キミのミニ盆栽びより管理の基本芽摘み松柏類の芽摘み > 黒松(クロマツ)の芽摘み

黒松(クロマツ)の芽摘み

更新日:2020/03/29

黒松の芽摘みは新芽の長さを一定にして小枝を充実させる目的で行うもので、芽切りや葉すかしなどの一連の手入れは針葉を短くする(短葉法)ための大切な作業です。

松類は成長が遅い一方で、樹勢はとても旺盛。肥培管理が充分できていれば、新芽を切ったり掻き取ったりしても平気に芽吹く樹種なので、仕立て段階に応じてしっかりを手入れをしたいところです。

1. 芽摘みの時期と方法

芽摘みの時期は4月上旬~5月頃で、新芽がややほころんでくる頃が合図。

黒松や赤松などのマツ類の新芽は「ミドリ」といって産毛のような鱗片で覆われたつくしの様な状態で、芽摘みは伸びてきたミドリの葉がまだ開かないうちに必要な長さを残して摘むのが基本です。

特に樹芯の芽摘みは、摘み取る長さによって将来の樹高をどれくらいにするのかが決まるので大事な部分。側芽や下部の芽の伸びは頂芽より1週間くらい遅いですから、一斉に摘むというよりは伸びてきたら全体を見て摘むという要領で芽摘みをしていきます。

マツ類が1年間に伸びる枝の長さは葉が開き始める時期にはもう決まってしまうので、ミドリの状態のうちに今後の枝の伸びを考えて適当な長さで摘む必要があります。

芽摘みのやりかたは伸びてきたミドリの葉がまだ開かないうちに指で折り取るようにして摘みます。摘む程度は全体の半分~1/3くらいを目安に、強い芽は短めに、弱い芽は長めに残して全体の力を平均的にするよう意識してください。

残した芽からは新葉が伸び、新梢の先端部分には生長点が再生されて翌年の芽が作られます。

黒松の芽摘み

黒松の芽摘み:新芽を半分~1/3くらいの所で摘む

芽数の調整

樹勢の強い若木や肥培してある養成木は特に勢いがあるので、強い芽が1本でる枝もあれば3芽以上吹くものもあります。

複数芽はそのまま残していると「車枝」になって枝元が太る原因となるので、複数の芽が出た時は真ん中の一番強い芽を元から摘んで、向きのいい弱い芽を2芽に調整しておいてください。

1週間もすれば残した弱い芽が伸びてくるので、芽摘みと同じ要領で伸びたものから適当な長さの所で摘み取ります。

マツ類の芽摘みではその他にも、芽摘みの時期を遅らせたり、全部の芽を摘み取る盲摘みなどがあり、どれも葉を短くするのに効果があります。

黒松の芽かき

黒松の芽かき:1箇所から複数の芽が吹くものは芽数の調整をすること

2. 黒松の芽切り、葉すかし

芽切りは主に完成木の葉を短くする目的で行う作業で、養成木でも幹の太りが充分で、基本樹形の出来たものは芽切りで小枝を増やしていきます。

よほど芽の勢いの強いものは「抑制」のために春に軽い芽摘みをすることもありますが、一般的には芽切りを行う予定のものは春の芽摘みを控え、勢いを付けてから摘むことで2番芽の芽吹きを促進させます。

芽切りの時期は7月10日~20日頃で、今年伸びた新芽を付け根の部分を少し(3~4mm程)残して切り取ります。作業時期が早いと秋に観賞する時に葉が長くなってしまうので注意してください。

黒松の芽切り

黒松の芽切り:新梢を付け根を少し残して切る

芽切りと葉すかしはセットで

芽切り後、前年枝を整理していない場合は葉すかしも行ってください。

成長点を止め、さらに葉量を減らすことで樹勢をおさえつつ、2番芽の動きを促進させることが目的で、芽切りとセットで行うことでより効果的に小枝を増やすことができます。

葉すかしのやり方は、前年枝に付いた古葉のうち、頂部の葉を2~4対残して取る作業で、ピンセットで抜くか鋏を使ってハカマの所で切り取ります(ハカマはいずれ自然に取れます)。

黒松の葉すかし

黒松の葉すかし:芽切り後、前年葉を2~4対残して切る

頂部の強い枝は2芽、下枝は芽切りを見送るか3~4芽と残す芽数を調整し、全体の力のバランスを平均的にするよう意識してください。

葉を残した部分から優先的に2番芽が作られるので、希望の場所から枝を出させることが出来ます。

将来枝が伸びる方向を考え、残す芽の配置にも気を配ってください。

いくら樹勢の強い黒松でも、芽摘みや芽切りは樹に負担のかかる作業の1つです。前年の秋から充分に肥培をし、樹勢の弱っているものには芽摘みや芽切りを見送るなど樹の状態に応じた手入れができるようにしましょう。

黒松の葉すかし

黒松の葉すかし:将来伸びる枝の向きを考えて、バランスよく葉を残す

3. 黒松の夏芽かき

黒松の夏芽

写真1:芽切りの後に出てくる夏芽(2番芽)

芽切り葉すかし後、1ヶ月もすれば残した対の葉の間から2番芽(夏芽)が伸びてきます(写真1)。

葉すかしの際に多めに残した場合は1箇所から3つ以上出てきますから、2芽2芽となるように向きのいい芽を残して芽かきをしてください。

黒松の夏芽はミドリ(冬芽)の形状と違って、草のような扁平で柔らかい芽がでるので驚く人がいますが、秋には通常の葉になるので心配いりません。

ただ、付け根の部分の葉(スソ葉)は枯れても草の状態で付いたままなので、新梢が固まったら切除して内部をスッキリさせておきましょう。

4. 関連ページ

黒松の育て方

黒松は照葉樹でとても日光を好み、暑さや冬の寒さにも強い剛健な樹です。年間を通じて朝から夕方まで日当たりと風通しのよい場所に置いてください。厳寒期でも乾燥した強風……

黒松の魅力

日本と朝鮮半島が原産で、塩害に負けず暑さや寒さにも強いクロマツは「男松」「雄松(オマツ)」とも呼ばれ、樹皮や葉が固く剛健な印象。日本では古くから神社や寺のご神木……

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より連載の「キミのMonthlyお手入れ講座」が始まりました。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。