キミの盆栽びより盆栽の育て方葉物類の育て方 > 楢(ナラ)の育て方

楢(ナラ)の育て方

更新日2018年06月10日

楢の育て方

楢(ナラ)の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
実・紅葉
落葉
 
 
     
花芽分化
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
 
半日陰 
 
日なた 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1/日
 
 
2~3/日
 
+葉水 
 
1/日
 
1/2~3日
施 肥
 
 
剪定
 
 
 
 
針金かけ  
 
 
 
植え替え
 
 
芽摘み
 
 
 
 
     
葉刈り  
 
 
       

楢の性質

楢(ナラ)はブナ科コナラ属の落葉広葉樹の総称。小楢や水楢が盆栽にされています。

日本各地の雑木林や山野の日当たりの良い場所に自生していて、春の芽吹きが美しく、紅葉と馴染みのある実(どんぐり)も楽しめる樹です。

成長がはやく、乾燥にも強い丈夫な樹種なので初心者でも育てやすい樹。

胴吹きが旺盛で、剪定で小枝が増えますが枝節が間延びしやすい面があります。

楢の管理場所

年間を通じて日当たりと風通しのよい場所で育てます。

夏は西日に当たらないように半日陰に置き葉焼けを予防してください。

丈夫で寒さには強いですが冬は鉢土が凍らないように保護してください。

楢の灌水

乾燥に強く多少乾いても平気ですが、夏場の水切れには注意しましょう。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水してください。

楢の施肥

肥料を与えすぎると枝が徒長するので控えめを心がけます。

新芽は開いてきた4月頃と9月頃に油かすなどの固形肥料を与えて下さい。

楢の作り方

芽摘み(5月~9月)

水楢の芽摘み

伸びた新梢を切り戻す

特に若木や樹勢の強い樹は伸びが強いので、成長期の間は芽摘みを繰り返して伸びを抑えます。

春から伸びた新梢は一旦伸ばしてから元の部分で切り戻してください。

芽摘み後も次々と枝が伸びてくるので、輪郭線から飛び出すものから摘んでいきます。

芽摘みを繰り返すうちに伸びが落ち着いてくるので、弱い芽は枝作りに使ってください。

剪定(3月、6月~7月、秋)

楢の剪定は春の芽出し前と、成長期の6月~7月頃。

芽摘み後に節や芽当たりのある場所があればその手前まで切り戻してください。

芽摘みと剪定

芽摘み、剪定後

楢は枝や幹に潜伏芽をたくさんもっているので徒長枝は早めに整理し、胴吹き芽や弱い2番芽、3番芽を大事にしながら枝作りをします。

潜伏芽

枝や幹に芽を沢山持つ楢

ただしあまり剪定が遅くなると弱い芽のまま冬越させなければいけなくなるので、成長期の剪定は7月頃には終わらせて枝に力を付けさせておきましょう。

樹冠から飛び出す徒長枝は適宜切り戻して構いません。

秋には全体の剪定ができますが、花を期待するなら花芽を残して不要枝や徒長枝を整理してください。

葉刈り(6月~7月頃)

楢の葉刈り

葉刈りと葉切り

枝作り段階のもので、剪定後、枝数が多く葉が茂っているものは葉刈りができます。

葉刈りによって内部の風通しや日当たりを改善し、フトコロ枝や胴吹きを促進させる効果が期待できます。

作業時期は葉の組織が固まった6月~7月頃。

輪生で、一カ所から複数の葉が開くのでそれを2~3枚に減らして全体の葉量を平均化してください。

やり方は大きい葉から整理するようにして、葉の付け根(葉柄)の部分を鋏で切り取ります。

残した葉がまだ大きすぎるようであれば葉切りし、葉の大きさをだいたい同じにしておきましょう。

それぞれの葉元には腋芽があるので不要な芽も掻き取ってください。

針金かけ(5月~6月、11月)

楢の針金かけは成長期と秋。剪定と一緒に行うと作業がしやすいです。

剪定、針金かけ後

枝が上方に真っ直ぐのびるので軽く曲つけしたり伏せておいてください。

針金は効きやすいですが無理な矯正は反って楢らしさを欠いてしまうので、小枝に関してはできるだけ自然な印象になるのがいいのです。

枝の太りが早く、かけた針金がすぐ食い込むので癖がついてなければかけ直しが必要です。

植替え(3月)

楢は根の成長が早く根詰まりしやすいので、若木や小さいものは1~2年に1回の間隔で植え替えをします。 成木は2~3年に1回を基本にしてください。

若木はまず直根の整理が大事。太根は根元から整理し、細根を増やして根張り作りをしてください。

浅く広がるような根作りをして、浅い鉢に合わせると見栄えします。

関連ページ

楢(ナラ)の魅力

全国の日当たりのいい山野に自生する樹で、日本の主要な楢である小楢(コナラ)やその近縁種の水楢(ミズナラ)(別名:大楢)が盆栽では一般的です。 また同じコナラ属には楢類の他...

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より連載の「キミのMonthlyお手入れ講座」が始まりました。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。