キミの盆栽びより盆栽の育て方松柏類の育て方 > 真柏(シンパク)の育て方

真柏(シンパク)の育て方

更新日2018/07/03

真柏の育て方

真柏の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
休眠期
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
 
 
 
 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2日
 
1~2/日
 
2~3/日
 
 
 
 
1~2/日
 
1/2日
施 肥
置き肥
 
置き肥
 
芽摘み
 
 
 
 
 
   
剪定
 
 
 
 
針金かけ
 
 
 
 
 
 
ジン・シャリ入れ
 
 
 
植え替え
 
 
 
 
 

真柏の性質

真柏はヒノキ科ビャクシン属の常緑針葉樹。

海岸沿いの崖上や砂地などの日当たりのいい場所に多く自生する樹ですが、盆栽で使われるのは高山性の真柏で、葉性がよく幹模様も素晴らしい新潟県の糸魚川真柏は世界的にも有名です。

強い曲付けにも耐えるのでいろいろな樹形に作ることができ、ジンやシャリ、葉の細かさ、幹肌の美しさなど魅力が沢山。

山採り素材はほとんど取り尽くされてしまいましたが、挿木繁殖が可能で、個人で作り育てる楽しみがあります。

真柏の管理場所

年間を通じて日当たりと風通しのよい場所で育てます。

夏の強い日差しにあてても大丈夫ですが、小さいものは半日陰のほうが安心。

空気の綺麗な場所を好むので夕方に葉水をすると葉色が良くなります。

特にジンやシャリを入れたもので水吸いの細いものなどは冬の乾燥した空気には弱いので、保護が必要です。

用土

ほとんどの植物は中性~弱酸性の土を好むのに対して、真柏はアルカリ性土質を好み、自生地でも石灰岩質の所でよく生育します。

用土は赤玉土を主体に桐生砂や川砂を4~5割混合し水はけよくしましょう。石灰砂を少量混ぜるといいようです。

真柏の灌水

乾燥には強いですが松柏類の中でもより水を好むので、多めがいいでしょう。

杉葉がでた場合は特に水切れに注意し、よく日に当ててください。

春は1日1~2回、夏場は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安として、表土が乾いたら灌水するようにしてください。

真夏は朝夕に葉水を与えると害虫がつくにくく、葉色も美しくなります。

真柏の施肥

5月下旬~6月頃と、9月~10月の間に油かすなどの固形肥料を月1回ほど与えます。

春の早いうちから肥料を与えると力がついて杉葉がでることがあるので、時期は遅めがよいです。

杉葉がでた場合は戻るまで肥料を中止してください。

病気、害虫

滅多に病気や害虫に被害にあうことはありませんが、樹勢が弱っているものや管理場所が良くないものはハダニやアブラムシが付くことがあります。

予防のために殺虫剤を定期的に散布するのも悪くないですが、真柏は葉水が好きで害虫予防にもなるので、朝夕に霧吹きなどで積極的に葉水をあげてください。

また、冬期は石灰硫黄合剤などの殺菌殺虫薬でしっかり消毒することも大事。サンヨールやオルトランCなど代替薬もありますが、高濃度で散布出来る休眠前は石灰硫黄合剤がとても効果的です。

真柏の作り方

芽摘み(5月~9月)

真柏の芽は成長期の間伸びてくるので、そのたびに摘んで間延びを防ぎながら小枝を増やします。

芽摘みやフトコロの伸びた葉を摘むことで元芽が動いてより小さく作ることができます。

真柏(シンパク)の芽摘み

真柏は春から9月頃まで次々と新芽を伸ばしてくるので、間延びを押えて各枝を充実させるためには芽摘みが欠かせない作業になります。 全国に産地がある真柏の葉性は様々で...

剪定(3月~4月、10月~11月)

成長期の間は芽摘みに終始しますが、芽摘みだけではだんだん枝葉が混み合い、枝先が団子状に固まって理想の樹姿を維持することができません。

そこで2~3年に1度は追い込み剪定をして枝を透かし、全体の輪郭をすっきりさせてください。

真柏(シンパク)の剪定

黒松や五葉松などど並んで一般的に培養され、愛好家の間で不動の人気を誇るシンパクは、手入れの方法がよく研究されています。ここでは剪定の基本から、若木と完成樹の剪...

