キミの盆栽びより盆栽の育て方実物類の育て方 > サンザシの育て方

サンザシの育て方

サンザシの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
紅葉
休眠期
 
 
 
 
 
花芽分化
花芽分化
 
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰
 
日なた
 
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
1/2~3日
施 肥
 
 
 
 
剪 定
全体
 
花後
 
 
針金かけ
 
植え替え
 
 
 
芽摘み              
葉刈り            

サンザシの性質

サンザシはバラ科サンザシ属の落葉低木。雌雄同株(両性花)。

もともとは消化促進や止血、健胃などに効果のある漢方薬として、江戸時代に中国から持ち込まれた植物で、生薬のほか果実酒やドライフルーツとしても利用されています。

花サンザシと実サンザシがあり、花サンザシは白い小花をまとまって咲かせ、実サンザシは花も実も比較的大きいです。

どちらも花も実も観賞できますが、盆栽界では普通サンザシといえばこの実サンザシの事を指し、ユキノシタ科のヤブサンザシとは全くの別種です。

秋に熟す赤い果実も綺麗で盆栽だけでなく庭木としても人気です。

一才性のものや、実が黄色く熟するキミノサンザシもあります。

サンザシの管理場所

日当たりと風通しのいい場所で管理してください。

春の芽出しからはよく日に当て、日差しが強くなる5月頃からは西日を避けて管理します。

日陰だと枝が間延びするので出来るだけ明るい場所がよいですが、葉焼けをしやすいので真夏は日よけの下に置いてください。

寒さには強いですが、冬は過保護にする必要はないですが乾風や霜に直接あたらないような対策は必要です。

サンザシの灌水

普通の灌水でいいですので、表土が乾いたらたっぷり与えるようにしてください。

開花中は花に水がかからないように注意し、真夏は水切れのないようにしてください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回が目安。

サンザシの施肥

多肥により枝の徒長や実付きが悪くなることがあるので施す量は控えめにしてください。

新芽が伸び出し葉が固まる5月頃から梅雨入りまでに月1回程施肥し、夏場は一時中止するか薄い液肥。結実後の9月~10月頃は多めに与えてください。

肥料は秋肥を中心に油かすに骨粉(リン酸分)を3割くらい混ぜたものを与えると実付きがよくなります。

サンザシの作り方

芽摘み

サンザシの花芽は8月~9月に作られ、翌年の春から伸びた枝の先に開花します。

新芽が伸びると同時に蕾が出来るので 春の芽摘みは行いません。

芽出し前と、花後の剪定で枝数を増やします。

剪定(2月~3月、花後6月、11月~12月)

全体の剪定は芽出し前の2月~3月に行うことができます。

この時期は花芽も確認できるので、花芽(短果枝)を残して不要枝の整理をしてください。

サンザシは生長期の間は枝がよく伸びるので、花後6月頃になったら花がらを残して徒長した枝を切り詰めておいてください。

花芽が分化する夏以降は剪定を控え、秋に花芽のつかない徒長枝を剪定しておきます。

針金かけ(6月)

とくに決まった時期はなく、必要に応じて針金かけができます。

ただ枝がまっすぐ伸びてくるので、今年伸びた新しい枝は6月頃に針金で模様を付けておくとよいです。

その後も枝が伸びてくるので、針金の長さを余分に取っておいて、伸びる度に延長してかけるとかけ直しの手間が省けます。

落葉後は全体の枝が見えて作業がしやすいのですが、厳寒期の作業は避けてください。

開花と受粉(4月~5月)

サンザシの花

雌雄同花で結実性も高いので、花の数だけ実がつきます。

開花から結実するまでの間は水切れのないようにしてください。

また、灌水や降雨などで花に水がかかると花が傷むだけでなく、花粉が流れて結実しにくくなるので注意してください。

植替え(2月下旬~3月、10月)

芽出し前か秋に植え替えができます。

バラ科なので通常秋に消毒を兼ねて植え替えをしますが、冬の管理に気を遣うことがあるので芽出し前でも構いません。

根頭癌腫病を予防するため、ヤシマストマイシン液剤 液にドブ漬けし、根を消毒してから植え替えをします。

植え替えの時に使う道具類も消毒しておいてください。

植え替えは根の詰まり具合をみて、1~2年に1回の間隔で行ってください。

コメント

ベガ さん 2017年06月19日16時26分
昨年と今年サンザシのさし芽をしました。昨年のものは3本、さし芽をして2本ついたように思います。しかし今年水をやりすぎたのと風通しが悪いところにおいて2本枯れてしまいました。
水のやりすぎに気が付いて今は日当たりの良い場所に置いてあります。
今年のものは4本さし芽をしてみました。今のところ元気にしていますが1ケ月以上たっています。これからは判りません。
親木は25年位前に鉢植えとして買ってきたものですが、植え替えなどしたことがなくこれからどうしたらいいのかと悩んでいます。教えてください、
きみ さん 2017年06月20日10時57分
ベガさん
25年も植え替えしていないんですか?
大きな鉢植えなんでしょうね
きちんと肥培して元気な状態なら、来春くらいには一度植え替えてみたほうがいいのではないでしょうか。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 08 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。