キミのミニ盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類葉物類の仲間 > 四手(シデ)の魅力

四手(シデ)の魅力

更新日2018/06/20

四手の魅力

四手はカバノキ科クマシデ属の落葉高木の総称。別名ソロ(ソネ)、ソロノキ。

本州~九州の山野に広く分布する樹で、街路樹や公園樹、庭木としても人気があります。

葉をまとったミノムシのような特徴的な花(果苞)が垂れ下がり、秋口に熟した種は苞によって風に舞います。

紅葉(黄葉)はもちろん、よくできたものは幹肌や寒樹姿も見応えがあり、春の芽出しや面白い花など四季を通じて楽しめる樹種です。

四手の特徴

四手の花

四手の花

雌花(左)と雄花(右): ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

四手の花期は4月~5月頃、葉の展開と同時に開花します。雌雄同株。

花の形状は雌雄とも花穂と言われる連なって垂れ下がる形で、1本の樹に雄花と雌花を付けます。

雌花はビールの原料で知られるポップの形に似ていて、新梢の先に咲きます。

雄花は稲穂状で、枝の途中につきます。

シデの実

雌花の発達した苞は葉に似ていて、結実した実は葉をまとったミノムシのような形。秋になると種(堅果)を包む果苞が翼の役割をして風に舞い、子孫を残していきます。

「四手」とは神社の玉串や注連縄(しめなわ)に付ける紙で作った飾りのことで、この樹の果苞と形が似ていることが名前の由来ともなっています。

四手の種類

四手は東アジア温暖帯を中心に30種ほどの種類があり、日本には赤四手(アカシデ)、犬四手(イヌシデ)、岩四手(イワシデ)、熊四手(クマシデ)、沢柴(サワシバ)の5種が分布しています。

湿潤肥沃な土地を好む種類が多いですが、自生地によって耐寒性や乾燥に適応した種もあり、同種でも葉形や葉脈の数にも多少違いがあります。

いずれも小型の種類が多く、盆栽では赤四手や岩四手、熊四手(金四手)などが人気。由来は不明ですが地方名をソロといい、シデ類を総称してソロと呼ぶこともあります。

赤四手(アカシデ)

赤四手の新梢

赤四手の新梢

赤四手は北海道~九州の山野の川沿いなどに多く自生しています。

枝は素直で繊細な印象で、葉型も先の尖った端正な形。小葉で、葉の側脈の数は7~15対。

盆栽でソロと言えばこの赤四手の事を指していて、新芽や花、新梢の軸が赤く「赤芽のソロ」と言われ、枝垂れ性の品種もあります。

新葉の表面には細かい毛がありますが、後に無毛に変わります。

紅葉しますが、環境によって黄葉タイプも。

犬四手(イヌシデ)

犬四手の葉の特徴

犬四手の葉(左)と新葉(右)

犬四手は別名を白四手(シロシデ)、白ソロ。葉脈の数は10~15対。

本州(岩手県、新潟県以南)~九州の雑木林を代表する樹で、古木になると白い縦筋模様の滑らかな幹筋が見えてきます。

「犬」の字は赤四手に似て否なるものの「否(イナ)」から転じたものと考えられています。

犬四手の特徴はその毛深さ。葉の両面には白く寝た状態の細毛がまばらにあり、光沢はありません。

特に新葉(写真右)は産毛が表面にびっしり生えていて、やや厚みのあるものもあれば薄いものもあります。

縁は重鋸歯で先端が細かく尖っているのも特徴で、赤四手に比べて葉柄が短いのも見分けるポイント。

岩四手(イワシデ)

岩四手の葉の特徴

岩四手の葉(左)と托葉(右)

岩四手は葉がコンパクトな種類で、別名を小四手(コシデ)、朝鮮ソロ。葉脈の数は11~13対。

葉形は他の四手類に比べてやや丸味のある菱卵形で、小さくまとまった印象は小品にも向きます。

新梢の軸や葉柄は赤みを帯びていて、葉表面は無毛でやや光沢があります。

葉柄の元に線形の托葉(たくよう)が落葉後まで宿存するのが特徴です(写真右)。

熊四手(クマシデ)

一才金四手の葉

一才金四手の葉

四手類の中では最も葉が大きい熊四手は、本州~九州の山野や低山帯、日当たりのいい谷筋などに多く自生しています。

材が硬く「石四手(イシシデ)」「硬四手(カタシデ)」の別名を持ち、秋には黄葉を楽しめます。

熊四手は葉も花も全体に大きいのが特徴ですが、盆栽界ではそのものあるいはその変種(一才性)を「金四手(カナシデ)」と呼んでいます。

他の四手類よりも葉身が長く、葉表面は無毛で光沢があり、切れ込みが深く葉脈と葉脈の間が盛り上がったような感じ。

葉脈の数が多く間隔も狭いのが特徴で、葉脈の数は15~24対にもなります。

小さいうちから花を良く付ける一才性の金四手も人気で、葉も小さく小品向きですが、やや枝が弓なりに反り返る性質があり整枝に気を遣うところがあります。

四手の繁殖法

挿木や取木の他、秋に取り蒔きして実生苗をつくることができます。

四手の主な樹形

苗木のうちから幹模様を作っておけば、いろんな樹形に仕立てることができます。

直幹や斜幹、双幹、模様木、株立ち、石付きのほか寄せ植えにして四手林を作るのも良いです。

枝が徒長しやすいので、5月~9月に勢いよく伸びる徒長枝は整理し、細やかで優しい枝作りにしてください。

病気・害虫

病害虫には強いですが、風通しが悪いとアブラムシやカイガラムシ、ハマキムシがつくことがあります。

梅雨時期はうどんこ病にも注意してください。

関連ページ

四手(シデ)の育て方

古くなると白くなり独特の幹模様が現われます。芽出しや独特の実(果苞)、紅葉、寒樹の姿など四季を通じて楽しむことができます。 実生苗を寄せ植えにして雑木林を作っても...

四手(シデ)の葉刈り

葉刈りをすると全体の日当たりや風通しがよくなり、蒸れの防止やフトコロ芽が活性化してよりコンパクトな樹姿に作ることができます。 全葉刈りもできますが、葉切りや芽摘...

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 10 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 10 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。