キミの盆栽びより盆栽の育て方花物類の育て方 > 桜(サクラ)の育て方

桜(サクラ)の育て方

桜の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
 
 
 
芽出し
 
 
 
 
 
紅葉
落葉
休眠期
 
 
花芽分化
 
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰
 
 
日なた 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/日
 
1~2/日
 
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
1/日
施 肥
 
 
 
 
 
 
剪 定
 花後
 
針金かけ
 
芽おさえ 
 
植え替え
 
 
 
芽摘み
 
 
           
葉刈り              

桜の性質

桜はバラ科サクラ属の落葉高木。

日本の春の象徴とも言える桜は、多くの品種で新芽に先駆けて花を咲かせます。

園芸品種は400以上と豊富にありますが、盆栽で人気なものは小輪で剪定に強い山桜系や寒緋桜系の品種や、江戸彼岸系のしだれ桜(糸桜)、十月桜、小輪の富士桜など。

桜の品種

病気や害虫の多い桜は、特に根頭癌腫病を患いやすく長く持ち込めないことが難点とされていますが、植替え時や日頃の継続的な消毒の徹底で予防や完治も不可能ではありません。

桜の管理場所

日当たりと風通しのよい場所で育てます。

基本的に丈夫な樹なので、水切れさえ注意すれば棚上に置いたままでも大丈夫。

日陰だと花芽が出来にくくなり、また枝作りにも支障がでるのでよく陽に当てたほうがいいのです。

水と肥料が効いていれば葉焼けも起こしにくいので、管理次第で格段にいい樹になります。

ただし小品サイズや富士桜系の品種は夏の強光や暑さにやや弱いので、盛夏は日よけの下に置いてください。

寒さには強いですが、少ない用土で育てる盆栽は保護が必須。2~3度霜に当てたら棚下やムロに入れてください。特に秋に植え替えをしたものは根が凍らないよう早めの保護が必要です。

桜の灌水

乾燥に弱いので水切れのないように注意してください。

桜は葉が大きくなるものが多く、単に上から灌水しただけでは葉が水を弾いて用土まで届かないことがあるので、株元にもしっかり水をかけましょう。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に表土が乾いてきたらたっぷり灌水してください。

冬は灌水頻度が下がるぶん、うっかり水切れさせる失敗が意外に多いものです。冬の水切れは翌年の花芽を痛めますし、折角作り込んだ枝も枯れてしまうので注意してください。

桜の施肥

桜は春肥が重要で、花後の肥料は枝作りのための芽吹きの力を助けるために必要不可欠です。

特に秋に植え替えしたものは施肥を控えているので、春の肥料は大切な栄養分。

4月~7月にかけては他樹種の5割増しくらいを目安に多めに施肥してください。

秋は9月~11月の間に施肥しますが、春肥ほどの量は必要としません。花付きをよくするため通常の肥料に骨粉を混ぜてもいいです。

桜の作り方

桜は枝の更新が早く、枝作りが難しい樹種の1つ。

花を見ながら小枝をある程度充実させるためには、こまめは芽摘みや剪定が欠かせません。

剪定は花後すぐ(芽出し前)の伸び過ぎた枝を切り詰める作業と、落葉後の本剪定の年2回。

成長期の間は花芽を意識した芽摘みで小枝を作り、観賞に備えて秋に全体を整えます。

若木の場合は花芽を意識せず芽摘みを繰り返し、不要な根や枝は思い切って切り詰めてください。

詳細ページ

芽摘み

桜の芽摘み時期は新梢が少し伸び、葉の組織が固まる4月中旬頃から行います。

基本的には2~3節残して先を鋏で切り取りますが、古木なら葉が展開する前後くらいで少し早めに摘んで輪郭を維持します。

最初の芽摘み後も部分的に強く伸びる枝は同じ要領で芽摘みをしますが、枝として残したい部分は芽おさえ(針金で枝を下げること)で対応してください。

梅雨明けには新芽の伸びも止まり、夏にかけて花芽分化期に入ります。

輪郭から強く飛び出すような芽は随時摘み取っても問題ありませんが、花芽を付けさせるためには芽摘みや剪定を遅くとも6月いっぱいで終わらせおきましょう。

追い込み剪定法

ある程度枝作りが終わって花を付けさせる段階の樹には、新梢を段階的に切り戻す追い込み剪定も有効です。

やりかたは春から伸びる新梢は芽摘みをしないで一旦伸ばし、樹勢を付けさせておきます。そして葉が5~6枚くらいに達した頃に先端の葉を摘み伸びを止めてしまいます。

植物は頂芽優性の性質を持っているので、残された葉のうち最も先端部に近い葉の腋から2番芽が伸びてきます。そこでこの2番芽が確認できたらその芽ごと先端の葉元の枝を剪定します。

