キミの盆栽びより盆栽の育て方実物類の育て方 > 姫リンゴの育て方

姫リンゴの育て方

姫リンゴの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
紅葉
落葉
 
 結実
花芽分化
 
 
 
摘果
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰 
 
日なた 
 
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
1/2~3日
施 肥
寒肥
 
 
多めに
 
剪 定
徒長枝
 
 不要枝
針金かけ
 
 
植え替え
 
 
芽摘み                
葉刈り              

姫リンゴの性質

姫リンゴはバラ科リンゴ属の落葉低木。

果実の小さいリンゴ種を総称して姫リンゴとも呼びますが、エゾノコリンゴ(蝦夷小林檎)と中国原産のイヌリンゴ(犬林檎)の雑種や、大実のカイドウを改良して作られています。

種木のほとんどはミヤマカイドウ(ズミ)を台木に接木で増やされたもので、秋にはリンゴのミニチュアにような小さくて赤い実を見ることができます。

実成りがとてもよく、盆栽の他にも園芸用交配種として庭木や街路樹に利用されています。

同じ株では受粉しないので、他の姫リンゴやカイドウなどの近縁種を近くに置いて自然受粉させるか、人工授粉させます。

実はリンゴのように美味しくないので食べることはできませんが、花も楽しめ実付きのよい実物定番の樹種です。

姫リンゴの管理場所

日当たりと風通しのよい場所で育てます。

新芽が伸び始める春先から梅雨頃まではしっかり日に当ててください。

夏は西日に当たらないように半日陰に置き葉焼けを防ぎます。

特に春から伸びた新芽にアブラムシなどの害虫がつきやすいので、管理場所の工夫はもちろんよく観察して早めに対処できるようにしたいものです。

実は日に当てることで色付きが鮮やかになります。

半日陰でも十分色付きますが、時々鉢を回して太陽光が均等に当たるようにしてください。

冬は鉢土が凍らないように保護してください。

姫リンゴの灌水

水を好む樹種で成長期の間は多くの水を必要としますから、水やりは欠かせません。

特に開花から結実したばかりの間は灌水してもすぐに乾きやすく、一度乾かしてしまうと結実しても落果してしまうことがあるので注意してください。

6月~7月は姫リンゴの花芽分化期なので、一時灌水や施肥を控えるので葉が少し萎れる程度まで待ちますが、辛すぎると生育に害が出てしまいますから無理せず灌水してください。

花に水がかかると花粉が流れて傷むので、開花中は花に水がかからないように注意してください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

姫リンゴの施肥

姫リンゴをはじめ実物類は一般的に肥料を好む樹種ですが、肥料過多になると勢いがつきすぎて実付きが悪くなってしまうので実物類は注意が必要です。

春新芽が伸びて花が咲き、結実して実がある程度大きくなる6月頃から肥料を与えます。

7月中頃までしっかり肥料を効かせたら、実の色付きをよくするため8月には肥料が切れている状態にしておきます。

9月~10月の間にしっかり秋肥を施すことで実持ちがよく、1月に寒肥を与えてもよいです。

樹勢の衰えにくい樹種ではありますが、実は遅くとも年内には取り除いて樹の回復を図ってください。

肥料は油かすに骨粉(リン酸分)を5割ほど混ぜて与えて下さい。

姫リンゴの作り方

姫リンゴの枝は立ち性で、伸びる枝は上にまっすぐ伸びてきますが、花や実を鑑賞する樹形としては模様木が似合います。
自然樹をみても若木の時は力もあり立って伸びる枝も、老樹になるにつれてその重みで枝が垂れ下がってきます。

これを活かし、姫リンゴの樹形作りは剪定や針金で模様木に仕立てられることが多いです。

姫リンゴの苗はほとんどがミヤマカイドウ(ズミ)に接木をして作られ、圃場で数年つくって枝が出来てきたら鉢上げし、そこから花芽が付くように育てたあと販売されます。

枝作りは若木のうちに伸びる芽を剪定して枝を増やしますが、圃場から一度鉢にあげたものにはあまり徒長枝はでてきません。

沢山の果実を付ける割には弱らない樹種で実物としては優良ですが、実付きが良い反面、枝のほとんどが短果枝になるので樹形作りは困難です。

若木のうちは樹勢が強いので強く伸びる枝もあります。

徒長枝には花芽はつきませんが、このように伸びた枝は針金で下げておくか、切らずに夏頃まではそのままにして力を付けさせましょう。

剪定

半完成樹の剪定(成長期3月~6月、落葉後12月~)

