青ツヅラフジの育て方

青ツヅラフジの作業カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
 
落葉
 
 
摘果
管理場所
軒下など
 
ムロ出し
日なた
 
半日陰 
 
 
 
 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
2~3/日
 
 
 
 
1~2/日
 
1/2~3日
施 肥
 
 
 
 
 
剪 定
不要枝
徒長枝
不要枝
針金かけ
 
 
植え替え
 
 
芽摘み    
 
 
       
葉刈り              

青ツヅラフジの性質

青ツヅラフジ

青ツヅラフジ:9月(東京)

青ツヅラフジはツヅラフジ科アオツヅラフジ属の蔓性落葉木本。雌雄異株。

北海道から沖縄、東アジアの広い範囲に自生していて、道端や林の中、草地などに普通に見られ、生け垣にも利用されています。

別名をカミエビといい、地方によりピンピンカズラなどとも呼ばれています。

万葉集では黒葛の名で登場しており古くから親しまれている植物ですが、盆樹として使われるようになったのは最近のことです。

初夏に咲く花は目立ちませんが、秋にブドウの実のような青黒く丸い実がたくさん成り目を引きます。

蔓は古くなると古木感がでてきます。

蔓性なので樹形は蔓の伸びる方向に自由に作れますが、結実した時のバランスを取りやすい懸崖や半懸崖に落ち着きます。

丈夫で根伏せや株分けなどで簡単に増やせます。

実生でも簡単に増えますが、ほとんどは雄木で花が咲くのは実生後3年~4年ほどかかります。巻き貝のような変わった形の種が特徴です。

梅雨頃からハダニがつきやすいので、葉水や殺虫剤で防除してください。

青ツヅラフジの管理場所

半日陰で風通しのよい場所で育てます。

特に夏は西日に当たらないように寒冷紗で保護してください。

暑さ寒さには強いですが、冬は寒風を避け、鉢土が凍らないように保護してください。

青ツヅラフジの灌水

春に蔓が伸びてからは水切れしやすいのでしっかり与えてください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

青ツヅラフジの施肥

芽出し後葉が固まってきてから6月頃までに固形肥料や薄い液肥を控えめに与えます。

秋肥は9月~10月の間にしっかり与えることで実持ちが良くなります。

肥料はリン酸分を多めに与える必要があるので、油かすに骨粉を3割の割合で混ぜて与えてください。

青ツヅラフジの作り方

芽摘み(5月下旬)

青ツヅラフジの様な蔓性の植物は、基本的に伸びる蔓はそのままにして落葉後に切り詰めますが、基本樹形を作るためには芽摘みをして枝数を増やし枝振りをある程度作っておく必要があります。

完成樹の場合は春から伸びる蔓はそのまま伸ばしておくか5月いっぱいまでに切り戻し、花後に長く伸びて樹形を乱すものだけ切り戻します。

実を鑑賞せず、樹形作りをするなら伸びるにつれて2~3節残して摘みます。

元気なものは年に2~3回芽摘みができます。

剪定

5月の芽摘み後も蔓は伸びてきますが、基本的には秋までそのまま伸ばしておきます。

実を鑑賞したい場合は5月以降はできるだけ切らずに大切にしてください。無理に形を整えようとせず伸ばしたままの方が自然味がでます。

徒長枝にあたる強く伸びる枝には花芽はつかないのであまり強く伸びて他の枝に絡まるものは花後7月~8月頃に花芽を残して剪定できます。

邪魔になるときは蔓をくるくる巻いて束ねておきます。

不要枝は元から剪定します。

全体の剪定は落葉後~春の芽出し前に行います。

古くなった蔓が木質化して幹や役枝となるので、基本樹形作りは蔓を育てながら秋に切り戻すを繰り返します。

針金かけ(5月~6月)

伸びる蔓の自然な樹形がいいので一般的にあまり行いませんが、幹模様を付けるための曲付けをするのには針金かけは有効です。

開花と受粉(6月~7月)

青ツヅラフジの雌花

青ツヅラフジの雌花

青ツヅラフジの雄花

青ツヅラフジの雄花

雌雄異株なので結実には雌木と雄木を揃えておきます。

花は今年伸びた蔓の葉の基部から花序を伸ばし数個まとまって咲きます。雌花は雄花より少なめです。

株を寄せておけば自然受粉もしますが、人工授粉のほうが確実です。

花同士を軽くこすりつけたり、刷毛などで花粉を採取し雌しべに数回に分けて付けてください。

受粉すると花弁が取れ、だんだんと子房が丸く膨らんで秋には色づきます。

実はあまり遅くまで付けていると樹が弱るので、遅くとも11月頃には摘果してください。

樹勢を維持するために、毎年実を付けずに樹を休めるのもいい方法です。

種を採取し取り蒔きすれば春には発芽します。

植替え(3月~4月)

芽出し前の3月~4月頃に植え替えができます。

蔓性の植物は根を強く切ると枯れることがあるので、できるだけ根を切らずにたたみ込むように植え付けます。

このときに根伏せや株分けで増やすことができます。

伸びた根を露出させて幹にすることも出来ます。

植え替えは根の詰まり具合をみて、1~2年に1回の間隔で行います。

コメント

川島寛 さん 2020年08月04日14時14分
盆栽屋さんが出版した本の中に(図書館で借りた本で気になる記事コピーしています) 『アオツヅラフジの培養』に鉢があまりにも小さいと、花芽が付かない、小品なら2号か3号の駄鉢(深鉢)で肥料多めに仕立てると良く実が付きますが、これでは鑑賞になりません。鑑賞するには、実のなったものを鉢替えすることになります。このときの注意 なるべく根を切らないようにするため水で根を洗い小鉢に植え替える・・・・・。等とあります。 私も小さな鉢(直径4cm位)だとなかなか花芽を持たないアオツヅラフジが多かったのですが、素焼きの3号鉢で多肥で育てると花芽がつき実も多く留まるようになりました、小鉢に植え替える時根は水洗いせず根をあまり切らないように小鉢に植え替えています。 しかし、どの樹種でもそうですが性が良いと小さな鉢で育てていても実が留まるものもありますね。 全部私が35年以上前に同じ親木から採取して実生した盆栽ですけど1本1本性が違います。 
清重明佳 さん 2021年06月18日17時39分
お久しぶりです。

私ども、このアオツズラフジの花についてご存知であればお教えください。
1本の樹で開花結実します。なので、
混乱してきました。
雌雄異株でなく両性花ではないかと思っていますが。

この花の拡大写真をお送りしますので、ご判断ください。
花粉、雄蕊、雌蕊などの御判断を解明して下さい。
きみ さん 2021年06月19日10時55分
清重明佳 さんへ

普通雌雄異株(雌雄異花)でも、美男カズラやロウヤ柿など性によって1本で実のなるものはありますよね。でもアオツヅラフジで自家受精するものがあるのは初めて拝見させてもらいました(゜_゜)

写真みたところ、異常に雌しべが発達しているように見えるので、そういう種類なのでしょうね(雄しべと描かれているのは花弁だと思います、後ろに付いているクリーム色のものは萼です)。
雌雄が分かれるのは遺伝的に生存できる可能性を高める進化の過程ですから、その個体は祖先の遺伝子を強く継承したものなのかもしれません(あるいは園芸種か)。

入手先が気になります、うらやましいです。