キミの盆栽びより管理の基本剪定の基本樹種別の剪定花物類の剪定 > 梅(ウメ)の剪定

梅(ウメ)の剪定

「桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿」ということわざがあるように、梅や桜は剪定を間違うと著しく樹形が乱れ、盆栽仕立てのものなら致命的な問題になります。

どこを切っても芽が出る他の樹種と違い、梅は芽の持ち方が不均等なので不用意に剪定すると枝と枝の間隔が著しく離れてしまいます。

梅盆栽は所詮花を観賞するものですから、ある程度樹形作りが終わったものは花芽を多く付けさせることが課題です。

しかし、盆栽として長く樹姿を維持しながら花を楽しむためには、時には花を諦めて葉芽を育て、樹に力を付けることも大事です。

梅は花も大事ですが、樹姿の維持が難しい樹。それだけ剪定がとても重要な役割をしているので目的に応じた剪定のポイントを押えてください。

花後の剪定

梅の剪定は、落葉し枝が見えやすい花後(芽出し前)の年1回の剪定が基本です。

花が終わって芽がようやく動きだそうかとする2月から3月にかけてが適期。

厳寒地では少し遅めの4月頃に剪定する場合がありますが、これは葉芽が確認しやすく冬枯れのリスクも低くなるので初心者にもお勧めです。

基本的な剪定方法は、葉芽の位置を確認しながら若枝の2芽を残して切り詰めます。

梅の花後の剪定

【花後の剪定は葉芽を確認して2芽残しの剪定を】

芽の間隔が広い場合や樹勢の強い若枝などは1節残しの剪定をすることもありますが、芽が動かない場合もあるので基本2~3芽残しの剪定の方が安全。

枝は互生に伸びるので、枝同士が重ならないように芽の方向も考えながら全体の輪郭がコンパクトに収まるように考えて剪定してください。

春以降に伸びる枝の中で特に勢いよく伸びる徒長枝は短く切り詰めてもいいですが、必要な枝なら芽摘みや針金で伏せる(芽押え)などの方法も検討してください。

花芽を付けさせるための剪定

折りだめ(6月頃)

梅に花芽を付けさせるには、春から伸びる新梢を花芽分化期までに充分に充実させておく必要があります。

花芽をつけさせる方法としては、6月頃に伸びた枝を2~3芽のところで枝を折り曲げる折りだめがあります。

梅の折りだめ

勢いが強く太くなった枝や、折ると他の枝の日照を妨げる場合は、枝が倒れない程度にペンチなどで枝の組織をぎゅっと潰して水や栄養の通路を狭めます。

折りだめによって枝の成長は阻害されますが、残した葉の光合成は継続されるので枝が充実し、やがて折った部分から枝元までの間に花芽形成が促進されます。

折りだめすると姿は見苦しくなりますが、観賞前に剪定すればいいのです。

追い込み剪定法(4月~6月頃)

ある程度枝作りが終わって花を付けさせる段階の樹には、新梢を段階的に切り戻す追い込み剪定法が有効です。

やりかたは春から伸びる新梢の葉が5~6枚くらいになったら先端をとめ、次に伸びる2番芽もその新芽ごと先端の葉を剪定します。

花芽分化期までにこの作業を2~3回繰り返していると、最後の2番芽に花芽を分化させることができるようになります。

葉数を確保しながら徐々に枝元近くに2番芽を吹かせることで、樹勢を損なうことなく残した枝を充実したものに出来るというわけです。

折りだめも追い込み剪定法も、葉数を確保し樹勢を維持しながら枝の勢いを抑えることがポイントで、一気に短く切るよりもメリットが多く、桜や梅擬などの花物樹種にも応用できます。

だたし先端を止めただけでは2番芽が吹きにくかったり、品種により追い込みが出来ないものもありますから、花芽を持たせる方法の1つとして覚えておくといいでしょう。

葉芽を増やすための剪定

梅の盆栽では花を咲かせることも大事ですが、開花のために沢山のエネルギーを消耗してしまうので樹は次第に弱っていきます。

若木や養生中のものは、まず枝作りや樹勢の回復を第一に考え、花芽がついても早めに欠き取ってください。

樹形作りでは、まず葉芽を育てることが大事。

ですが前述したように、特に花の付きやすい品種では花芽ばかりできて葉芽がなかなか育ちません。

葉芽を持たせるための剪定

そんな時は、春から伸びた枝の葉が5~6枚くらいに達した5月中~6月頃に、枝元の葉2~3枚を葉刈りしておくとその基部についた芽は葉芽になります。

葉を残した枝先の方には花芽が付きますが、花を見る目的ではないので欠き取りましょう。

落葉後、葉刈りした2~3芽のところで剪定すれば小枝を増やすことができます。

梅の花柄摘み

ウメの花柄摘み

梅や桜などの花物類は、花が咲き終わったら花柄を取ることも大切な作業です。

特に完成樹では樹形や樹勢の維持が剪定の目的ですが、花をそのままにしていると結実し、樹に余計な負担をかけてしまいます。

そうならないように、花を観賞したら花柄を摘むことを忘れないようにしましょう。

梅の花がらは花弁が落ちても「しべ」や萼が付いたままの状態。花の付いている部分には将来枝となる葉芽もありますから、これを傷つけないように丁寧に指や鋏で柄の部分を切り取ってください。

また、この時はまだほとんどの樹は防寒保護している時期になりますが、花柄を取ったものに関しては剪定した後にすぐに屋外に出してください。

開いたばかりの新芽は寒害に弱いものです。室内に保護したままにしていると新芽はすぐに発芽してきますが、軟弱な新芽は霜に弱く、そのまま葉が展開せずにムロ出しのタイミングで枯れることがよくあります。

そうならないために、剪定後は外気に慣して発芽を遅らせるようにしましょう。

コメント

児玉 昭夫 さん 2018年03月18日07時49分
児玉と申します。横浜に住んでいます。どうぞ宜しくお願い致します。
キミコ様の”盆栽びより”は大変読み易く内容を参考にして手入れをしています。

甲州野梅(30年以上?)を2鉢持っていますが、なかなか花がつきません。
この品種は「植え替えせず、根をいじめないと花は着かない」など特殊性があるようですが
剪定など、どのようにすれば花が着きやすいのか、参考になることが有りましたら教えてください。
きみ さん 2018年03月18日16時29分
児玉さん
コメントありがとうございます。
花芽がほしい時の剪定法で知っていることは、このページで一応まとめているのでそれで分からないことがあったらまた聞いてください
といいつつ、わたしも30年経過したウメを数年前に譲り受けましたが、元の持ち主も花を見たことがないといってました。同じ品種でも毎年咲くやつもいますし
かなりの経験者でもわからんので、私にも???です。今年も咲きませんでしたが、いろいろ試しています。確かに根詰まり気味がいいとかも聞きますし、枝数が多過ぎるのも良くないと聞きますが、実際どうなんでしょうね。
樹齢にもよると思います。

世田谷区にいましたが、盆栽のための広い土地を求め移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りも楽しんでいます。

動物も好きで猫を飼っています。初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、新しい家族を迎えて仲良く暮らしています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 05 月号 [雑誌]
近代盆栽
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 05 月号 [雑誌]
盆栽世界
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。