針金かけ(9月~2月)

真柏は枝が柔らかいので大胆な整形にも挑戦できます。

作業の適期は秋~休眠期間中。枝透かし後に枝先を軽く矯正するのはいつでもいいですが、太枝を強く曲げるなら2月頃がベストです。

ただし冬に強く曲げたものはしっかり保護してください。

神、舎利入れ

神や舎利入れの方法には、単に樹皮を剥いで仕上げる方法と、さらに彫刻などの整形を施して仕上げる方法があります。

生きた幹枝を神や舎利にする場合は、樹液の流動開始後の3月中旬~4月中旬頃が適期。この頃になると樹皮に水分を含んでくるので、手で簡単に剥ぐことができます。

神と舎利

自然の中で自生している樹木には、枝や幹の一部が枯れて白骨化したものが見られます。 これらは強風や落雷などで枝幹が引き裂かれて風化したもので、盆栽界ではこの朽ちた部...

植替え(春先~梅雨時期、9月)

真柏は細根の生長がよくすぐに根詰まりするので若木で2~3年に1回のペースで植え替えをします。小さいものは1~2年に1回を目安にしてください。

作業の適期は春先~梅雨時期か、秋口(9月頃)。

厳寒期や真夏以外ならいつでも植え替えはできますが、強い剪定や針金矯正と同時に行うと杉葉が出るので注意してください。

関連ページ

真柏(シンパク)の魅力

「松柏」の松に並ぶ柏(カシワ)とはヒノキの仲間のことで、古くから日本人の生活に密接なものとして親しまれ、神社の御神木としても崇敬されてきました。この「柏」に「真」の字を付...

コメント

エビ さん 2016年06月03日20時20分
きみさん こんばんは。
今日、いつも購入する盆栽店で真柏を購入しました!
初です!
シャリ、ジン、最高ですね!
管理をするにあたって、気を付けなければいけないことはありますか?
きみ さん 2016年06月03日22時03分
エビさん、こんばんは。シンパク、いいですね~^^丈夫なのでとくに管理で気にすることはありませんが、肥料は7月頃になってからあげるといいかもしれません。
水は甘くなく、辛すぎず。
日当たりのいい場所において、霧吹きしてやると葉っぱが元気になります。
初めてならばあれこれせずにまずは1年元気に育てるのが課題でしょうか~^^
エビ さん 2016年06月04日05時39分
きみさん、おはようございます(*^^*)
返信ありがとうございます。
1年元気に育つように頑張ります!
真栄 朱美 さん 2017年06月04日09時56分
真拍の剪定で無く葉透かしを教えて下さい。
きみ さん 2017年06月05日10時28分
真栄さん

すみません、シンパクは書くことがおおくてちょっと後回しになっていました。
これから書きます。
ゆき さん 2018年05月04日14時30分
初めまして、盆栽は初めてですが、父が遺した真柏が五鉢あります。おそらく10年以上経っていると思いますが大切にしていたので、私が自宅へ持ち帰り管理をすることになりました、父は体調を崩しており、植え替えは何年もしていないと思われました。夏に枯れてしまうより良いと思い、お彼岸過ぎ頃に植え替えにチャレンジしました。根は鉢底まで回っておりましたし、根元は硬くなり根を傷つけるのが怖いので、三分の一程、根を落として植え替えをしましたが、その後、新芽は出てきましたが、部分的に葉が黄変して触るとポロポロと落ちてきています。東向きの庭ですので昼頃まで日の当たる場所に置いてありますが、大丈夫でしょうか?幹の根元が硬いので、来年また根元まで崩して植え替えを強行したほうが良いでしょうか?、葉が落ちてきているのが心配です。父が大切にしていたので何とか生かしたいと思いメールしました。今後の管理のご指導を宜しくお願いいたします。長文にて大変失礼申し上げます。
きみ さん 2018年05月04日14時51分
>ゆき さん
シンパクの植え替え時期はわたしは秋にやってますが、いつやってもいいという人もいますし時期的に心配はないと思いますよ。
時々古葉(トヤとかいいますが)がでるものなので、写真を見る限り心配ないです。綺麗に掃除してお世話しましょう。肥料は梅雨開け頃からで大丈夫です。
5鉢くらいならお世話も難しくないでしょうね、頑張ってください。
ゆき さん 2018年05月10日23時05分
きみ様、返信有難うございました感謝申し上げます。
大切に育てていこうと思います。  ゆき
渡辺一茂 さん 2018年11月15日18時20分
いつも大変感慨深く読ませてもらっております。

