キミの盆栽びより盆栽の育て方花物類の育て方 > ネムノキの育て方

ネムノキの育て方

ネムノキの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
落葉
休眠期
 
花芽分化
 
 
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰 
 
 
日なた 
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
1/2~3日
施 肥
 
 
 
 
 
剪 定
花後すぐ
 
針金かけ
 
 
 
 
植え替え
 
芽摘み
 
             
葉刈り              

ネムノキの性質

ネムノキはマメ科ネムノキ亜科の落葉高木。雌雄同株。

日本では本州~九州の暖かい地域の日当たりのいい河原や雑木林に自生しています。

花期は6月~8月で、長い淡紅色の雄しべがふんわりと柔らかい印象。白花品種もあります。

葉は羽伏複葉で夕方になると葉を閉じ、花は枝の先に多数つきます。

成長が早く、幹は太りやすいのですが枝が出来にくいため、文人作りのような優しい自然な作りがよく似合います。

カイガラムシによる害(すす病)が出やすいので、日頃よく観察し早い段階で補殺するか薬剤を定期的に散布してください。

ネムノキの管理場所

年間を通じて日当たりと風通しのよい場所で育てます。

梅雨以降から夏の間は半日陰において、強い西日に当たらないように工夫してください。

冬は保護が必要です。

ネムノキの灌水

乾燥には強いですが、水を好むので過乾に注意してください。

とくに開花期の夏場は水切れがないように置き場所にも工夫が必要です。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

ネムノキの施肥

4月~6月と、9月~10月の間に月1回、油かすなどの固形肥料を置き肥してください。

秋肥を中心に、骨粉(リン酸分)を2割ほど混ぜて与えると翌年の花付きがよくなります。

ネムノキの作り方

芽摘み(4月)

ネムノキの花芽はその年の5月頃に作られるので、4月の芽出しの時期に1節残して先を摘んでください。

特に小品盆栽では芽摘みは欠かせない作業で、芽摘みをすることで節目を短くする効果があります。

剪定(花後8月)

花後に1節残して剪定します。

ネムノキは剪定をしないでいると枝が強く伸びてすぐに樹高が高くなるので、時には強剪定をして低く作り直すことも必要です。

生長期の間は絶えず葉を伸ばしてくるので、仕立て途中のものは8月いっぱいまで伸ばしては剪定して脇芽を出させます。

針金かけ(5月~6月、秋)

若い枝がまっすぐに伸びてくるので、針金かけは欠かせない作業です。

枝が太くなれば折れやすくなるので、若枝にかけるようにしてください。

時期は5月~6月か秋にできますが、生長期にあまり強く曲げると組織を痛めて枯れることがあるので軽く癖を付ける程度にしておきます。

強く曲げる場合は秋~休眠期の間にできますが、枝が折れやすい時期でもあるので注意してください。

植替え(3月)

若木や小さいものは1~2年に1回植え替えをします。 成木は2年に1回を基本にしてください。

コメント

ひろこ さん 2018年07月18日12時21分
いつも楽しく勉強させていただいております。
ありがとうございます!
まだ細いネムノキですが、下記について、ご相談です。
このところあまりに日差しがきついので、先週末に盆栽棚の上によしずをかけました。また、朝しか水をやれないため、鉢の下にミズゴケを敷いて、水不足で枯れないような対応をしたつもりなのですが、今朝、黄色く細かい葉がバラバラと細かく落ちているのに気が付きました。原因と対応について、教えていただけますか?
よろしくお願いいたします。
きみ さん 2018年07月18日12時42分
ひろこ さん
最近すごく暑いですから、水切れで落葉したのかもしれませんね。
根詰まりが早い樹なので、水が入りにくくなっている可能性もあります。

日よけ対策は完璧ですが、水さえ切らさなければ日よけなしでも元気なのでこれから気を付けてください。

落葉しても、軽い水切れ程度ならまた芽が出てきますから、あまり心配しなくていいですよ。
芽吹きが強いので、強剪定してもどんどん胴吹きする丈夫な樹です。
うちにも実生から育てているものが沢山ありますが、夏もそのまま、冬も特別な管理なしで1本も枯れませんから
ひろこ さん 2018年07月18日20時16分
早々のお返事、ありがとうございます!!
ましてや、心配を吹き飛ばすようなアドバイス、心よりうれしいです!
またこれからも色々教えてください。

楽しみにしています♪
盆栽ワークショップのお知らせ

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求め都外へ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 11 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 11 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。