キミの盆栽びより管理の基本芽摘み松柏類の芽摘み > 五葉松(ゴヨウマツ)の芽摘み

五葉松(ゴヨウマツ)の芽摘み

2018年05月09日

五葉松の芽摘み

五葉松は元々葉が短いので、短葉を目指した芽摘みというよりも枝の長さを調節したり、各枝の力の平均化を目的として行います。

芽摘みをしないと葉が混み過ぎてトラブルの原因になったり、枝の間延びや枝の強弱に差がでて樹姿を維持することが難しくなります。

他の松柏類に比べて成長が遅く胴吹きも弱い反面、1つの枝から複数の芽が出る性質があるので、芽数の調整も不可欠。

適期を逃すと枝の間延びの原因にもなるので、作業期間中は芽の状態を毎日観察して正しい芽摘みが出来るようになりましょう。

芽摘みの時期と方法

五葉松にはロウソク芽コンペイトウ芽という2種類の芽があり、ロウソク芽(ミドリ)は勢いよく伸びるのに対し、コンペイトウ芽はほとんど枝が伸びてきません。

樹勢の強い若木ではこのようなロウソク芽が一カ所から複数出ることが多く、樹勢の落ち着いた完成樹や老樹ではほとんどがコンペイトウ芽が出ます。

五葉松の新芽

五葉松のロウソク芽(左)とコンペイトウ芽(右)

五葉松の芽摘みは主にロウソク芽を適当な長さで摘む作業ですが、コンペイトウ芽も伸びに応じて芽摘みします。

五葉松の芽摘みの適期は、まだミドリが柔らかく指で摘める4月中旬~5月初旬にかけて。

新梢がほころびだして葉になるトゲの長さが2mm程に達した頃に、1/2~1/3程残して芽摘みをしてください。

強い芽ほど深めに摘むのが基本で、弱い芽や枝を長く伸ばしたい場合は長めに残すかそのままにしておいてください。

作業が遅くなると軸が固くなり鋏を使わざるを得なくなりますが、鋏を使うと切り口が赤く変色して見苦しくなってしまうので、適期を逃さないように注意してください。

芽摘みの時期が遅れてしまった場合は、5月~6月頃に中芽切りができます。

五葉松の芽処理

五葉松は「くるま枝」になりやすく、一カ所から複数の芽が出る性質があるので最初に芽数を整理する必要があります。

枝の強さによって出る芽の数は違いますが、基本は2芽残しの芽調整をします。

例えば芽が3つでた場合は真ん中の強い芽を元から摘み取り、両脇の2芽が伸びてきたら適当な長さを残して芽摘みしてください。

強い枝からは4~5つの芽を出す場合もあるので、弱い芽を2~3つ残して同じように芽摘みしましょう。

五葉松の芽摘み

弱い枝には芽が1つしか付かない場合もあるので少し伸ばしてから摘むかそのままにしておいてください。

五葉松の中芽切り(5月~6月)

五葉松の中芽切り

芽摘みが遅れたものは、5月~6月頃になって中芽切りができます。

やりかたは新梢の葉が開く直前、まだ葉先がすぼまっている状態の時に軸の途中で切り取ってください。

中芽切り

中芽切り後の状態

中芽切りは多少の枝の間延びは避けられませんが、ある程度枝に力を付けながら伸びを止めたい場合には有効な方法。

枝を伸ばしたい場合や、太さを得たい場合は敢えて時期を遅らせることがあり、芽摘みを補佐する意味で行うといいでしょう。

五葉松は黒松などのように2番芽が吹きにくいので普通芽切りはしないのですが、前年枝がそのまま放任状態になっているような素材で、秋からの肥培が充分なものも3月頃にも中芽切りができます。

八房系品種の芽摘み

八房五葉松の芽

八房種の芽(5月)
伸びてもこの程度で芽摘みの必要がない

「九重」「明星」の他、「那須娘」や「福娘」「葵」「茶臼」などの八房系の五葉松はミドリがほとんど伸びません。

伸びてもせいぜい数mm程なので芽摘みや剪定の必要もほとんどなく、何年経っても樹形が崩れないので小品盆栽向きの品種。

ただし芽吹き自体は旺盛なため、1カ所から多くの芽を出すものは芽数の整理が必要になる場合があります。

枝の強弱によって出る芽の数は違いますが、1箇所から4~5つの芽が出た場合は弱い芽を2~3個残して残りの芽は元から全て摘み取ってしまいましょう。

芽数の整理をしないと葉が混み生育に障害が出ますし、枝元がゴツくなって見た目がよくありません。

五葉松の古葉取り(7月~8月頃)