質問があります。
●小品真柏の葉を細かくする(ブロッコリーの様に)にはどのような作業が必要ですか?
「葉透かしをする」ようなことを言われたのですが、口頭なので
あまりよく理解できておりません。

●杉葉にならないようにするにはいつ、どのような事をすればよいですか?
以前、夏ごろ(葉が)込み入っていたようなので、鋏で透かして見たのですが、ものの見事に杉葉になってしまいました。

質問からも判りますように盆栽2年目の新米者です。

よろしくお願いいたします。
きみ さん 2018年11月15日18時21分
渡辺一茂 さん

こんにちはメッセージありがとうございます。

シンパクの葉を詰めるには、はやり細かい芽摘みにつきると思います。
葉性にもよりますが、5月~10月(関東)の間は絶えず新芽が伸びてくるので、これを細かく摘んで先を止め、フトコロの芽を守ることが大事です。
「葉すかし」は、この芽摘みで充実させた枝で込み合った枝葉を取り、内部をスッキリさせて風通しをよくしたり、胴吹きを誘う目的で行うものです。

杉葉は、でやすいものとそうでないものがあります。日照不足、水不足も原因の1つ。葉性の細かいのは強い剪定や植え替え、針金かけですぐに杉葉がでたりします。
紀州のシンパクはとほんど杉葉が現れないと思います。

杉葉を出さないコツは、強い剪定・針金かけと植え替えを同時にしないこと。春の肥料を控えること(勢いが付きすぎて先祖返りしてしまうので)。日当たりのいいこと。
一度でたら、肥料は与えず水と太陽だけで管理してください。時々薄めたハイポネックスで葉水をしてやるといいですよ。

葉を細かくするのも、杉葉を戻すもの時間をかけてじっくりやることですよあまり急いでも仕方ないです。
頑張ってください。
初心者 さん 2018年11月29日10時34分
最近本サイトを発見しまして、楽しく読ませていただいております。

一点ご質問といいますか、伺いたい事がございます。
真柏の品種?あるいは系統の中で、住吉(漢字も定かではありません)というものを聞いたことはございますか?購入を考えている苗がありまして、その説明に住吉真柏と記載されておりました。糸魚川などの産地による品種ではなく、品種改良を進めてできた葉性の良い系統?というような説明だったのですが、ネットで調べても詳細は分からず。なにかこれに関してご存知の事がございましたら、ご教示いただければ幸いです。

またこれをきっかけに品種にも興味が湧いてきましたので、そういった情報をまとめた記事も読んでみたいと思った次第です。
ぜひお願いいたします。
きみ さん 2018年11月29日12時34分
初心者 さんへ
うーん、わかりません!
わたしも初めてききました。ただシンパクは同じ産地でもいろいろ葉性ありますし、「糸魚川」でも結構違ったりするので珍しいことではないかもです。
見つけた人が勝手に名前つけて売り出すのはシンパクに限ったことではないですから、品物をみて良さがあれば試していいんじゃないですかね?
初心者 さん 2018年11月29日19時27分
きみさま

葉性の善し悪しもまだよく分からない初心者ですが、挑戦してみたいと思います。ありがとうございました。
ブリッジ さん 2018年12月29日01時02分
きみさん,

初めまして。きみのぼんさいびよりはわかりやすく勉強もたのしくなります。

盆栽講座を受講初めて一年,地元のクラブで楽しく学んでいます。基礎知識もまだ十分でない私に,面識のない方からシンパクを預かりました。コラムの ”なくなった方の盆栽をどうするのか” を読んで思い切ってメールしています。

石付きで,浅い仕立て鉢に植えつけてあり,幹はサバ,枝はサバ状態,葉はうす緑が残っているものの茶色に変色始めているー。地域の盆栽プロに世話を断れたということで,どういうわけか私の仕事場に私宛に置いて行ってしまったのです。この方とは電話で ”じゃみてみましょうか”,という約束だったのです。園芸店での仕事をしており,少しですが大学主催のコースで植物の勉強もしていたので興味があったからです。結果的にその方は,ことわれるのを恐れたのか,わたしがの不在中に電話番号だけを残して消えてしまいました ?

