キミの盆栽びより盆栽の育て方 > 実物類の育て方

実物類の育て方

更新日:2018/08/26

実物類の育て方

実物類は実を見るためのものですから、まず花を咲かせ、結実させることが最終課題です。

小さい盆栽はさほど樹形を気にしなくとも実がとまれば見られますが、盆栽として育てるならばやはり基本の姿を整えることが先決。

大きな盆栽ほど枝を作り込むことはできなくても、せめて幹の流れや模様、差し枝くらいは作っておく必要があります。

実物類は特に、性のいい(花付き実付きのいい)種木を手にいれることも完成への近道。

実物類を選ぶときは、実のついている状態のときに買うか、お店の人に毎年実がつくかを確認してから買うようにしましょう。

管理場所

花芽を多く付けさせるためにも、日当たりの良い場所で管理してください。

ただし強い日差しには当てないように、夏は西日を避け寒冷紗で遮光してください。

灌水

花芽形成期には乾き気味にすると良いといいますが、植物学的な根拠には乏しいところがあります。

むしろ辛目の灌水は水切れのリスクの方が大きいので、基本的には普通の灌水でいいです。

ただし過水は禁物。「乾いてきたら水やり」を心がけてください。

実物類はその実を肥大成熟させるために水や肥料を欲しがる樹種ではありますが、多すぎると徒長枝が出て花芽が付きにくくなってしまいます。

結実してもまだ実が大きくならないうちに水切れさせてしまうと落果に繋がるので、開花~結実の間や夏の水切れには注意してください。

施肥

実物類は肥料を好むので、肥料はしっかり与えるのが基本です。

ただし多肥で勢いがつくと枝が徒長し、子孫を残すことよりも自身の成長が優先されて花付きが悪くなったり実が落ちてしまいます。

基本的には春と秋を重点的に、成長期の間に月1回油かすなどの固形肥料を与えますが、花芽分化期(梅雨~夏場)と開花中は中断してください。

実がとまり少し膨らんできたころで再開。あまり早いと落果し枝が伸び出すので控えめがよいでしょう。

結実中は肥料をしっかり効かせることで、実持ちがよくなります。

摘果後は薄いお礼肥を与え、来年の芽出しに備えて樹勢を維持しましょう。

整枝

多くの実物の花芽は、夏の土用(7月下旬~8月)頃に作られます。

花物・実物類の場合、花芽形成期までには枝を充実させておく必要があるので、芽摘みは遅くとも5月には終わらせておく必要があります。

全体の剪定は春の芽出し前に花芽が分かるものは花芽を残して行うことができます。

仕立て途中のものは実を諦めて剪定し枝を増やし形を整えてください。

樹種別の育て方

コメント

meika さん 2018年04月14日08時11分
いやはや、少し途方に暮れています。
 盆栽本やネット検索しても、業者の販売品の紹介ばかりで内容がありません。
 盆栽本を師として、自我流で盆栽とお付き合いをしてきました。
 「キミの盆栽びより」の実盆栽の中で、ご紹介いただけたら幸いです。

『常盤柿』の育て方が分らないので、ご提示いただきたいと思います。
きみ さん 2018年04月14日14時28分
meika さん
常盤柿もっていないので、詳しくありませんがロウヤとだいたい同じでいいとおもうんですよね。すみません、ロウヤ柿のページがまだ充実してないので、優先して内容を更新しますね。
写真ではもう芽摘みしてあるので、今年は実を付けずに樹作りをしたいということでしょうか?
枝自体だいぶあるので、私なら取木してしまいますが
これから出来ることは、伸びる枝の芽摘みや芽おさえ、葉刈りくらいでしょうか
来年の花芽が欲しいなら6月以降の剪定を控えます。
肥料もそろそろあげていいですよ

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動植物好きの猫飼いです。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンと一緒です。

ほとんど籠って盆栽いじってますが、盆栽教室やミニ盆栽屋「てのひら盆栽しんとう」も定期的に企画、出店しています。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

更新履歴

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 01 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 01 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。