花物類の育て方

花物類の育て方

花物類は花を付けさせることが第一ですが、樹形作りも重要です。

剪定で枝を増やし、形を整えながら花芽形成期に枝を充実させることが基本になります。

管理場所

花芽を多く付けさせるためにも、よく日に当てることが大事です。

ただし強い日差しには当てないように、夏は西日を避け寒冷紗で遮光してください。

灌水

花芽形成期には辛目にしますが、基本的には普通の灌水でいいです。

夏の水切れに注意してください。

施肥

春の肥料は控えめに、秋肥を重点的に与えます。

4月~6月頃と、9月~11月頃に油かす肥料を主体にした有機肥料を与えてください。

花芽をつけさせるためにはリン酸やカリウム分も多く必要になるので、油かすに骨粉を混ぜたり、プロミックなど花物実物用の肥料を補助的に施すものいいでしょう。

整枝

花後の剪定整枝が基本。

夏頃に花芽が分化する樹種がほとんどなので、芽摘みや剪定は6月~7月上旬頃には済ませておきたいところです。

樹種別の育て方