クラブの先輩の意見は,”手遅れ”,”半々”と別れ私は,半々を信じ,植え替えをすることに。ここで写真を載せられれば良いのですが,マックが不調で長い文章になってしまっています。

10月,グルグルになっていた根を少しだけ切りに赤玉80%, 鹿沼土20%を用土に,石を外してボール型のコンテナに植え替え,ついでにダニの処理もしました。朝日の当たるところで他の植物の近くで,風に当たらないように地面に置いて管理しています。かなりの大手術だと思います。持ち主は,大切なお友達から頂いた盆栽でその方がなくなり何とか育てたいとたくさん潅水したそうです。今はもう葉はすべて茶色になり,幹を少し削っても緑は見当たりません。

長い説明を読んでいただきありがとうございます。ここで質問です。
管理状態は正しいでしょうか?
枯れた葉は剪定すべきでしょうか?
もちろんまだ生きているという前提です。

ご意見コメントがありましたら,おねがいします!
ブリッジ
きみ さん 2018年12月29日12時31分
ブリッジ さんへ
長くなりそうだったので直接メール送りました。また何かありましたらコメントください。遅れてすみませんでした(´Д`)
かず藤田 さん 2019年01月12日10時24分
盆栽3年生です。岩から伸びるシンパクの姿に感動して20センチのしんぱくぼんさいを約30センチ大の軽石に穴をあけて少し無理があるかも知れないけど赤玉と一緒に押しこんで、4ヶ月です。
なんとか元気ですけどこれって土を換えてあげられないぞ?
この先どうしてやればいいか教えていただければと投稿いたしました。尚、軽石の底は後から穴を貫通させました。
きみ さん 2019年01月16日09時26分
かず藤田さんへ
すみませんなんか最近返信遅れ気味反省しています。
石につけた樹は基本植え替えとかしなくていいですよそのまま持ち込んでください。
ただ土が少ない分乾き安いので、植え付け後はとくに注意です。ミズゴケとか張って馴染むまでよくみてあげてください。
しんぱくはあまり根を下ろさないので石に乗っかったままでしょうけど、雑木や長寿梅の石付きは下まで根を伸ばして土に根を張るように作ってもいいですよね。
かず藤田 さん 2019年01月20日07時24分
やった❗初デビューさせていただきました。
きみ様アドバイスを参考に第2弾3弾と軽石盆栽を楽しもうと新年早々しんぱくぼんさいを眺めています?
icchann さん 2019年01月27日01時35分
真柏や杜松などの病虫害防除の消毒剤についてお聞きします。
キミさんも、また他の方々も石灰硫黄合剤が使いやすくとても有効だと言われていますが、現在は500㏄ほどの少量では販売禁止です。10月ℓ以上なら購入可能ですが、個人の盆栽愛好家には消費出来ない量です。
欧米の盆栽家は硫黄剤をジンやシャリに塗布しているように聞いています。
➀硫黄剤の使用は有効ですか?
➁石灰硫黄合剤に代わる良い薬剤はありますか?

個人の盆栽愛好家が対応できる具体的なことを、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。
きみ さん 2019年01月27日09時12分
icchannさんへ
こんにちは~。さっそくですが...
①硫黄剤の使用は有効か
硫黄剤と石灰硫黄合剤の成分はまったく違うもので、石灰硫黄合剤の主成分は硫化カルシウムでそれが白くなるわけなのですが、硫黄剤でも一部の作物の消毒に使われている例もありますし悪くはないかも。こちらも匂い強そうですが。

②石灰硫黄合剤に代わる良い薬剤はあるか
盆栽の数が少ないなら、他に市販されている殺菌剤や殺虫剤でもいいです。わたしは試しに木酢液も使っています。石灰硫黄合剤をまったく使わない愛好家さんも結構います。数が多く、冬の間はムロに詰め込む人の場合はやはりこの薬を使ったほうが楽?というか。

