キミの盆栽びより盆栽の育て方葉物類の育て方 > 縮緬葛(チリメンカズラ)の育て方

縮緬葛(チリメンカズラ)の育て方

更新日2018/06/11

縮緬葛の育て方

縮緬葛の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
成長期
 
 
 
 
 
 
紅黄葉
 
休眠期
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰
 
 
日なた 
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1~2/日
 
2~3/日
 
 
 
1~2/日
 
 
1/2~3日
施 肥
置き肥
 
 
 
 
 
 
剪定
 
 
 
 
針金かけ    
 
 
 
 
 
植え替え
 
 
葉刈り
 
 
 
 
 

縮緬葛の性質

縮緬葛はキョウチクトウ科テイカカズラ属の常緑つる性低木。

暖地性の植物で、照りのある細かい葉の新緑や紅葉が美しく、古色を帯びた幹も魅力です。

矮性種なので太りが遅く完成まで年月を要しますが、丈夫で萌芽力が強く、作りがいのある樹種。

細枝を挿木してもほぼ100%根付き、繁殖も容易です。

縮緬葛の管理場所

日当たりと風通しのよい場所で育てます。

縮緬葛は暖地性の植物で日照を好みますが、陰樹の特性があるので強い日差しには直接当てないほうがいいです。

特に植え替えしたものは9月いっぱいまでは半日陰で管理してください。

寒さに弱いので冬の乾風や霜に当たらないように保護が必要です。

縮緬葛の灌水

乾燥には比較的強い方ですが、水を好むので特に夏場は水切れには注意してください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

ただし過水になると葉が大きくなるので、乾いたのを確認してから水やりするよう心がけてください。

縮緬葛の施肥

肥料を好むのでしっかり施します。

縮緬葛は枝数を増やすために芽摘みや刈り込みを繰り返すので、肥料を効かせて樹勢を維持させる必要があります。

冬の休眠期や真夏は中止しますが、生育期間中は継続して充分に与えて下さい。

特に秋肥をしっかり効かせて力を付け、春からの手入れに備えておきましょう。

縮緬葛の作り方

縮緬葛の樹形作りはとにかく小枝を増やすことです。

萌芽力が旺盛なのでかなり強く刈り込んでも芽が吹いてきますから、思い切った切り込みができます。

矮性種なので太りは遅いですが、最初に幹模様を付けておいてじっくり作る楽しみがあります。

剪定(5月中旬~6月、8月~9月)

縮緬葛のような蔓性の樹種は、枝(蔓)を伸ばしても基部ばかり太くなるだけで幹は太りません。伸びたからとあまりこまめな刈り込みはしないで、伸ばしては刈り込むを繰り返すようにします。

暖地性の植物なので、蔓が少し伸びて力がつく5月中旬~6月に1回目の剪定をしてください。

縮緬葛は枝が混み合いますから、剪定は全体の輪郭を意識してバリカン刈りの要領で強く切り込みます。

このとき樹冠の輪郭や棚を意識しながら大胆に刈り込み、不要枝は元から切り詰めてください。剪定の後は葉刈り(葉すかし)をして全体の葉量を調整します。

また、縮緬葛は太枝を剪定すると傷口が盛り上がってなかなか元に戻りません。やむを得ず太枝を抜く場合は深めに削り、必ず保護剤を塗ってください。

剪定後に強く伸びる蔓は、それ以上伸びないように先端を摘んでおいてください。

葉刈り(5月中旬~6月、8月~9月)

全体を粗く刈り込んだら、輪郭線に沿って細かい枝先を綺麗に詰め直し、同時に葉刈り(葉すかし)も行いましょう。

単に剪定しただけでは、残した枝の先端から2番芽が伸びてくるだけなので、内部の葉をすかしてフトコロ芽を動かす必要があります。

葉がない枝はそのままですが、葉の多い外側の枝は先端の葉を1枚残して残りは全て切除しましょう。

葉刈り後は肥料をいったん取り除き、10日ほど経ってから再び肥料を置いてください。

2番芽もすぐに伸びてきますが、あまり細かい剪定はせず、8月中旬~9月頃に2度目の剪定と葉刈りを行ってください。

針金かけ(5月~9月)

基本的には苗木のうちに幹元を思い切ってねじっておいて幹模様を付け、その後は枝数を増やすことで樹形作りをします。

時期に決まりはありませんが、剪定や葉刈り後の方が作業がしやすいです。

冬の強い針金かけは避けてください。

あまりいい曲の種木が見つかることは少ないですが、シンパクのような複雑な曲も似合うので、挿木した素材を思い切って曲げておきじっくり作って楽しみます。

植替え(5月~6月)

暖地性の植物ですから、あまり早い時期に植え替えをしてしまうと芽出しが遅れる可能性があります。

時期は春よりも初夏がよく、外気温が上がるゴールデンウィーク頃から可能です。

ただし葉刈りと同時に植え替えすると調子を悪くする事があるので、春に葉刈りしたものは2週間ほど様子をみて芽が動き始めたのを確認してから植え替えてください。

大きなものは2~3年に1回でいいですが根の回りが早いので、小さいものは毎年植え替えをします。鉢土が盛り上がってきたり根から気根が出始めたら植え替えの目安です。

ただし古樹では植え替えで枯れることがあるので、あまり強い根処理はしないで古土を更新する程度にしておいてください。

苗木のうちは幹を太らせることが大事ですから、欲しい太さまでは根の整理はせず徐々に一回り大きな鉢に移して、剪定や葉刈りを繰り返します。

駄鉢で数年培養し、ある程度木作りができたものは、適期に根を1/2~1/3くらいまで整理してください。

関連ページ

縮緬葛(チリメンカズラ)の魅力

縮緬葛(チリメンカズラ)はキョウチクトウ科テイカカズラ属の常緑つる性低木。 細かい枝の作りや照りのある小葉、紅葉の美しさが特徴で、江戸時代から人気の古典園芸種の1つで...

コメント

ヒョウ さん 2020年05月13日13時43分
きみこさん

いつも拝読させていただきます。

縮緬カズラは、あまり花咲くの見た事がありませんが、花咲かせるコツってありますか。

紅葉を楽しむ品種ですが、どんな花咲くだろうか、ちょっと気になって質問させていただきます。

よろしくお願いします。
きみ さん 2020年05月13日14時09分
ヒョウ さんへ

着眼点がすごいですね

チリメンの重要な手入れ(刈り込みや葉刈り)は花芽分化の時期が適期なので、「盆栽」にしようとすれば花は咲かないですよね
花咲かせたいなら今時期に一度刈り込んで、そのあと伸ばしっぱなしにしないとですが、かなりぼっさぼさになりますし、古さも必要ですから絶対咲くともいえません。
花が咲きやすいとか、性もあると思います。

矮性種なのでもともと花も付きにくいと思いますが、原種の定家葛のような花が咲きます。
ヒョウ さん 2020年05月14日00時40分
きみこさん

返信ありがとうございました。

なるほど、矮性種だからあまり花も咲きにくいですね。

別にタネで繁殖することに依存しないから花咲かなくてもだと勝手に
思ってました。

ちょっと話変わりますが、竹は花咲いたあと枯れると聞いたことがあります。縮緬葛はそうはならないでほしいですね。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 10 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 10 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。