葉数を確保しながら徐々に枝元近くに2番芽を吹かせることで、樹勢を損なうことなく残した枝を充実したものに出来るという考え。

7月~8月の花芽分化期までにこの作業を2~3回繰り返していると、枝元付近に花芽を分化させることができるようになります。

だたし先端を止めただけでは2番芽が吹きにくかったり、品種により追い込みが出来ないものもあります。また追い込みを剪定をしているうちは小枝は増やせないので、花芽を付けさせるための芽摘み法の1つとして覚えておくといいでしょう。

剪定(4月~5月、10月)

桜は枝の更新が早く、枯れては新しい枝ができるを繰り返す性格があります。

「桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿」ということわざがあるように、桜は枝の維持が難しく、こまめな芽摘みや剪定なしでは盆栽としての樹姿を作ることはできません。

桜の剪定は基本的に芽出し前と休眠前に行います。

芽出し前の剪定(3月中~下旬)

多くの品種は芽出しに先駆けて花を咲かせるので、開花期=芽出し前と考えておいていいです。

時期は3月中~下旬頃。花の観賞が終わったらすぐに剪定します。

本格的な剪定は休眠前ですが、花を見るために長めに残しておいた枝は花後すぐに2節で切り詰め、針金で向きを修正するなどの簡単な整姿をしておいてください。

剪定後は新芽が動き出すので適宜芽摘みや剪定をし、梅雨開け~夏の花芽分化期までに各枝を充実させておきます。

休眠前の剪定(11月~12月中旬)

落葉前後の11月頃からは本格的な剪定の適期。

花芽と葉芽を確認しながら不要な枝をしっかり整理し、必要に応じて針金で向きを修正するなどの整枝作業をします。

特に若木ではまず樹形作りが課題なので、積極的な剪定が必須。不要枝は思い切って切り詰めて基本樹形を定め、枝作りを始めてください。

桜の場合、太枝の剪定はできるだけ避けたほうがいいのですが、やむを得ない時は枝の付け根部分まで深めに切り込みます。中途半端に切り残してしまうと肉巻きも悪く、そこから腐れ込みが生じやすくなります。

また、桜の剪定で最も大事な事は傷口の保護。剪定痕から水分が逃げて衰弱の原因になるだけでなく、傷口から腐朽菌や害虫が侵入する危険が高まります。

大きな傷はもちろんですが、小さな傷でも必ず保護剤や癒合促進剤を塗ることを徹底してください。

桜の整枝はあまり寒い時期までやっていると枝枯れを起こすことがあります。落葉後、おそくとも12月中旬までには済ませ、厳寒期の剪定や針金かけは控えてください。

針金かけ

桜は枝の更新が早く、毎年姿が変わるといって良いほど枝決めの難しい樹です。

そのため樹形作りはこまめな芽摘みや剪定で整え、針金はあくまで補助的に使うと考えてください。

桜は水分が多く、古枝に針金をかけようとすると枝折れしやすいので、今年伸びた柔らかい枝にかけます。

枝の向きを修正する程度に軽くかけますが、役枝として残したい部分は剪定せずに枝を下げて(芽おさえ)太みを得てから切り戻してください。

基本的には春と秋の剪定後に補助的に針金かけをしますが、向き修正くらいの軽作業ですから必要に応じて行ってください。

ただし秋(休眠前)以降にかける場合はあまり遅くなると枝枯れの原因になるので、遅くとも12月中旬までには終わらせておきましょう。

植替え(9月下旬~10月)

