キミの盆栽びより管理の基本芽摘み松柏類の芽摘み > 杉(スギ)の芽摘み

杉(スギ)の芽摘み

更新2018年05月23日

一位の芽摘み

杉は芽吹きが旺盛で、成長期の間は絶えず新芽が伸びてくるので小まめな芽摘みが必須です。

直立性の針葉樹なので、自然の姿を習って直幹を基本にした樹形に作る事が多いのですが、その樹形作りは芽摘みと不要枝の剪定作業が大部分を占めています。

芽摘みの時期と方法(5月下旬~9月)

作業の適期は5月下旬~9月頃。

成長期の間は絶えず新芽を出すので、毎日の水やりのついでに芽摘みをする習慣を付けておきましょう。

杉の芽摘み

杉の芽摘みは指で行うこと

作業自体はそう難しいことはなく、伸びる芽から順に摘むのが基本。

頂芽優性が強く上部の芽ほど強く伸びてくるので、強い芽は短めに、弱い枝や伸ばしたい枝はそのままか長めに残して芽摘みをします。

枝作り中のものは半分程残し、完成に近いものは1/3~1/4程残すくらいが目安です。

芽当たりがあればその手前で摘んだ方が確実ですが、間延びしている場合は芽当たりを無視して構いません。

ただし杉は金属に弱く、葉を鋏で傷付けてしまうとそこから赤く灼けが入って枯れ込むので、必ず指で摘むこと。

指で摘んでも多少の灼けは入ってしまうので、出来るだけ爪を立てず、片方の手で枝元を押えながら指の腹で挟んで1芽1芽引き抜くように摘みます。

芽摘みを怠って伸びすぎてしまった場合は鋏を使うしかありませんが、その場合も葉茎を切ること。枝に対して垂直に鋏を入れると葉を傷付けるので、葉先を斜めに入れて切ってください。

また、ある程度枝が出来たものなどはまだ芽が開かないうちに摘む方法もあります。

ですがこれを繰り返していると、摘む強さが単調になり枝先が団子状に固まったり、次第に樹勢が落ちてしまう原因にもなります。

他の樹種同様、新芽は一旦伸ばしたほうが勢いが付いて後の芽吹きもよくなるので、杉の場合も少し伸ばし気味にした頃がいいのです。

芽かき

杉は芽吹きが良いので枝作りのしやすい樹種ですが、単に芽摘みを繰り返しているだけでは枝が込み過ぎてしまい、内部の通風や採光が悪くなって枝枯れの原因になります。

特に八房性の杉は胴吹きも旺盛で、元をたどっても内部が見えない程になってしまうので、不要な芽は早めに掻き取っておいてください。

小枝の増えすぎたところは枝抜きをして内部をすかす必要もありますが、成長期の間は軽い剪定まで。太枝は芽出し前が適期です。

樹形のパターンが決まっている杉の仕立ては、芽摘みと剪定だけでほぼ完結するといってもいいくらい。

芽摘みのコツと剪定時期さえ守れば年数を増す毎に良い姿になっていきます。

関連ページ

杉(スギ)の魅力

「一位」という名前の由来は諸説ありますが、仁徳天皇の時代に正一位の貴人が持つ笏(しゃく)をイチイで作らせたことから一位と呼ぶようになったとい...

杉(スギ)の育て方

とても丈夫で、「枯らす方が難しい」などと冗談も出るほど作りやすい樹です。 日本各地の深山や朝鮮半島、中国に自生している植物で、寒さに強く材が固...

杉(スギ)の剪定

とても丈夫で、「枯らす方が難しい」などと冗談も出るほど作りやすい樹です。 日本各地の深山や朝鮮半島、中国に自生している植物で、寒さに強く材が固...

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動植物好きの猫飼いです。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンと一緒です。

ほとんど籠って盆栽いじってますが、盆栽教室やミニ盆栽屋「てのひら盆栽しんとう」も定期的に企画、出店しています。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 03 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 03 月号 [雑誌]
【特集ページ】今月号は「芽出し前にやっておきたいこと」として、私の作業を紹介させて頂きました。
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。