キミの盆栽びより盆栽の育て方実物類の育て方 > アケビの育て方

アケビの育て方

アケビの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
 
落葉
 
 
花芽分化
 
 
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
半日陰 
 
 
 
 
日なた 
 
 
ムロ 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
1/2~3日
施 肥
 
 
 
 
剪 定
 不要枝
徒長枝
針金かけ
 
 
植え替え
 
 
芽摘み    
 
 
       
葉刈り              

アケビの性質

アケビ

アケビ:4月(東京)

アケビはアケビ科アケビ属のつる性落葉低木。雌雄同株、雌雄異花。

本州以南の山野や雑木林に普通に見られる樹種で、生け垣や庭木としても利用されています。

拳状の付く5枚の葉と、淡紫色の花と食用としても馴染みのある果実が特徴的です。

アケビの管理場所

アケビは日陰を好む樹種なので、半日陰で風通しのいい場所で管理してください。

春からはよく日に当てますが、日差しの強くなり始める5月以降は寒冷紗などで保護してください。

落葉樹なので寒さには比較的強いですが、厳しい寒さには耐えられません。

冬は乾風や霜に当たらないように保護が必要です。

アケビの灌水

水を好むので水切れに注意してください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

アケビの施肥

アケビは濃い肥料を与えると肥料負けすることがあるので、一度にたくさんの肥料を与えるより、薄い肥料(水肥や液肥)を回数多く施す方が安全で効果的です。

春、新芽が伸び始めてから5月頃までに春肥を与えます。

開花中と梅雨~夏の間は肥料か効きにくいのでいったん中止または、少量の肥料を継続します。
9月~10月にしっかり秋肥を与えてください。

肥料は油かすに骨粉(リン酸分)を2割の割合で混ぜて与えてください。

アケビの作り方

芽摘み(花後4月下旬~5月)

春先から伸びた蔓は開花後に花を残して先を切ってください。

剪定(~5月)

芽摘み後も蔓が伸びてきますが、徒長枝にあたる伸びる蔓には花芽は付かず、そのままにしていると節が長くなるばかりですから伸びてきたら2~3芽残して切ってください。

来年の花芽は6月頃にできるので、7月以降に伸びてくる枝は切らずに大切にしてください。

晩秋になると花芽が膨らんで葉芽との区別が付くようになりますので、全体の剪定は芽出し前の3月から4月の間に花芽を確認しながら行ってください。

針金かけ(5月下旬~6月)

蔓性なので基本的に針金掛けはせず、枝吊りで仕立てられます。

針金かけをしたい場合は無理な矯正はしないで若枝を下げる程度にしてください。

開花と受粉(4月~5月)

白花アケビ

白花アケビ

雌雄同株の雌雄異花で、葉の間から長い花序を伸ばして先端に雄花、基部に雌花を咲かせます。

雌花の花弁(花被)は淡紫色で、中央にはバナナの実のような突起が複数放射状につき、先端には粘着性の液体がついていて、これに花粉が付着して結実します。

雄花の花弁は白色で中央にはミカンの房のような紫色の雄しべがあります。

1株では受粉しにくいため、数株を寄せ、さらに人工授粉をするのが有効ですが、紫花同士ではあまり受粉できません。

姫リンゴのように近縁種の花粉を使うのがよく、交配用に白花アケビを用意しておくと確実に結実させることができます。

植替え(3月)

芽出し前の3月下旬~4月上旬に植え替えができます。

樹勢のつよい若木では毎年、老樹では2~3年に1回の間隔で植え替えてください。

あまり強い根の整理はせず、崩す用土は1/3程度にしておきます。

アケビは日陰を好むので、特に植え替え後は強い日に当てないように注意してください。

 

コメント

meika さん 2018年03月11日09時52分
  実の成る盆栽は、つくるのに難しいです。樹種にもよりますが、肥料とその樹との駆け引きが大変です。小さな小鉢にアケビの実を成らすのも、工夫が要ります。

 葉が5枚の五葉アケビは、花が白くバナナみたいな結実をみました。
 葉が3枚の三葉アケビは、花の色が紫でしたし、大きな実を付けました。
 アケビは、雌雄同株ですが異種の花粉でないと結実しなかつたです。
 三葉アケビの雌蕊に、五葉アケビの花粉を付け人工授粉させると、花は紫で葉は所々四枚になりました。他の植物(盆樹)も、交配すると珍しい葉や花を示してくれます。

小盆栽をつくり、植物の不思議さやおもしろさを発見した時は、何か新鮮さを感じます。
 盆樹の植替えや剪定、取木や接木の作業には土や樹の臭いがいいですね。『樹は正直だ』

世田谷区にいましたが、盆栽のための広い土地を求め移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りも楽しんでいます。

動物も好きで猫を飼っています。初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、新しい家族を迎えて仲良く暮らしています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 06 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 06 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。