キミの盆栽びより >

きみの盆栽びよりTop:基礎から好きになるちいさい盆栽

盆栽は楽しい

キミの盆栽びより

盆栽園や展示会の即売にたくさん並んだ盆栽や苗木。

その棚の前で、手に取った樹をいつまでも見つめている人を見かけることがあります。

盆栽の常設売店の様子

盆栽の常設売店の様子

その樹を裏にしたり斜めにしたり、根元を少し穿ってみたり、棚に戻してちょっと遠くから眺めたり...

幹模様はどうか、根張りは良いか、芽の位置、葉の大きさ、枝の節は....そんな将来性を考えながら、自分ならこれからどう作ろうかと考えているのです。

難しそうな印象のある盆栽。

生き物を育てることは難しいこともありますが、小さい盆栽ならベランダでも育てることができますし、毎朝の水やりで感じる日々の成長や管理の手応え、四季の変化を見ることができる楽しさがあります。

各地の愛好会や盆栽園の教室に入れば仲間も増え、大きな展示会で自分の樹を飾る楽しさを知り、世界が広がります。

歴史ある展示会も多いですが、最近はWEB展示会や、趣味者で集まって小さな展示会を開いたり、自慢の樹や鉢を自身のブログで紹介したりと楽しみ方もそれぞれです。

私が盆栽を始めたきっかけは些細なことでしたが、今では毎日の水やりが一番の楽しみ。

昔は「遊び」と言えば友達と買い物や旅行だったのに、今は暇さえあれば盆栽園や展示会に出かけて、気がつくと何時間も樹や鉢を見ています。

たくさんの人に、小さい盆栽の楽しさを知ってもらいたい。そのきっかけの1つになればいいと思って「キミの盆栽びより」を書き始めました。

盆栽の“癒やし効果”は学術的にも証明される....かも?

愛媛大学農学部緑化環境工学の仁科弘重教授は、約20年間に渡って人間と植物の関係について研究し、分かってきたことがあると話されています。

仕事中も小さい盆栽に癒やされます

コデマリのミニ盆栽

『人間は、遠くの大きい植物よりも、近くの小さい植物に癒やされる』といった内容のものです。

仁科教授によると、職場のデスクなどに10~20cmの植物を1つ置き、自分で毎日世話をすることで自身の心が癒やされるというのが医学的に証明できるのだとか。

あまり変化のない観葉植物やサボテンなどはその癒やしの効果は薄いそうです。

盆栽は、日々の生長だけでなく、花や実、紅葉など季節の変化も感じることができる。まさに最高の「癒やし」ではないでしょうか。

世界に認められる盆栽の芸術性

『難しそう』とか『リタイヤ後の趣味』という印象を未だにもたれる盆栽ですが、最近では飲食店や雑貨屋さん、インテリアショップなどでも苔玉や小さな盆栽を見かけるようになりました。

日本だけでなく海外の人気も大きく、中国、台湾、アメリカ、フランス、イタリア...いろんな国の人達が盆栽を楽しんでいます。

第8回世界盆栽大会のデモンストレーション

『第8回世界盆栽大会inさいたま』には国内だけでなく
世界各国から4万5千人の来場がありました(2017年4月)。

今や日本の文化や衣食住をはじめとする日本人のライフスタイルは、世界中で評価され関心を集めているのはご存じの通り。盆栽もその1つです。

海外の盆栽熱は高まる一方で、日本貿易振興機構(JETRO)によると、盆栽と庭木を合わせた輸出額が2012年には過去最高の81億円を記録しました。

アジア諸国や中東では、日本の盆栽や鉢のコレクターも多く、今や富裕層のステータスとなっています。

欧州地域の盆栽愛好家の数も多く、専門学校や美術館、専門誌まで発行されています。

海外の盆栽雑誌

写真提供協力:DOMESTIC BONSAI

小さい盆栽を楽しもう!

盆栽と言えば、国風盆栽展(日本盆栽協会)に飾られるような、立派な鉢に太幹の松がどっしりと立っている姿を想像するかもしれません。

でも、盆栽は松や真柏などの松柏類だけでなく、葉の紅葉を楽しむ雑木類や、花物類、実物類、山野草など四季折々の姿を楽しむものがいろいろあります。

大きさも数人でやっと持ち上がるような大盆栽から、手のひらサイズの小さな盆栽まであります。

ベランダ盆栽

アケビのミニ盆栽

最近はマンションのベランダやバルコニーなど、日当たりやスペースに限りがある場所で家庭菜園や観葉植物を育てている住宅事情があります。

小さな盆栽は狭いスペースにも置けますし、日当たりと風通しを確保できれば銘木を育てることも夢ではありません。

近頃は樹高数cm~十数cmクラスの小さい盆栽がミニ盆栽や豆盆栽、小品盆栽(しょうひんぼんさい)と言われる新しいジャンルを築き、女性や初心者の方でも始めやすい手軽さもあって特に人気を集めています。

観葉植物やガーデニングとはまた違った盆栽の世界。

その良さは古さや強さ、わびしさや儚さなど、見る人によって感じ方が違う日本人独特の美文化です。

まずは手始めに好きな種類の樹を一鉢。

ベランダの片隅に自分だけの芸術空間を広げてみてはいかがですか。

盆栽ワークショップのお知らせ

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求めつくばへ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 01 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 01 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。