根頭癌腫病予防のため殺菌も兼ねて秋の植え替えをすることが多いですが、直後に厳寒期を迎えることを避けるため少し早めに作業してください。

昔はバラ科の樹は秋の植え替えが定石でしたが、今は質のいい抗生物質剤や殺菌剤が容易に手に入るので、春の芽出し前(2月中~下旬頃)でも問題ありません。

むしろ春の方が冬の保護の心配がないうえに、しっかり根捌きができるので初心者でも安心です。

どちらの作業も根捌き後はヤシマストマイなどの抗生物質剤に根を浸漬し、古土を全て取り替えて植え直してください。

根頭癌腫病になってしまった樹も定期的に植え替えして患部を切除し、その都度治療していけば完治は容易でなくとも大きな被害になることはありません。

古土は汚染も考えられるので、入手したばかりの素材は古土をホースの水圧等で徹底的に落とし、根の状態をチェックして作業してください。

若木の植え替えは枝の剪定と同様に太根をしっかり整理することが大事ですが、切り口からの腐食や菌の侵入が心配されます。

大きな傷はもちろんですが、小さな傷にも必ず保護剤を塗って植え込んでください。

カットパスターHi

保護剤はトップジンカルスメイトなど種類がいろいろありますが、ペースト状のものだと乾くまでに時間がかかり植え付けに手間取ります。

根を保護する場合はパテ状のカットパスターHiなどがお勧めです。

適量取り出し、手で丸めて傷口を覆うように押しつけてください。

カットパスターHi

コメント

高木成一 さん 2017年10月18日22時59分
よろしくお願いします。
10月の始めに通販にて、樹高12センチほどの桜ミニ盆栽を購入しました、
1週間ほどで下方の枝に青葉がでて二つ造花のような花が咲いてしまいました、
一才旭山ざくらです、時期的に4月頃の予定のはずです、
このようなときはどうしたらよいでしょうか?
剪定するのか?そのまま開花まで待つのかわかりません。
教えて下さい。
きみ さん 2017年10月19日09時58分
高木成一さん
さいちゃいましたか<(_ _)>
植え替えしたら芽が動き出したりするので、特に珍しいことではないと思います。
販売元が商品にする前に植え替えしたとか、その後室内管理してしまい開花したとか?
蕾のうちに取ってしまってもいいですけど、花咲いたら花殻とって大きな剪定は来年ですかね
今大きな剪定して葉数が減ると変な時期にまた芽が動き出してしまうので。
かいろ さん 2017年11月17日15時05分
はじめまして、私は長崎に住んでいます。
今月11日に一才桜(旭山桜)を初めて購入しました(100円だったのでつい…)
最初から土が湿ってる感じがしていたので今日まで水を上げていません
外のビニール温室に入れているので雨風は直接は当たらないようになってます。
観察は毎日、朝と仕事帰りにしています。

排水性が悪そうな土だったので植え替えを検討していますが、
上の表の植え替え時期を過ぎてしまい、どうするか悩んでいます。
あと、購入した時白いプラ鉢だったのでそれも変えたい…
桜盆栽というと、どんな鉢に入れるのがいいですか?参考に教えて下さい
きみ さん 2017年11月18日10時23分
かいろ さん
コメントありがとうございます^^
植え替えは今はしないで春の花が終わって新葉が展開する前に行ってください。
今やると冬の保護が難しいです。
桜盆栽なら色鉢が合いますが、管理になれないうちは仕立て鉢を使ったほうが安心です。
https://bonsai.shinto-kimiko.com/kiso/bonsaibachi.htm

鉢を大きくしすぎないように育てていれば化粧鉢に移すときも無理がないですよ

ビニール温室は日当たりのいい場所にあると冬でも昼間は高温になりすぎます。
わたしも使ったことがありますが、今は発砲スチロールだけです。
ようじ さん 2018年03月16日12時55分
きみさん

こんにちは♪
だいぶ暖かくなってきて過ごしやすくなりましたね♪

先日、誕生日プレゼントでいただいた『旭山桜』が、何とかもう開花して満開になっています。

1点施肥について教えて下さい。

小さな盆栽で土の上全面に苔が敷き詰めてあります。
施肥は、苔の下に入れてやれば良いのでしょうか?
それとも、苔の一部を外して施肥をした方が良いのでしょうか?

水やりは鉢ごとどぼづけにしています。

よろしくお願いします。
きみ さん 2018年03月16日14時15分
ようじさん
満開ですね~綺麗です。
その苔はたぶん、見栄えをよくするためにマット状のものを貼り付けてあるだけだと思うので、仮根は伸びてないんじゃないでしょうか。わたしなら取ってしまいますが、残したいなら苔めくってその下に肥料おいてもいいでしょうね。上に乗せると肥料によっては茶色くなって汚くなりますから。
苔は蒸れたり虫が湧いたりするので、ない方がいい時あります。
ようじ さん 2018年03月16日15時44分
きみさん

早速のご回答ありがとうございます。

この苔があるので水やりもどぼづけしないといけないため、苔を外すことにします。

花が取ったら施肥と剪定をして、また来年も綺麗な花を咲かしてくれるように頑張ります。

またアドバイスよろしくお願いします。
おに さん 2018年04月12日22時25分
キミさん、こんばんは。
少しお久しぶりです。

赤松の目切りや、紅葉の芽摘みをやりながら癒されています。

先日、ある盆栽家のイベントに行って、桜の盆栽を作ってきました。
見事に満開を迎えました。
毎日?毎晩癒されています。

桜は難しそうですね。
でも、来年も満開を迎えたいので、一番気をつける点を教えてもらえたら嬉しいです。
きみ さん 2018年04月13日12時04分
おにさん
あっ。お久しぶりです!綺麗ですね~なんの品種かな。里桜ですか
これから葉っぱがもっさりなりますから、水切れさせないのが一番です。
花後肥料しっかりあげてください!

世田谷区にいましたが、盆栽のための広い土地を求め移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りも楽しんでいます。

動物も好きで猫を飼っています。初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、新しい家族を迎えて仲良く暮らしています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 05 月号 [雑誌]
近代盆栽
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 05 月号 [雑誌]
盆栽世界
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。