キミのミニ盆栽びより管理の基本芽摘み葉物類の芽摘み < 紅葉(モミジ)の芽摘み

紅葉(モミジ)の芽摘み

投稿日:2014/02/19 更新日:2020/04/09

モミジの芽摘み

モミジの春の手入れで最も重要な作業が芽摘みです。芽出しの時期には毎日のように新しい芽が伸びてきますから、丹念に芽摘みをして細かい枝作りを目指します。

ある程度形が出来たものから芽摘みを初め、小枝作りをすることになります。

春から伸びる芽の最初の節間をできるだけ短くするため、芽出しの期間はよく観察して芽摘みのタイミングを逃さないことが大事。

ただし抑制の効果が大きい芽摘みは、養成木の段階では必要に応じて行うことです。

特に最初の樹作り段階の木では、幹や枝を太らせるために芽摘みを控えて新梢を走らせ、芽おさえや曲付けで基本の模様を作っていきます。

芽摘みの方法

新芽の構造

紅葉の新芽

紅葉の新芽

モミジの新芽(稚児芽)の基部には、「芽鱗(ガリン)」と「托葉(タクヨウ)」と言われる部位があります。

芽鱗は冬芽を保護する硬い鱗を思わせる部位で、鱗片葉とも呼び、2対4枚付いています。

托葉は葉柄の基部に対になって付く2枚の葉状組織で、扁平で形は様々。稚児芽に比べて芽の中での成長が速く、未発達の稚児芽を保護する役割をもつといわれていて、稚児芽が生長するにつれ自然脱落します。

盆栽の世界ではこの2つを「ハカマ」と呼び、新芽の伸長を抑制するために除去することがあります(ハカマ取り)。

芽摘みの基本フォーム

芽摘みの基本フォームは稚児芽がまだ伸びきらないうちに成長点を摘む

よく知られる一般的な芽摘みは、稚児芽が托葉から出てきた段階で真ん中の成長点を指先やピンセットで摘み取る方法です。

芽摘みの時期が遅れると、大事な第1節目が伸びてしまうので、稚児芽が伸びないうちに芽を摘むことが大事です。

3月中旬頃から4月いっぱいまでは毎日のように新しい芽が伸びてきますから、伸びてきたものから丹念に芽摘みをしてください。

役枝として作りたい場合は、芽摘みはせず枝を伸ばして太さを得てから必要な長さで切り戻すか、アルミ線で芽おさえをして抑制をかけておくといいです。

幹太りを狙う場合は、犠牲枝(後に元から切り捨てる枝)として頂部の枝を伸ばしっぱなしにしておくとよく太りますが、太枝を切ると傷が目立つのでミニ盆栽の仕立てには向きません。

ハカマ取りで節間を短く

モミジの芽摘みは、第1節間をできるだけ短くするためにそのタイミングや方法がいろいろと試されています。

1番効果的な方法には、新芽がほころんでまだ稚児芽が出ていない状態で托葉や芽鱗を取り去る「ハカマ取り」。ハカマを取ることで、保護されていた芽元の細胞が紫外線や外気に晒され乾燥し、第一節間の伸長を抑制させる効果があります。

紅葉のハカマ取り

紅葉のハカマ取り

新梢の組織はとても柔らかく傷付きやすいので、精密な作業のできるピンセットを使って丁寧に行ってください。

ミニ盆栽の場合はできるだけ枝の節間を短くしたいので、ハカマ取りが重要な作業になりますが、特に芽鱗の部分は硬く取りにくいので無理はしないでおきましょう。

できるだけ早い段階でハカマ取りを済ませたいところですが、新芽がまだ堅いうちは作業中に芽を痛める危険があるので、稚児芽の先が托葉から少し顔を出したタイミングで行うと安心です。

稚児芽摘みと稚児葉刈り

ハカマ取りをした後は、稚児芽をピンセットで開いて成長点(真ん中の芽)を摘むのですが、更に抑制をかけるため片方の葉を取っておく方法(稚児葉刈り)もあります。

紅葉の芽摘みと稚児葉刈り

紅葉の芽摘みと稚児葉刈り

早くに出た芽から順次芽摘みをすることで弱い芽に力を回し、節間の詰まった繊細な枝の維持や、弱りやすいフトコロ枝の保護に繋げることができます。

芽鱗は硬くて小さい組織のため、慣れないうちは芽を傷付けてしまう可能性もあるので注意が要りますが、托葉は早い段階で取りやすいので、托葉の除去と稚児芽摘みだけでも一定の効果はあります。

また、托葉や芽鱗は取らずに稚児芽を全て取る「盲摘み(メクラツミ)」に似た方法もあり、どちらも新芽の伸びを抑え第1節目を短くする効果が期待できます。

ただし、樹勢の強いものは1回芽摘みをしたくらいでは効果は出にくいものです。特に紅葉の場合、新芽の伸長を抑えるために春肥を控え、梅雨明け頃から施肥を開始することが多いです。

培養方法はもちろん葉刈りや葉すかしなどの手入れも併せ、年数をかけて徐々に効果がでるものと考えてください。

また、この方法はいかに節の短い枝を作るかが大事な小さい盆栽では欠かせない作業ですが、その後の成長に悪い影響がでる場合もよくあります。

紅葉の場合はあまり芽摘みを数多くすると芽が伸びてこなくなるので、作りたいサイズや樹勢によって芽摘みの方法を決めてください。

関連ページ

モミジ(紅葉)の魅力

一般にモミジと言えばイロハモミジを指し、その名の由来は葉の裂片を「イロハニホヘト」と数えたことからその名前が付いたと言われています。盆栽でいうヤマモミジもほとん……

モミジ(紅葉)の育て方

モミジの仲間は山野の谷沿いや平地、低地の森林などの明るく風通しのいい場所を好みます。本来は好光性の樹木ですが、西日を嫌うため、夏場は強い日差しに直接当てない工夫……

モミジ(紅葉)の葉刈り・葉すかし

葉刈りの1番の目的は、2番芽を吹かせて小枝を増やすことです。多い枝葉を減らすことで内部への採光や風通しなどの培養環境がよくなり、フトコロ芽の活性や枯れやすい下枝……

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2021年 05 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2021年 05 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。2021年5月号では肥料特集を組ませて頂いてます。よろしければご一読ください。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。