キミの盆栽びより基礎知識盆栽と苔 > 盆栽に向いている苔

盆栽に向いている苔

更新日:2018/09/08

盆栽に向いている苔

世界には約2万種以上の苔があり、立ち性でフワフワとしたものや這い性でロゼット状に広がるものなど性質は様々。

苔は盆栽に欠かせない存在ですが、種類によっては害となる場合もあります。

ここでは盆栽の苔のメリット・デメリットと、お勧めの苔、避けたい苔を紹介します。

1. 苔の利点と欠点

利点

見た目がよくなる

「苔むす」とは、ずっと前から変わらずそこにあるものを表す言葉。

盆栽の鉢や表土は大地を表現する部分で、ここに根付く緑も当然あるはずです。

石や草などを使うのも1つの方法ですが、苔を使うことでその状態で長い間持ち込まれてきた印象を受けます。

また用土がむきだしの場合よりも鉢と樹が馴染み、鑑賞上の価値が上がります。

保水効果

苔はそのスポンジの様な構造上、吸水性と保水性に優れているので灌水したときの水持ちがよくなります。

植え替え直後にミズゴケを張るのも、水はけのよくなった用土の乾燥を防ぎ根を守るため。

空中湿度も保たれ、植物の生育にも良い影響を与えています。

用土の流出を防ぐ

特に植え替えしたばかりのものは、灌水のたびに用土が鉢から流出して根が露出してしまいます。

苔はこの用土の流出を防ぐ役割も担っているため、ミズゴケの代わりに生きた苔を張るのも良し。

ミズゴケは時間が経つにつれ汚れてしまいますが、生きた苔なら時間とともに馴染んで楽しめます。

欠点

乾き具合がわかりにくい

灌水頻度に、「表土が乾いてきたら灌水する」という表現を使いますが、苔が密生していると土が見えないので乾き具合が分かりにくいものです。

苔は乾くとカサカサと捩れたり縮んだりするので、灌水のサインにもなるのですが、初心者が一見しただけでは判別しにくいかもしれません。

苔自体は乾燥に強いものが多いですが、慣れないうちは過水や水切れの原因になる場合もあります。

蒸れや病害虫の温床となる

吸水性と保水性に優れている苔は、夏場は逆に根の生育を阻害したり、病害虫発生の原因となることがあります。

苔も夏の暑さや蒸れには弱く、猛暑で枯れてしまうことも。通気性も悪くなり、腐って雑菌や害虫の温床となります。

その対策として、夏に備えて繁盛した苔をいったん取り除いておきましょう。もったいない気もするかもしれませんが、この一手間で夏場の土壌環境が改善され、根腐れ枯死や病害虫発生を抑えることができます。

2. お勧めの苔

盆栽には直立性で小型の苔が最適

蘚類

お勧めの苔

盆栽には蘚類のうち、直立性で水はけのいい「ギンゴケ」や「ヒロクチゴケ」「ホソウリゴケ」「コツクシサワゴケ」などの苔が向いています。

これらは人里付近に普通にみられる小型の苔で、葉も密についていて小さい盆栽向き。

苔玉や苔テラリウムなどで使われる「山ゴケ」といわれるものは、「ホソバオキナゴケ」や「ハイゴケ」「シラガゴケ」など茎や葉がやや長めの苔で、小さい盆栽には不向きです。

