キミの盆栽びより盆栽の育て方実物類の育て方 > エゴノキの育て方

エゴノキの育て方

エゴノキの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
 
落葉 
 休眠期
 
 
 
花芽分化
 
 
管理場所
ムロ
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰 
 
 
日なた 
 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
1/2~3日
施 肥
 
 
 
 
 
剪 定
 
花後
 
 
針金かけ
 
 
針金外し
植え替え
 
芽摘み                
葉刈り              

エゴノキの性質

エゴノキはエゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木。雌雄同株(雌雄同花)。

日本全土や朝鮮半島、中国のやや湿り気のある山野や雑木林に自生していて、園芸品種にはアカバナエゴノキ(ピンクチャイム)もあり、庭木として利用されています。

初夏に下垂して咲く白い5弁の花と晩夏に熟す独特の形の実がかわいらしく盆栽にしても楽しめます。

果実は9月頃に熟して割れ、茶色の丸い種子を出します。

花付きのいい一才性や八房性ものも普通にあり、実生や取木、挿木で増やされています。

エゴノキの由来は果皮がえぐいことから来ていて、すりつぶすと泡がでるので昔は石けんの代わりにしたり、粘り気のある材を加工して将棋の駒にも利用されています。

また、自生しているエゴノキの冬芽はアブラムシの寄生によりしばしば虫コブ状に肥大したものが見られ、猫の足に似ていることからエゴノネコアシといわれています。

エゴノキの管理場所

エゴノキの実

エゴの木の若い果実:さりげない日々の中で

強風の当たらない風通しのいい日なた~半日陰で管理してください。

芽出し頃に強い風に当たる場所に置いていると芽や蕾を痛めてしまうことがあります。

水切れや葉焼けを起こしやすいので夏場は西日に当たらないようにします。

日陰でも育ちますが、実付きが悪くなるので枝葉にはできるだけ日が当たるようにしてください。

寒さには強いですが冬は保護が必要です。

エゴノキの灌水

水を好むので、特に夏の水切れには注意してください。

軽い水切れなら落葉しても吹き直しますが、乾き過ぎると枯れてしまいます。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

エゴノキの施肥

多肥により枝の徒長や実付きが悪くなることがあるので施す量は控えめにしてください。

濃い肥料を与えるより、少ない(薄い肥料)を回数多く与えるとよいです。

4月頃に新芽が伸び出した頃から梅雨入りまでに月1回程施肥し、夏場は一時中止するか薄い液体肥料に切り替え、9月~11月頃に月1回秋肥を与えてください。

肥料は油かすに骨粉(リン酸分)を3割くらい混ぜたものを与えると実付きがよくなります。

エゴノキの作り方

剪定(花後~7月頃、落葉後)

エゴノキの花芽は今年伸びた枝の先に新芽と共に伸びてきます。

剪定は花後6月~7月上旬までの間に花を残して伸びてくる枝を2~3節のところで切ります。

萌芽力が強く枝の付け根からも葉芽が伸びてきますが、そのままにしていると芽の部分から太くなってしまうので不要なら早めに芽かきをしてください。

花芽は8月~9月に作られるので、8月以降の剪定は控え、伸びる枝はそのままにしておいてください。

全体の剪定は落葉後に行い、不要枝や樹形を崩す枝の整理をします。

針金かけ(落葉後11月~12月)

自然な枝配りが似合うので、針金かけはあまり行わず剪定で樹形を整えることになります。

枝が古くなると堅くなるので、針金をかける場合は細い枝のみにかけてください。

若木で幹模様を付けるための針金かけなら、下垂する花や実に似合うような優しい模様木や斜幹、懸崖もよいと思います。

いきなり無理な矯正をせず、数年かけて徐々に予定の樹形に近づけてください。

太りが早く針金が食い込みやすいので注意してください。

開花と受粉(5月~6月)

エゴノキの花

エゴノキの花:5月(東京)

雌雄同花ですが1鉢では結実しにくいので、数鉢寄せておいたり違う品種と交配したほうが実付きはよくなります。

開花結実時期に水切れしたり強い風に晒すと落果の原因になるので、水切れのないように注意してください。

植替え(3月)

芽出し前に植え替えをします。

根の生長が早く、すぐに根詰まりするので植え替えは1~2年に1回の間隔で根の詰まり具合を見て行います。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 08 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。