果実はついていても樹形がまだこれからの半完成樹の鉢ものがよく販売されています。

この段階では、果実を付けることと重点において作られているので、枝の少ないものや幹模様の真っ直ぐなもの、大きく伸ばした芯を落としてあるため大きな傷のあるものなどがあります。

このような半完成樹は、まず盆栽としての樹形作りをしますから、実は付けさせないで事前に十分肥培して元気を付けておき、剪定で枝を増やします。

剪定は3月~6月にかけて行いますが、ほとんどが下枝の出来ていないものなので、弱い枝や下枝を特に大事にして、元気のいい上部の枝は短めに切り詰めてください。

傷が目立つものはもう一度切り直して保護します。

落葉後に全体のバランスを見て、不要枝や徒長枝の剪定をしてください。

完成樹の剪定(5月~6月頃、落葉後12月~)

完成樹の剪定は、樹形を維持しながら実を付けさせることが第一です。

春先から伸びた枝は5月頃までそのまま伸ばしておいて、まっすぐに伸びてくる花のつかない徒長枝は先だけ摘むか、必要な長さを残して剪定します。

花芽は短果枝につくので、短く充実した枝はそのままにしておきます。

姫リンゴの剪定は徒長枝を短く切り詰める作業になりますが、短果枝ばかり残していては次第に衰弱してきますから、時にはそのままにしておいて元気を回復させることも必要です。

全体の剪定は落葉後で、その年に伸びた枝は2~3節残して剪定し、不要枝は元から切り戻してください。

ヒコバエはこまめに切り取ってください。

針金かけ(6月~7月)

姫リンゴの針金かけには、樹形作りの他に、枝を下垂させることにより力を抑えて実を付けさせる目的があります。

姫リンゴの枝は上に伸びやすいため、そのままにしているとなかなか花芽がつきません。

徒長枝だからとむやみに剪定してしまうと、他の枝に力が移って全体の実付が悪くなるので針金かけが重要は役割をします。

若木の場合は力があるのでよく枝が伸びてきますが、これには花芽はつかないので針金で下げて伸びを止め、花芽分化を促します。

姫リンゴは樹皮が薄いので、太幹のものに針金かけはできません。

幹模様を付けられるのは、まだ細い苗木だけにしてください。

開花と受粉(4月~5月)

姫リンゴとカイドウの花

姫リンゴの花(右)とカイドウの花(左)

4月~5月の間に花が咲くので、カイドウや他の姫リンゴを用意しておき人工授粉させてください。

近縁種を寄せておけば自然受粉もできますが、花同士を軽くこすりつけたり、刷毛などで取った花粉を雌しべに付ける人工授粉も簡単で確実です。

実付きがいいので受粉させれば花の数だけ鈴なりに結実します。

樹勢が消耗しないように、実がしっかりしてくる5月~6月の間に実を間引きしてください。

植替え(2月)

芽出し前の2月下旬頃か秋に植え替えができます。

バラ科の樹種は根の病気(根頭癌腫病)にかかりやすいため、病原菌の活動が弱る秋に植え替えする場合が多いようですが、冬の間に霜で根を傷める心配から2月の植え替えがお勧めです。

植え替え時にはヤシマストマイなどの殺菌剤に根をどぶ漬けして消毒します。

植え替えは根の詰まり具合をみて、1~2年に1回の間隔で行います。

ヤシマストマイ液剤20(殺菌剤)

ヤシマストマイ乳剤20

有効成分:ストレプトマイシン硫酸塩

効果のある病気:斑点性の病気(せん孔細菌病、そうか病)、軟腐病、黒あし病、腐敗病、野火病(※住友化学園芸より抜粋)

そのほかボケなどバラ科の根頭癌腫病予防に、植え替えの際の消毒薬としても有効です。

コメント

林 嘉智 さん 2017年06月21日22時05分
姫リンゴはどんな用土を使うですか?教えてください!
きみ さん 2017年06月22日11時12分
林 嘉智さん

https://bonsai.shinto-kimiko.com/kiso/tuchi.htm

参考にここに書いてるので見て下さい。
書いてはいますが、赤玉主体の桐生砂3、くん炭1弱を常備用土にしていてそれを使っています。
腐葉土や黒土は水持ちを良くさせるためですが、私は虫が住み着いたり水はけが悪くなるのが嫌なので、あまり使いません。
灌水の仕方でカバーできます。
泉沢勳 さん 2017年09月03日19時17分
  お初にお耳に掛かります、少しお伺い申しますがホームセンターでわいかのリンゴの苗木を買いましたが春に花は咲いたのですが実が付きませんでした、多分花粉がなかったのだと思い先日姫リンゴの苗木を購入し、このページを見ていたら又今度も又別の花粉が必要との事が書かれていたのですが姫リンゴの木だけでは姫リンゴの役はたちませんが、どうしたらよいのでしょうかおうしえを宜しくご指導お願い申します。
  花粉用だけでもよいので、実が付かなくても矮性リンゴだけでも成らしたいので、、、宜しくです
  乱筆乱舞運で申し訳合いません。    
きみ さん 2017年09月05日15時37分
泉沢勳さん
おそくなってすみません。
矮性リンゴですか。どんなやつですかね。ヒメリンゴの花粉でも受粉しそうですけど、一番確実なのはカイドウがあるといいですよ

