キミのミニ盆栽びより盆栽の育て方実物類の育て方 > 深山海棠(ズミ)の育て方

深山海棠(ズミ)の育て方

投稿日:2013/05/06 更新日:2020/04/30

深山海棠の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
落葉
休眠期
 
 
花芽形成 
 
 
摘果
管理場所
軒下など
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰 
 
日なた 
 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
 
2~3/日
 
 
 
1~2/日
 
1/2~3日
施 肥
 
花後 
 
 
 
剪 定
 
花後
 
 
針金かけ
 
 
 
 
 
植え替え
 
芽摘み
 
             

深山海棠(ズミ)の性質

深山海棠はバラ科リンゴ属の落葉小高木。雌雄同株。花が花海棠や林檎に似ていることから、「実海棠」や「姫海棠」、「小林檎」などの異名を持ちます。葉は変異が多いのですが、3裂に切れ込みのあるものが多く「三つ葉海棠」とも言われます。

深山海棠には赤実と黄実があり、黄実は小さい梨に似ていることから「小梨、山梨」とも。

呼び名の多い樹種ですが、盆栽界では小さい黄実をズミ、ズミより実が少し大きめで赤実のものを深山海棠と呼んでいました。最近ではどちらも「ズミ」と呼ばれることも多く、黄色い実のものは黄実ズミや小梨と区別する傾向があります。

「ズミ」という言葉は「染み」から来ていて、その昔樹皮から黄色の染料を採っていたことに由来していて、実は酸っぱいことから「酸実」という漢字が当てられています。

5~6月に咲く花は蕾のうちは紅色ですが、開花とともに純白となりとても綺麗です。秋には実が熟し、赤い実を鑑賞できます。

深山海棠(ズミ)の管理場所

ズミは朝鮮半島、中国中南部や北海道から九州まで日本全土の山野に自生していて、日当たりがよく湿った湿原周辺などにも多く見られます。

日陰でも育ちますが、実付きが悪くなるのでできるだけ日当たりと風通しのいい場所で管理してください。

葉焼けをしやすいので強い日差しや夏の西日に当たらないようにしてください。

アブラムシなどの害虫がつきやすいので見つけたら補殺するかスミチオンやオルトラン、マラソンなどの楽剤を散布してください。

深山海棠(ズミ)の灌水

湿地に自生しているくらいなので、水を好みます。

水切れで葉焼けを起こすことがあるので、特に夏場は水切れのないように注意してください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

深山海棠(ズミ)の施肥

肥料を好むのでしっかり与えてください。

春の芽出し頃に1回と、花後に1回。実が固まる8月から11月の間に月1回施肥します。

肥料は油かすに骨粉(リン酸分)を3割くらい混ぜたものを与えると実付きがよくなります。

肥料過多による害があまりありませんが、結実しても実が肥大しはじめたのを確認してから薄い肥料から再開してください。

深山海棠(ズミ)の作り方

芽摘み(4月~5月)

あまり芽摘みはしませんが、春から伸びる芽のうち樹形を乱す不要枝や勢いの強い徒長枝は5月頃になったら1~2節残して摘んでください。

芽摘み後は2番芽が伸びてきますが、7月~8月は花芽形成期なので、7月以降に伸びた枝は出来るだけ切らずに11月頃までそのまま伸ばしておきます。

剪定(花後6月、11月~芽出し前)

ズミの花芽分化は7月~8月頃です。

春から伸びる徒長枝には花芽は付かないので、花後に伸びてくる徒長枝を短く切りつめ、花芽分化以降は剪定を控えてください。

全体の樹形を整える剪定は厳寒期を除いた秋から春の芽出し前に行ってください。

8月頃には伸びも落ち着き短果枝に花芽が確認できるので、この時期以降は花芽の付いた枝を大事にして、あまり伸びる徒長枝や不定芽のみ剪定をします。

針金かけ(5月~6月、11月)

古枝は材が堅いので、若い枝に針金をかけます。

伸びてくる枝も針金で下げることで勢いを抑えることができます。

落葉後の11月~12月上旬には全体の姿をみて剪定と一緒に針金整枝してください。

針金は食い込みやすいので、作業後はよく観察し2~3ヶ月で外してください。

開花と受粉(5月~6月)

ズミの花

ズミ(ミヤマカイドウ)の花:5月(東京)

雌雄同花ですがやや自家不稔性の性質があるので、近縁種を近くに数鉢よせておくか人工授粉をしてください。

交配用にハナカイドウやヒメリンゴの鉢を持っておくとよく結実します。

植替え(2月下旬~3月中旬)

芽出し前に植え替えができます。

秋でも可能ですが小さいものは冬の管理に注意が必要なので芽出し前が安全です。

バラ科の樹種なので、根はヤシマストマイなどで消毒し、根頭癌腫病の予防をします。

植え替えは根の詰まり具合をみて、1~2年に1回の間隔で行います。

コメント

長友正人 さん 2016年08月18日13時47分
他花受粉について質問です

姫りんごとミヤマカイドウを同じ場所に置いて、自然に他花交配させる場合、自花受粉を先にしちゃったら、その後で他花受粉ってできる・成り立つのでしょうか?

動物の場合、最初に卵子にたどり着いた精子のみが受精の権利が与えられるんですよね?
植物の場合はどうなんでしょうか。
きみ さん 2016年08月18日17時59分
長友正人さん

他家受粉の受精の権利については詳しく知りません
ただ植物の場合は他のいくつかの花粉があったほうが結実がいいのは確かです。
長友正人 さん 2016年08月19日16時46分
回答 ありがとうございました。

今春は、姫りんごとズミ(ミヤマカイドウ)で他家受粉させました。 早朝、綿棒で人工的に受粉させて姫りんごもカイドウも結実しました。 来年は、隣において自然受粉させてみます。
深山カイドウも2株あるので挟み込んで、、、確率は高いですね。

長友
きみ さん 2016年08月19日19時02分
長友さん
挟み込みならなおよいでしょうね^^カイドウやヒメリンゴなら、花粉が多いので刷毛や綿棒など使わず、適当に直接チョンチョンすれば充分だと思います。
沓掛公人 さん 2017年10月19日12時53分
ずみぼんさいは何本も持っていますが、、10年位立っていますが、花が来ませんほとんど根伏ですなぜでしょうか。お願いします。
きみ さん 2017年10月19日21時54分
沓掛公人さん
コメントありがとうございます。
すみません、わかりません。
剪定時期は大丈夫ですか?

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 10 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 10 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。