野薔薇(ノバラ)の育て方

野薔薇の育て方

野薔薇の作業カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
紅葉
落葉
開花
 
 
 
 
花芽分化
花芽分化
 
管理場所
軒下など
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰 
 
日なた 
 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
 
1/2~3日
施 肥
 
 
 
 
針金かけ
 
 
 
 
 
剪 定
 
芽かき 四季咲き
 
 
植え替え
 
 
 

1. 野薔薇の性質

野薔薇(野茨)はバラ科バラ属の蔓性落葉低木。 日本原産の房咲き性の野生薔薇で、世界の房咲きの園芸品種の交配親となっています。

盆栽では日本に自生する原種系の野薔薇が人気で、葉が小さく一重の小花が可憐な印象。

挿木繁殖が容易で、実物として秋に飾って楽しむことができるので、好きな品種を増やして盆栽仕立てにするといいです。

2. 野薔薇の管理場所

陽樹で日当たりを好みますが、日差しの強くなる梅雨明け~夏場は日よけを設置しましょう。

花芽や実付きを良くし、枝を短く作るには十分な光が必要ですが、特にミニサイズのものは乾きが早く、葉焼けや落葉の原因になるので夏の直射日光や西日は避けたほうが良さそうです。

葉が込みやすいので風通しに注意し、樹の間隔を離したり間引き剪定、葉すかしなどをして内部を定期的に掃除してください。

芽吹きが早く2月頃から新芽が動き出しますが、朝霜が降りているうちは新芽が焼けないように保護しておいてください。

3. 野薔薇の灌水

水が好きなので乾き過ぎないように。

ただし過水だとシュート(徒長枝)が出やすく、花芽も付きにくくなるので乾いてからの水やりが基本です。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安にしてください。

4. 野薔薇の施肥

春から開花までと、秋を中心に油かすや花物用プロミックなどを置き肥してください。

多肥にするとシュートが出やすくなるので、控えめが良いです。

枝作り段階のものは追肥をし、夏は規定より倍に薄めたハイポネックスを灌水代わりに与えてください。速効性のある液体肥料は、あまり濃いものをいきなり灌水に使うと肥料負けしてしまうので注意です。

5. 野薔薇の作り方

剪定(2月、9~10月)

整枝のための本格的な剪定は、芽出し前の2月と秋で、植え替えと一緒に行います。

適期の剪定ならかなり深く切ることが可能で、成長期の間に伸びた枝をコンパクトに作り込むチャンス。剪定の適期になったら伸びた枝を外芽残し1~2芽の所で剪定してください。

野薔薇は成長期の間に枝がよく伸びてきますが、まだ枝が細いうちに短く切り戻すと、2番芽の方が勢い付いて太くなることがあります。

枝の流れを自然にするためにも、姿が崩れるのはある程度目をつぶって、最初に伸びる枝はある程度伸ばしてから切るようにしましょう。

適期以外の軽い剪定

薔薇のシュート

このようなシュートは、放っておくと古枝が枯れる原因になる

薔薇は成長期の間によく枝が伸び、新しい芽も沢山吹いてくるので、徒長枝、シュート(根元から伸びる新梢)などの不要枝の剪定や芽かき作業が適宜必要です。

徒長枝やシュートをそのままにしていると、逆に古枝の力を奪い、せっかく作った樹形を大きく崩してしまうことになります。

剪定のタイミングは花後がチャンスで、花がらを摘む時に伸びすぎた枝を軽く剪定しておきましょう。四季咲き性は7月下旬~8月上旬頃にも剪定ができます。

花後の剪定なら品種や性(一才咲き、四季咲き)にあまり影響なく、花芽分化を迎えることができます。

針金かけ(6月~10月)

針金かけはいつでも出来ますが、ある程度枝が伸びてからでないと枝の方向や流れに予測がつきません。

強い枝は根元から切ることもありますが、枝作りに使うなら針金で模様を付けながら伏せておいてください。

基本の幹模様があれば、細かい枝先は剪定だけで作ることができます。

作業中は棘に注意しましょう。

開花と受粉(5月~7月)

