キミの盆栽びより > 管理の基本

盆栽管理の基本

更新日:2015/02/27

盆栽はずっと同じ形や状態をとどめていません。

生きているものですから、なにもしなければ枝は伸び続け、葉は混み合い、枝枯れや病害虫の被害にあえばとても盆栽とは言えないような悲しい姿になっていきます。

ただ水をやるだけでは盆栽は維持できないので、樹形の維持や日頃の手入れの基本は抑えておくべきところ。

春は新芽の美しさ、秋は紅葉、落葉後は寒樹の姿と、その多くが季節を通し変化を楽しめる盆栽ですから、管理作業も年中やることがあるのです。

コメント

凡才の好日賦 さん 2017年03月13日18時56分
カリンともみじの取り木の時期は、3月と6月ではどちらが適期でしょうか。幹が間延びして曲が気に入らないので、良い位置で取木をしたいと思います。
きみ さん 2017年03月14日10時39分
凡才の好日賦さん
高温多湿で生育のよい梅雨頃が適期というのは間違いないですが、力が強いので最初に伸びた根だけが強く伸びて片根になってしまうことがあります。
3月頃に取木かけるメリットは、カルスの形成が緩やかなので八方根になりやすいようです。
結局3月~梅雨頃の間ならいつでもいいですが、私はもう初めています。
凡才の好日賦 さん 2017年03月14日14時41分
きみさん。ご教授ありがとうございます。数本あるので取り木を早速やってみます。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 10 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 10 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。