどね。
盆栽ワークショップのお知らせ

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求めつくばへ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 11 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 11 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。