キミのミニ盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類実物類の仲間 > 木通(アケビ)の魅力

木通(アケビ)の魅力

アケビ

木通(アケビ)はアケビ科アケビ属の蔓性落葉低木。

北海道を除く日本各地に山野の雑木林に自生しています。

アケビの名前の由来は、実が熟すと割れて中が見える様子から「開け実」、「開けムベ」、色から「朱実」など諸説あります。

春の新芽は山菜に、秋の果実はデザートに、蔓はかごなど工芸品の材料にと、古くから日本人に親しみ深い樹です。

雌雄同株ですが雌雄異花で、雌花は萼(ガク)が淡紫色、雄は白色なので見分けが付きます。

同じ仲間に三つ葉木通(ミツバアケビ)や、常緑で実が裂開しないトキワアケビ(ムベ)があります。

一才性の品種もあるので、挿木や取木してすぐに花や実を鑑賞することができます。

アケビの特徴

アケビの花(4月~5月)

アケビの雌花は3枚の萼が淡紫色をしていて、中柱(先端部分)にはバナナの果実のような6~9本の雄しべが放射状に伸び、その先には粘着性の蜜がついています。

アケビの花

アケビの雌花(左)と雄花(右)

これは雌花が雄花に擬態して雄花の花粉を目当てに飛来する昆虫を甘い蜜で呼び寄せ、受粉を成功させているのではないかと考えられています。

雄花は白い萼が3枚ついていて、花の中央部にはミカンの果肉のような紫色の雄しべが房状についています。

白花アケビ

白花アケビ

地植えの樹では実成りがよくても、盆栽仕立てのアケビは自家受精しにくい性質があるので、違う種類のアケビで人工交配させる必要があります。

萼の白い「白花アケビ」を交配用に持っておくといいです。

アケビの葉

アケビの葉

アケビの葉

アケビの葉は複葉で、5つの楕円形の小葉が拳状に付きます。

ミツバアケビは小葉が3つで、耐寒性が強く北海道にも自生しています。

葉の出方は互生で、蔓状の茎は他物に巻き付き、古くなると木質化していきます。

アケビの実(9月~10月)

アケビの実

受粉に成功した雌しべは秋には熟して淡紫色の果実になります。

大きさは3cmから大きいものでは10cmくらいで、成熟すると果皮が裂開して中から仮種皮に包まれた果肉が顔を出します。

果肉は甘く、中には沢山の黒い種子が入っていて、実生で増やすことができます。

果肉部分は野鳥が好んで食べにくるので、鳥除けの工夫が必要です。

アケビの繁殖法

アケビの種木は実生の他、挿木や取木でもよく増えます。

一才性のものは挿木や取木後1~2年で花を見ることができます。

アケビの主な樹形

斜幹、模様木、懸崖などの樹形に仕立てされることが多いです。

蔓をあまり長くしてしまうと枝や幹に絡んでしまい害虫がつきやすくなってしまいますから、そうならないうちに芽摘みをします。

仕立て途中のものなどは枝を作るために、一度枝を長く伸ばしてから切り戻す必要があります。

小さい盆栽は果実の大きさとのバランスを考え、樹形や個数を調整します。

アケビの日頃の管理

置き場所

日当たりと風通しのいい場所に置きます。

夏の強い日差しにあたると葉焼けを起こしやすい樹種なので、特に西日には当たらないようにします。

新芽は霜にも弱いので、冬は保護が必要です。

用土

赤玉土を単用します。

灌水

水を好みますので、たっぷり灌水します。

春は1日1~2回、夏場は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安としてください。

花に直接水がかからないようにしてください。

肥料

肥料を好むのでしっかり効かせます。

4月~6月と、9月~11月の間に月1回、油かすなどの固形肥料を与えます。

開花~受粉後は中止し、実が肥大しはじめたら再開します。

病気・害虫

ヤガ類の幼虫、アブラムシなどに注意します。

                                                   

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 06 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 06 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より連載の「キミのMonthlyお手入れ講座」が始まりました。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。