五葉松はなにもしなければ2年葉(古葉)や3年葉(古々葉)をつけたままの状態になります。

役目を終えたほとんどの古葉は秋になれば茶けて自然に落ちますが、盆栽として培養する以上、夏場の蒸れや風通し、採光の面を考えて早めに取り去っておいたほうが望ましいのです。

これを古葉取り(ふるはとり)といい、五葉松の他に黒松や赤松、錦松などにも行うことができます。

古葉取りは葉数を減らして通風や日照条件を改善する他に、樹勢を調整したりフトコロ芽を保護する狙いも。

適期は7月~8月頃で、新葉が固まりハカマに触れるとポロポロと落ちるようになったら順次行うことができます。

6月下旬から始める人もいればお盆過ぎからやる人もいるので、葉の混み具合を見て始めてください。

やりかたは一昨年に伸びた2年葉(古葉)や3年葉(古々葉)をハカマの部分を残してハサミで丁寧に切り取ります。ただし昨年葉を取ると樹勢を落とすことがあるので、下向きに出た葉や針金かけのための部分的な除去を除き、よほど葉が込んだ状態でなければ残しておいたほうが安心です。

1本ずつ指で引き抜くやり方もありますが、樹皮を傷付けることもあるので鋏が無難。胴吹き芽が欲しい場合は古葉を少し残しておくと芽を呼ぶことができます。

古葉取りはモミジのハカマ取りや葉すかしと同じ原理で、新梢への吸い上げが弱まる分、伸びが抑えられる効果があります。

五葉松の新葉取り(7月~8月)

五葉松の新葉取り

新葉が間延びしてボサボサになった状態

五葉松の古葉取りは仕立ての上で欠かせない作業ですが、逆に古葉を残して新梢の葉を取る方法もあります。

前年に古葉取りや葉すかし等の調整をしなかったものは、芽に勢いがついて葉が長くなってしまうことも。

芽摘みや古葉取りなどをきちんとやれば元の葉性に戻りますが、再び見られるようになるまで1~2年は要してしまいます。

このような場合に新葉取りをすると葉のバランスが即座に戻り、さらに翌年の葉が短くなる効果も期待できます。

五葉松の新葉取り

新葉取りの様子(左)と1ヶ月後の翌年芽(右)

時期は7月~8月頃。

新梢の葉が固まったらピンセットで長くなった新葉を全て抜き取ってしまいます。このとき古葉(昨年葉)も取ってしまうと樹勢が弱り枝枯れしてしまうので必ず残してください。

新葉取り後、一ヶ月もすれば抜いた跡に翌年芽が複数形成され、残した古葉の元部分にはところどころ胴吹きも見られるようになります。

新葉取りをしているうちは葉の更新がなく、繰り返しできる作業ではないので翌年からは通常の芽摘みや芽数の調整をしてください。

五葉松のもみあげ(10月~11月)

各枝をすっきりさせ全体の葉性をこんもりと充実させるために、秋になったらもみあげという作業を行うこともあります。

適期は10月~11月頃。

今年伸びた葉を先から半分ほど残して鋏で切り取ってしまいます。

黒松の芽切り後の葉すかしや葉抜きと同じ原理で、葉数を減らすことで翌年芽の力を抑える効果も期待できます。

関連ページ

五葉松の魅力

五葉松は「御用を待つ」という語呂から、仕事が舞い込む縁起物として祝いの席などに飾られました。 暑さや寒さに強く、柔らかい幹や枝は針金整枝にもよく耐...

五葉松の育て方

五葉松はマツ科の常緑針葉高木。 日本各地の高山に自生していて暑さ寒さにも強いマツです。 産地によっていろいろな品種があり、その気候風土にあった管...

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

世田谷区にいましたが、盆栽のための広い土地を求め移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りも楽しんでいます。

動物も好きで猫を飼っています。初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、新しい家族を迎えて仲良く暮らしています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 08 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 08 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。