キミの盆栽びより盆栽の育て方葉物類の育て方 > 四手(シデ)の育て方

四手(シデ)の育て方

更新日2018/06/20

四手(シデ)の育て方

四手(シデ)の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
芽出し
 
結実 
 
 
 
 
落葉
休眠期
見 頃
 
果苞
果実
紅葉
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰
 
日なた
 
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1/日
 
2~3/日
 
 
+葉水 
1/日
 
 
1/2~3日
施 肥
置き肥
 
 
置き肥
 
剪 定
 
 
 
 
針金かけ
 
 
       
 
芽摘み
 
 
 
 
   
葉刈り
 
 
       
植え替え
 
 

四手の性質

四手(シデ)はカバノキ科の落葉高木で、盆栽ではアカシデやイワシデ、カナシデ(クマシデ)、イワシデなどが人気です。

古くなると白くなり独特の幹模様が現われ、芽出しや独特の実(果苞)、紅葉、寒樹の姿など四季を通じて楽しむことができます。

成長期はよく枝が伸びてくるのでこまめな手入れが必要ですが、丈夫で初心者でも挑戦しやすい樹種です。

四手の管理場所

日当たりのいい場所を好みますが、小さいものや幼苗は半日陰のほうが安心です。

葉が茂るものは風通しに注意し、夏は日よけの下で管理してください。

冬は風の当たらない場所に移すなどの保護が必要です。

四手の灌水

根が細く水切れに弱いので、とくに夏の水切れには注意してください。

一度水切れすると葉焼けの原因にもなります。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水してください。

四手の施肥

肥料を与えすぎると枝が徒長するので控えめに。

4~6月と9~10月の間に油かすなどの固形肥料を与えて下さい。

四手の病害虫

あまり病害虫の被害に遭うことはないですが、置き場の風通しが悪いと新葉にアブラムシやハマキムシなどがつきやすくなります。

梅雨時期にはうどん粉病にもなりやすいので、ダイセンなどの殺菌剤やスミチオンなどの殺虫剤を定期的に散布してください。

四手の作り方

芽摘み(4月~9月中旬)

柔らかい印象の枝作りが基本なので、細かい芽摘みはしないで一旦伸ばしてから必要な長さを残して摘んでください。

花や実を楽しむ段階の樹なら、5月になれば花芽も分かるようになるので、 花芽のない枝に芽摘みをするようにしましょう。

枝作り段階の樹でも一旦伸ばし、作りたい大きさまで伸びたら枝先を詰めて芯を作ります。その後も次々と枝が伸びてきますが、伸びる度に切るのではなく、葉が5~6枚に達したら2~3節で切ってください。

四手(シデ)の芽摘み

花を付けて初夏に観賞するのもいいですが、何よりも柔らかい枝先が魅力の四手。 樹勢が強く芽吹きも旺盛なので、伸びたら摘むを繰り返して小枝作りをします...

葉刈り(6月~7月)

四手は葉刈りはあまりしませんが、枝の多いもので葉が込み合っている場合は、大きい葉を中心に部分葉刈りすることがあります。

また、葉焼けしてしまって紅葉が期待できない時にも全体を葉刈りして葉を更新することもあります。

葉刈りは事前の十分な肥培管理で樹勢がしっかりついていることが前提。樹勢の弱い老樹や小品サイズのものに無理な葉刈りはしないでください。

四手(シデ)の葉刈り

葉刈りをすると全体の日当たりや風通しがよくなり、蒸れの防止やフトコロ芽が活性化してよりコンパクトな樹姿に作ることができます。 全葉刈りもできますが、葉切りや芽摘...

剪定(芽出し前、秋)

芽摘み同様、あまり細かい剪定をすると枝がゴツゴツした印象になってしまうので、伸ばしてから必要な長さを残して切るのが基本です。

新梢は花芽が分かる5月頃までそのまま伸ばし、花芽を残して間引き剪定や不要枝の整理をしてください。

枝作り段階の樹でも出来るだけ切り戻さないでそのままの枝ぶりを活かし、必要な長さまで達したら先を詰める程度にしておきましょう。

全体の剪定は芽出し前に行います。

秋もできますが、あまり遅くなると枝枯れしてしまうので9月中旬までには終えること。それより遅れると次に出る芽が冬を越せなくなります。

針金かけ(落葉後)

四手は樹皮が薄く、傷がつきやすいので針金かけはあまりしません。

四手らしい柔らかい枝ぶりは芽摘みや剪定だけで充分作ることができます。

どうしても針金かけが必要な場合は、向きの悪い枝を軽く矯正するくらいにしておきましょう。軽い矯正ならいつでもできますが、落葉後の方が作業がしやすいです。

幹模様の矯正が必要な苗木も、針金に和紙やチューブを巻くなどして傷が付かないようにすることです。

針金が食い込むと枝枯れの原因になるので、無理に曲げず針金の食い込みに絶えず注意してください。

植替え(3月)

植え替えは春の芽出し前が適期。

根張りも大事な樹なので、上根を残して全体の1/3程を落としてください。

秋の植え替えも出来ますが、作業が遅れると冬越しに注意が必要になるのでお勧めしません。どうしても秋に植え替えしたい場合は遅くとも9月上旬には終わらせてください。

若木や小品盆栽は1~2年に1回の間隔で植え替えをします。 大きな成木は2~3年に1回を基本にしてください。

観賞段階では浅い鉢に植え付けるのがいいですが、四手は水切れに弱いので仕立て中は少し深めの鉢で管理したほうが根を傷めません。

関連ページ

四手(シデ)の魅力

シデはカバノキ科の落葉高木で、日本の山野の川沿いや雑木林などに自生する欅(ケヤキ)に似た木です。 シデ「四手」とは神社の玉串や注連縄に付ける紙で作った飾りのこと...

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より連載の「キミのMonthlyお手入れ講座」が始まりました。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。