キミの盆栽びより管理の基本 > 病害虫と対策

病害虫と対策

更新日:2019/08/05

盆栽の病害虫

街路樹や庭の生け垣に目をやると、葉が食べられていたり、白くなっていたり、縮れている樹を見かけます。

盆栽として作られている植物は丈夫で強健な樹種がほとんどですが、環境条件や樹の状態によって害虫や菌・ウィルス病が棚場全体に蔓延することがあります。

病害虫が発生しないよう、また発生しても大きな被害にならないように、対策と防除をしっかりしておきましょう。

1. 病害虫に強い樹種と弱い樹種

盆栽樹種の中には、病気や害虫が付きにくいものやついても大きな被害にならないものがあり、被害にあっても回復が早く致命的になることは希です。

反対に、一度病気や害虫が発生するといつまでもその対策に苦労するものもあります。

病害虫が発生しにくい樹種

一般的に病害虫に強いものは、生育旺盛な松や針葉樹などの松柏類や、雑木類などがあります。ただし、新芽には害虫や病気が付きやすいので春先や葉刈りの時期は注意しましょう。

黒松、錦松、五葉松、真柏、一位、合歓木(ネムノキ)、蔦、柿、縮緬葛、美男葛、銀杏、楓、ブナ、楢、四手類、山茱萸(サンシュユ)、満作、椿、唐種招霊(カラタネオガタマ)、木通(アケビ)など

病害虫が発生しやすい樹種

病害虫が比較的発生しやすい樹種には、葉の組織が柔らかい葉物類や水分の多い花物実物類などがあり、一度病気になると回復が難しく枯れてしまうこともあります。

躑躅や皐月、モミジ、桜、柑橘類、藤、木瓜(ボケ)、長寿梅、山査子(サンザシ)、百日紅(サルスベリ)、薔薇、下野(シモツケ)、石榴(ザクロ)、空木(ウツギ)、葉の柔らかい山野草など

2. 感染経路と要因

全ての病害虫には一定の生活環があり、一般に気温が高くて降雨量の多い5月から夏場にかけてと少し涼しくなる秋9月~10月頃の長い間に発生します。

その感染経路は、害虫の場合は主に飛来によるもの。病気の場合は空気感染や土壌感染、種子感染の他、傷口からの感染や害虫を媒介にした伝染があり、害虫の唾液や排泄物などによる二次被害が深刻になります。

害虫による被害は葉の食害など見つけやすいもの以外にも、幹に潜り込んで樹液を吸ったり根を食害するものもいるので調子の悪い樹はまず葉裏や根の状態を気にしましょう。

盆樹に発生する主な害虫には、アブラムシや葉ダニ、グンバイムシ(躑躅、皐月)、スズメガの幼虫(柑橘類)、スリップス(アザミウマ)の成虫幼虫などがあります。

ウィルスや細菌、糸状菌(カビ)などは目に見える被害がなくとも菌糸等の状態で潜伏している可能性があります。

代表的なものにはスス病や葉縮れ病、うどん粉病など葉に異常を来すものや、腐爛病や根頭癌腫病など幹や根に障害がでるものがありますが、原因の特定が難しいものも多く未然の防除が求められます。

病害虫発生の3要因

病害発生の3要因

病害虫による被害は、病害虫そのもの(主因)に、病害虫にとって好適な環境条件(誘因)と、対象植物の性質・状態(素因)が重なることによって発症します。

主因となる害虫や菌がいても、繁殖に適した気温や湿度条件が揃っていなかったり、寄生する植物の性質が病害虫にとって好ましくなければ大きな被害にはならないのです。

まずは主因となる病害虫を近づけないこと、感染経路を絶つこと、そして病害虫が発生しにくい棚場環境の整備と、被害が深刻化しないような健康な樹の培養が大事です。

3. 病気にならないために

病害の防除は、病害生物の生活環を断ち切り、新たな侵入を許さないことが基本。

ウィルス性の病気は害虫の排泄物や環境悪化により発生する事がほとんどなので、まずは棚場の環境を最善に整え、定期的な薬剤の使用で害虫の被害を未然に防ぐことが第一であると考えます。

培養環境を整える

病害虫は冬の間は活動が鈍くなるものの、年間を通じて潜伏している可能性があり、灌水や施肥、植え替え後の管理不足などで樹勢を弱らせてしまうと被害が拡大していまします。