それで神舎利ですが、さすがに白く化粧するには必要です。
ただ単に腐らせない目的であるなら墨汁を塗っておくだけでも効果あるみたいです。
その白さが不自然と思う人もいて、ブラシで磨いて自然の風合いとするのもアリだと思います。
吉野 克裕 さん 2019年06月09日19時53分
はじめまして。父の残したシンパクで五鉢ほど有りますが、春から、バラバラとまばらに茶色に葉が枯れだし、植え替え、殺菌剤の消毒と試しましたが、効果が有りません。原因として何が考えられるでしょうか?植え替え時に根食い虫を疑いましたが見つかりません。日光も十分当たり、水やりも欠かさず、周りの松や紅葉の盆栽は元気です。ご教授宜しくお願い致します。
きみ さん 2019年06月09日21時17分
吉野 克裕 さんへ
シンパクは成長期と秋頃にこういう古葉(塒←トヤ)がでますので問題ないです。
触れると簡単にとれるので、綺麗に掃除して内部の風通しと日当たりをよくしてあげてください。
だいぶ古い樹でしょうね、整枝したらとてもいい樹になると思います。こういう樹をみるとウズウズしますね~
吉野 克裕 さん 2019年06月11日19時58分
早速のお返事、ありがとうございました。安心しました。埼玉ですが、他の盆栽も冬越しで失敗し、枯らせてしまったものてすから、心配してました。剪定や整枝をすれば良いのですが、失敗が怖くて、手付かずてす。
吴芝伟 さん 2019年07月05日15時12分
こんにちは先生、これらのヒバは高い山から掘られて、天然のサリーを持っていますが、しかし根を掘り出しにくくて、生きにくい、どんな方法が彼らを成功させることができますか?ありがとうございます
きみ さん 2019年07月06日08時43分
吴芝伟 さんへ
以前zhiweiwu さんから質問がありましたが山取りシンパクをオークションに出されているのでしょうか
とても素晴らしい樹ですが、根がまったくないですね...
(わたしは先生ではありません^^;)

https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/syouhaku/hinoki.htm#comment
↑こちらにコメントを残しています。
りょう さん 2019年08月11日12時24分
初めて投稿させて頂きます。よろしくお願いします。沖縄宮古島在住ですが4~5年前に糸魚川しんぱくを6鉢程ネットで購入しましたが一年半程で全て枯れてしまいました。(盆栽は初めてのど素人です。)宮古島の盆栽展示会ではしんぱくは見たことないです。宮古島では無理なのかと思い、購入先に相談したところ、はっきりは言えないですが台湾でも愛好家はたくさんいますよ?多分沖縄でも大丈夫だと思います。とのことでした。やはりしんぱく盆栽への魅力が忘れられず3日前に再度購入しました。(樹高16センチ程の若木です。)今は肥料は与えずに午前中のみ日に当たる状態です。4~5年前のしんぱく管理状態は(5月頃購入)、午前中のみ日にあたる(午後から日陰になります。)水やりは朝の一回、肥料は油かす(骨粉入り)を多めに(小鉢に大粒5~6個)と液肥(あげすぎによる根やけ?)、11月頃に薔薇用の防虫スプレーをしました(葉が白くなっていました)今回は絶対に枯らしたくないので水やり以外怖くてまだ何もしてないです。肥料のあげすぎでしょうか?防虫スプレー?水やり?1年くらいは肥料はあげずに水やりだけしようか悩んでいます。肥料はあげなくても大丈夫なんでしょうか?どうか教えて頂けますでしょうか、お願い致します。長文ですいません。
きみ さん 2019年08月11日15時59分
りょうさんへ
6鉢全部枯れるとはなにかあったんでしょうね。
たしかに暑さには強い樹なので宮古島でも生きてはいけますが糸魚川ですから仕入れ先の地域によって環境になれるまで時間はかかるんではないでしょうか。
枯れる原因としては、高温多湿で病気が蔓延したとか、おっしゃるように多肥多水による根腐れです。
今時期、水は朝夕に2回やってます。昼はだいぶ乾いています。
その液肥の濃さや、やるタイミング(乾いている時にいきなり高濃度の液肥だと焼けてしまいます)にもよりますね。。充分日に当たってさえいれば、肥料はあまりやらなくていいです。私は6月に固形、あとは秋に少し、あまりやってなくて、時々規定より倍近くうすめたハイポネックスで葉水するくらいでも効果があるように思います。
最後に薔薇用(←?)のスプレーですが、これはなんのために使ったのですか?虫がいたとか?
浸透性の低いマラソンとか殺菌剤を新芽の頃、秋に散布するくらいで充分です。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 09 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。