うちの家の隣に大きなカイドウの樹が植わっているんですが、それのお陰かことしはなにもしなくてもヒメリンゴの実がなりました。
姫林檎 さん 2018年03月06日23時52分
現在3月に葉っぱは全くなく花が一本の木に全体に咲き始め
今までこんな状態になった事がありませんでした。
姫林檎が実るのでしょうか?
きみ さん 2018年03月07日09時06分
姫林檎さん

うちの姫林檎もまだ葉がでてませんよ
タペンス さん 2018年06月28日10時11分
ベランダで鉢植えの姫林檎を育てていますが、この一週間ほど黄色くなる葉が出てきました。葉の一部が斑点のように黄色くなるのではなく、秋の黄葉のように全体が黄色くなります。病気でしょうか? いま水遣りは一日一度ですが、足りないのでしょうか?
きみ さん 2018年06月28日18時35分
タペンス さん
1日1回の水やりで、乾き具合がどんな感じかわりませんが、葉が黄変するのは水切れや肥料不足、高温障害による根の傷みなどがあります。
古葉が黄変して落葉することはありますが、全体的にでる場合は日々の管理の中で思い当たる原因を考えてみてください。
タペンス さん 2018年06月28日22時05分
アドバイスありがとうございました。急に暑くなったので、水切れかもしれません。
マジでだらけたお姉さん さん 2018年11月20日12時05分
はじめまして、突然のコメントをしてしまって申し訳ありません。

今年の10月末に4つ程実をつけた姫リンゴの盆栽を買ってきて鉢に植え替えて育てているんですが、買った姫リンゴの木に枝が1本もありません…
葉っぱと実が落ちた今、姫リンゴが貧相で哀れな姿になっています。
枝を伸ばしてあげる方法はありますか??
きみ さん 2018年11月21日16時33分
マジでだらけたお姉さんへ
ヒメリンゴはとにかく実が付くように品種改良(接木なども)されたものなので、できる芽はほとんど花芽で葉芽が少ないんです。
そもそも枝は接いであるものなので胴吹きとかしないので、今ある芽で枝作りするしかありません。
枝を増やすあるいは充実させたいなら、来年の実を少なくするか全く諦めて芽摘みしてみてください。5月くらいかな?
実を多くつけるということはそれだけパワー使っているので水も肥料もしっかり目です。
マジでだらけたお姉さん さん 2018年11月22日20時47分
お返事ありがとうございます!
姫リンゴの盆栽を育てるのは初めてなんですが、芽摘みする芽って、今現在筍みたいに生えてきている芽でしょうか??
きみ さん 2018年11月22日22時07分
マジでだらけたお姉さんへ
今その「タケノコ」みたいになっているのは冬芽で、その状態で越冬します。細いのは葉芽かもしれませんが、写真奥の方に見える芽は間違いなく花芽です。春になると新芽が出ると同時に蕾もあがってきますから、樹全体に元気を付けたい(枝作りしたい)なら花を柄の所で切り取ってしまいます。花を摘むとその分の力が枝を伸ばす方に動くはずです。
その後伸びてくる枝は、5月頃に葉っぱを2~3枚残して切り取ってしまいます(これが芽摘みです)。
普通ヒメリンゴは通常の芽摘みしても切った所から新しい枝が1本伸びてくるだけで枝数が増える訳ではないのですが、何もしないと枝が太くなってしまうので芽摘みしてください。
薄らオヤジ。 さん 2019年05月19日12時44分
実を取らずにいたら、春がきたのに葉も出てきません。
雑草でも根が残っていれば、しぶとく生えてくるのに『この意気地なし』と叫んでやりたい衝動に駆られてしまいます。
どうかアドバイスをお願い致します。
きみ さん 2019年05月19日20時25分
薄らオヤジ。 さんへ

叫んでやってください笑
実をたくさん付けたままだと姫林檎でもさすがに弱ると思います。
寒害か、培養のミスもあったかもしれませんね

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 08 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。