また、風通しの悪い環境に置いたり、水はけの悪い用土で樹を育てていると病害虫が発生しやすく、発見が遅れて被害も大きくなってしまいます。

害虫は弱った樹を好んで食害すると言われていて、植物自体から発せられる防御遺伝子(エチレンやジャスモン酸等)が病害虫を寄せ付けているのではないかとも考えられています。

日頃から元気な状態を維持できるように、肥培管理はもちろん樹の配置には余裕を取って、風通しと日当たりのいい棚場作りを心がけてください。

また、毎日の水やりと一緒に葉裏や鉢底、幹の汚れやゴミなどを掃除する習慣を付ければ、病変を早期に発見できるので被害の拡大を防ぐことに繋がります。

侵入経路を作らない

病気を引き起こす原因となる病原菌は、植物組織上で繁殖し周りの葉や株に蔓延します。

また、接木の際に使う穂木や、剪定で出来た傷口や強風による折損跡も病原菌の侵入経路になり得ます。太枝を切った場合は必ず保護剤を塗るなど、細菌が侵入する可能性を少しでも無くす努力も大切です。

植物を新しく入手する時には、葉や根の状態をよく観察し病気にかかっていない健全な株を選び、棚に上げる前には殺菌殺虫剤を散布するようにしましょう。

入手した樹は、できればすぐに植え替えをしてください。古い用土の中に害虫や病原菌がいると、他の鉢にも感染する可能性があるので一度曝いて状態を確認したいのです。

植え替えの適期を過ぎているものは、根洗いだけでも構いません。水圧で古い土を洗い飛ばして、使い慣れた配合の清潔な用土で管理できればトラブルが発生しにくくなります。

人間の風邪予防と同じで、原因となるものの侵入をできるだけなくして被害を未然に防ぐことが第一です。

定期的な薬剤散布をする

病害虫がついてもついていなくても、定期的な薬剤の散布は「予防」の意味で必ずやっておきたいところ。

特に病害虫が発生しやすい時期には、殺虫剤と殺菌剤を月に2回は散布できるように準備していたほうが安心です。

冬の間は活動が弱まるとはいえ、害虫や病原菌は植物組織上に残っている可能性があり、「ムロ」の中で快適に越冬出来てしまいます。

そのため、盆栽の世界では冬期の薬剤散布も最低2回は必須で、ムロ入れ前と寒中に石灰硫黄合剤やサンヨールなどの殺菌殺虫剤が使われます。

つまり、薬剤の散布は一年を通じて行う作業。

日頃の管理を工夫することで頻度を減らすことは出来ますが、定期的な薬剤使用は必ず必要であると心得ておきましょう。

盆栽の病害虫に効く薬剤

薬剤の種類や効き目はそれぞれで、殺虫効果や殺菌効果のあるものや、その両方を備えた混合剤があります。害虫や病原菌は薬剤への耐性を持つことがあるので、殺菌剤でも有効……

4. 主な病害虫と症例

盆栽の主な害虫

盆樹に害を及ぼす害虫は、春から秋までに発生し成長期の盆栽に悪影響を来します。害虫も種類によって葉を食べるものや幹を食害・寄生するもの、樹液を吸うものなどいろんな……

盆栽の主な病気

樹全体を侵すような病気はウィルス性のものがほとんどで、土壌中や宿主(害虫)の体内で繁殖したものが樹に感染します。感染経路は様々ですが、一般に吸収口を持つ害虫によ……

コメント

ルパン さん 2016年11月30日19時12分
こんにちわ。
サツキがどうやらグンバイ虫にやられ、オルトランを数回散布しましたが
全部の葉が茶色になり落葉始めました。花芽はいくつか確認できています。
今後の注意点を教えてください。
このまま枯れてしまうことはありますか。
盆栽はマンションの9階、ベランダに置いています。
アドバイスよろしくお願いします。
きみ さん 2016年12月01日10時16分
ルパンさん
サツキはオルトラン粒剤を使いすぎるとよくない気がします。ちなみに長寿梅もオルトランは使わない方がいいと聞きました。
去年は石灰硫黄合剤を散布して退治したのですが、今年オルトランを使ったものがあっというまに枯れてしまいました。一度水切れさせてしまい弱っていたのも原因だと思いますけど...
花芽が生きていれば枯れないと思いますよ。
根詰まりや水切れなど他の原因もあるかもしれないので、ハッキリわかりません。鉢を緩めて寒さ冬の保護をしておいて様子みたらどうですか
ルパン さん 2016年12月02日18時38分
わかりました、ありがとうございました。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 09 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。