実物としても楽しめる野薔薇

実物としても楽しめる野薔薇

野薔薇は品種が多く、その花芸だけでも充分観ることができますが、秋には実物としても楽しむことができます。

雌雄同花で、自然に受粉もしますが品種によっては自家不和合性の高いものもあります。

受粉を助けるために品種の異なる花を数株寄せておくと実付がよくなります。

ジベレリンも効果的で、規定の濃度に希釈し花に数回に分けて散布すればほぼ100%結実します。

植替え(2月、9月~10月)

根頭癌腫病の予防のためにも消毒を兼ねて秋に植え替えをするのが普通ですが、2月の芽出し前にもできます。

秋に植え替えると冬の保護に気を遣うところがあり、2月頃に植え替えをしたほうが負担が少なく済むという考え方もあります。

根の処理は古根を半分以上処理しても全然平気です。根の更新が早いので用土が多く入るように根をしっかり剪定したほう生育期のトラブルが起こりにくいです。

枝の剪定もしっかり切り込むのが基本で、伸びた枝は外芽残し1~2節で切り詰め、不要な所の芽かきや不要枝の整理もやっておきましょう。

根がまわりやすいので若木や小さいものは1~2年に1回植え替えをします。成木は2年に1回を基本にしてください。

6. 関連ページ

野薔薇の魅力

薔薇の仲間は雑種や変種が多く、観賞用に改良された園芸品種は4万種以上にも及びます。ガーデニングに人気なのはボリュームのあるオールドローズ系の品種を始め、柵のカバ……

コメント

橙丸 さん 2022年06月28日10時52分
初めまして。
はじめてのコメントです。

数年前、盆栽関連施設の設計監理に携わったことがキッカケで盆栽にどっぷりハマってしまいました…
とはいえまだまだ趣味レベルで独学なので色々教えていただきたいと思っています。

6月初旬に購入した野薔薇です。
6輪ほど花を咲かせてくれて今はもう花終わりです。
剪定についての質問です。

①来年の花芽はどこに付きますか?
 花終わりの剪定が良いということですが、来年の花付きを考えた時に、形が気に入らないからと言ってどんどん剪定してもいいものでしょうか…

②この左に伸びた新しい花のついた枝は根本から切っても大丈夫ですか?
 今年花をつけた枝は全て幹から直接伸びた新しい枝のみです。
 これを根本から切ってしまってもいいものでしょうか…
 全体のバランスを崩してるので、なくしたいなと思っています。

③これはひょっとして徒長枝でしょうか?
 根上り?のすぐ上から力強く伸びて花をつけています。
 でも徒長枝には花つかないですよね…

③普段の剪定は他と同様2,3枚残しの外芽カットでガンガンコンパクトにしていいですか?
 これは秋の植替えと同時の方がいいのかな…

よろしくお願いします。
きみ さん 2022年06月28日17時52分
橙丸 さんへ

こんにちはコメントありがとうございます。
かわいい野バラですね^^幹(根)の模様も面白くてとてもいい木ですね~

>①来年の花芽はどこに付きますか?

花芽はその年に伸びた新梢の先に順次つきます。品種によりますが、花後の剪定をしても、また伸びてくる芽の先にまた咲いたりします。

>②この左に伸びた新しい花のついた枝は根本から切っても大丈夫ですか?

いらないなら根元から切ってもいいですし、枝として残したいなら2節くらいのところで切り詰めてもいいと思います。

>③これはひょっとして徒長枝でしょうか?

わりと元気な枝にも花がさくことはよくあります。
これを伸したままにすると、他の枝よりも異常に太くなってしまうので、これ以上太くしたくないというタイミングで切り戻すか、枝元から切ってください。
2番芽も強く伸びてくることがあるので、それは早めに芽摘みしてしまいます。

>④普段の剪定は他と同様2,3枚残しの外芽カットでガンガンコンパクトにしていいですか?