また乾燥によわい「スギゴケ」や「ホウオウゴケ」の仲間や、涼しいところを好む高山性の苔も、気温や湿度管理が難しく盆栽との相性はよくありません。

地衣類

お勧めの苔

松柏類には「日ゴケ」といわれる地衣類が幹に付着していると老樹の風貌が出てお勧め。

樹状地衣類といわれる立ち性の「ヒメレンゲゴケ」の仲間がお勧めで、梅や桜には「ウメノキゴケ」などの葉状地衣類も適しています。

地衣類は成長が遅い上に、大気汚染に弱く培養が難しい種類ですが、湿度や日当たりなどの環境条件が合えば自然に増えます。

3. 避けたい苔

見た目のよくない苔、水はけの悪い苔はNG

蘚類の一部

避けたい苔

蘚類の中でも、這い性の「ハネヒツジゴケ」は幹まで貼り付いて蒸れの原因となるので発生したら小まめに掃除してください。

また、「カマサワゴケ」のように立ち性でも水を弾く性質の苔も、密に生やすと土中に水が届かず水切れの原因となります。

苔類、ツノゴケ類

避けたい苔

這い性の「ゼニゴケ」「ハタケゴケ」「ツノゴケ」の仲間は見栄えがよくないので、雑草として嫌われる事も多い苔です。

表土を覆い、水はけを悪くするので見つけたら小まめに取り除いてください。

共生藻類の仲間

共生藻類の仲間

その他、地衣類のような共生藻類の仲間やバクテリアなどが異常発生してしまうことがあります。

これらは光合成をする酸素発生型の細菌で、色は黒~黒っぽい青緑色の海藻のような姿。

陸棲藍藻の一種でワカメのような「イシクラゲ」やその仲間、イワノリの様な「アオキノリ」「トサカゴケ」の仲間など、未同定のものも含めると数え切れない種類があります。

見た目の汚さや水はけ、通気性の悪化などの原因となるので取り除く必要がありますが、この種類は細胞分裂で増えるので簡単には駆除できないのが難点。

苔と同じで、どこにでも存在する生物なので、環境さえ整っていれば増殖してしまいます。

いつもジメジメしている場所に発生しやすいので、小まめに汚れた土を取り替えて、風通しをよくするなどで繁殖しにくい環境作りを心がけてください。

その他のカテゴリ一覧

苔の分布と生息場所

もののけ姫の森としても有名な屋久島の「白谷雲水峡(写真上)」や、長野の「八ヶ岳白駒池」、京都の苔寺と唱われる「西芳寺」など苔の名所は国内にもいくつもありますが、……

苔の分類

植物は効率よく光合成をするために、できるだけ日当たりの良い場所を確保しようとします。小さい苔は日陰~半日陰を好み狭い場所で生きることができるので、樹の株元や幹、……

苔の増やし方と管理

私たちがよく目にする苔の姿は単相(n)の配偶体で雌雄があり、シダ植物と同じように世代交代を行います。雌株の造卵器で卵子、雄株の造精器で精子が作られ、雨などで水を……

コメント

M さん 2019年03月11日10時04分
こんにちは。たいへん参考になる記事ばかりで、困った時にいつも有難く読ませていただいています。
今回、うちの鉢に勝手に生えてきている苔の種類をハッキリさせたくて、お尋ねします。
この「盆栽に向いている苔」のページの一番上に掲載されている写真と、まったく同じ胞子体が出てきています。葉状体も同じ形なので、この写真の苔と同じ種類に間違いないと思います。
この苔は何という苔なのでしょうか。宜しくご教示ください。
キミ さん 2019年03月11日18時14分
M さんへ
いつもありがとうございます^^
トップ画像のは、ケヘチマゴケの胞子体だと思っています。
松五郎 さん 2019年03月24日22時48分
こんにちは。たいへん参考になる記事ばかりで、困った時にいつも有難く読ませていただいています。 盆栽にお勧めの苔,
4種類みました。Yahoo!のショッピングでさがしましたがみつかりませんでした。  どこで販売してますか良かったら教えてください。
きみ さん 2019年03月25日14時33分
松五郎 さん
いつもありがとうごじざいます!
ギンゴケはたまに園芸店やネットでも売っていますが、楽天とかyahooではみかけないですね。
このページに載せている苔は、買ったものではなくて勝手に生えているものです。
盆栽の数が増えて、適度に森化してくると苔も繁盛してきます。
わりと身近な所に生えているので、採取して増やすといいですよ

殺菌したものを一度天日干しして手で揉んで細かくして、赤玉の上に播いておくと増えます。風の強くない明るい日陰でたまに霧吹きするだけです。
0からだと何ヶ月と時間かかりますが、綺麗だし、乱獲(?)したくないし、いつでも使えるので自分で培養しています。
さと さん 2019年06月08日16時29分
いつも参考になる情報に感謝しています。
一つご相談させてください。
購入した盆栽に付いてきて、鉢を越えて周りに広がり始めた名前の分からない苔なのですが、見た目が青々しいからと庭に拡げて良いか心配しています。
乾いたコンクリートの上でも枯れないので、増え始めたらスギゴケなどを駆逐してしまうものでしょうか。
添付させていただく写真の植物の名称と手入れの上での留意点がありましたら、どうかご教授ください。
きみ さん 2019年06月08日17時14分
さとさんへ
写真のものは苔ではなくてセダムとかいう多肉の一種です。
マンネングサの仲間だと思います。
繁殖力はとても強いので、サボテンみたいに乾いていても平気なのでどんどん広がります。日なたカラッカラだとそこまで伸びません。
庭に使われたりは普通にするみたいなので、伸ばしたくないところはカットするなり手入れをすればそんなに悪いヤツではありません。
さと さん 2019年06月09日01時28分
ありがとうございます。
セダムという植物なのですね。
乾いた場所でも育ってくれるのなら有難いです。
スギゴケと共存出来るのかどうかは重要なので、しばらく様子を観てみたいと思います。
早速のご丁寧な返信に感謝しております。
この度はありがとうございました。

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求めつくばへ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 07 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 07 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。