基本的には伸びたら切るでいいですが、あまり切込みを繰り返すとさすがの野薔薇も枝が弱って枯れたりしますので、弱い枝や、伸び止まりそうな枝はそのままにしてください。
わたしは6月中旬頃に1回葉刈りと刈り込みをしていますが、小さい樹は結構伸したまま(③のように、太くなりすぎないうちに適宜切り戻しはします)です。
橙丸 さん 2022年07月06日13時42分
ありがとうございました。
勉強になりました。
早速すっきりさせました。

もうひとつ農薬について教えてください。
(カテゴリー違いですが。。。)
野ばらに限らず、
植え替え時の根の消毒にヤシマストマイ液剤がよいということでいろいろと探しましたが、
もう販売終了なのかどこにもありません。。。
根を漬け込んだり、用具の消毒にも使えるということで、
そういった使い方のできるものが欲しいです。
おすすめの代替品を教えてもらえませんか?

成分的には明治のアグレプト液剤というのが代替品かなと思いましたが、
これもどこの店頭にもありません。。。
(ネットにはありましたが送料が。。。笑)

よろしくお願いします。
きみ さん 2022年07月08日16時05分
橙丸 さんへ

お返事が遅くなり申し訳ありません。
ヤシマストマイ製造中止になってもう買えなくなっていますよね。
わたしもアグレプトに切り替えるつもりですが、アタッキン(トップジンMとストレプトマイシン)があるのでそれを今は使っています。
ただ粉を調整しないといけないので、少量しかつかわない人は面倒だと思います。

ほかには、バラ専用のキトサン活性剤というのもあり、結構いいですので調べてみてください(私は手造りしています)。化学農薬でアグレプト以外は思い浮かばない(実際にはいろいろあると思います)ので、なんともいえないです。すみません
橙丸 さん 2022年07月26日15時53分
こんにちは。
アドバスいただきとりあえずネットでアグレプト液剤を購入したのですが、
その後近所のホームセンターで見つけてしまいました笑
送料が。。。

さて、先日野ばらの結実を目的にジベレリンを試してみました。
住友の粉末のものです。
説明書通り200ppmの噴霧

ところが、翌日にはおしべが黒く変色し、花びらが落ちてしまいました。
実も肥大せず小さいままで青いままです。
他二つあった咲きそうな蕾も成長が止まってしまっているようです。

これは、
ジベレリンの濃度が濃いのか、噴霧時期が早すぎたのか(開花二日目)。
はたまた他の原因があるのか。
蕾についても、ジベレリンが付くと成長を止めるような効果があるのでしょうか。

せっかくなのでローズヒップが見たいなぁと思い行動しましたが、
結果がこれでは寂しすぎます。。。
来春には所有している結実しないアメリカンチェリーや紅秀峰にも
ジベレリンを試してみようかなと思っているところです。

よろしくお願いします。
きみ さん 2022年07月26日16時59分
橙丸 さんへ

<アドバスいただきとりあえずネットでアグレプト液剤を購入したのですが、
その後近所のホームセンターで見つけてしまいました笑
送料が。。。

近くにあってよかったですね^^
送料は自宅に届けてもらえたということで,,,次回からはお買い求めください^^;

わたしはジベレリンは住友化学園芸の「ジベラ錠5」という錠剤のものを使っていますが、人からきいた感じですとどれを使っても実成り(単為結実)はいいようです。
濃度も、濃くても薄くても大丈夫のようなので、子房(実になるところ)が黒く変色していなければ大丈夫だと思いますよ。

ジベレリンの効果はいろいろありますが、どちらかというと生長を促進する働きをもちますので、ジベレリンのせいで生長がとまったということはないでしょう。
生長点やつぼみの部分に噴霧しても単為結実するので、おそらくその影響で開花までいかないのかもしれません。
橙丸 さん 2022年07月26日17時26分
早速の回答ありがとうございます。

ということはこのまま蕾にも噴霧し続ければ結実する可能性はあるってことですか?
花が咲かなくても実が成るってことか。。。不思議。

もうしばらく噴霧続けながら様子を見ようと思います。

小さめの霧吹きを買ったけど、もっと小さいのを買った方が良さそうですね。

ありがとうございました。
きみ さん 2022年07月26日17時39分
橙丸 さんへ

わたしも小さいアトマイザーを使っています^^