キミのミニ盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類葉物類の仲間 > 縮緬葛(チリメンカズラ)の魅力

縮緬葛(チリメンカズラ)の魅力

更新日2018年06月11日

縮緬葛(チリメンカズラ)

縮緬葛(チリメンカズラ)はキョウチクトウ科テイカカズラ属の常緑つる性低木。

細かい枝の作りや照りのある小葉、紅葉の美しさが特徴で、江戸時代から人気の古典園芸種の1つです。

矮性種なので太りが遅く、完成まで年月を要しますが丈夫で萌芽力が強く作りがいのある樹種です。

暖地性の樹種なので寒さに弱く、冬の管理や植え替え時期に注意が必要です。

縮緬葛の特徴

縮緬葛と定家葛

定家葛

縮緬葛は定家葛(朝鮮定家葛)の矮性種です。

定家葛は古名を「マサキノカズラ」といい、現名の由来は「式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女に執心し続けついに葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説」に基づくもの。

定家葛は花も咲く種類で、花期は5月~9月頃。最初の開花のあと、いったんは花が終わりますがその後に伸びる蔓の先に再び花が咲き始めます。

白黄色の他、薄ピンクの種類もありプロペラのような形の花がかわいいですが、有毒植物です。

縮緬葛の葉性

矮性種の縮緬葛は花は咲きませんが、細かい枝葉や紅葉、持ち込む程に増す幹肌の古色感が魅力で古くから盆栽にして親しまれています。

成長が遅く、幹や枝が太り難いですが幹肌は持ち込む程に古色を帯び、強剪定でもよく芽吹く性質があります。

葉色は深緑色の青葉性や、やや黄緑がかった黄葉性の他、斑入りの「初雪カズラ」なども人気。

葉の形も細長いものや丸味のあるものなど違いがあり「細葉チリメン」「丸葉チリメン」などと呼ばれています。

縮緬葛の葉

縮緬葛の繁殖法

発根しやすいので取木や挿木が容易。

細枝を挿しても発根するので数本を束ねて挿し、全体にふわっと広がった叢生(そうせい)樹形に仕立てても良いです。

縮緬葛の主な樹形

模様木、斜幹、双幹、株立ち、石付きなどいろんな樹形に作ることができます。

関連ページ

縮緬葛(チリメンカズラ)の育て方

縮緬葛は暖地性の植物で日照を好みますが、陰樹の特性があるので強い日差しには直接当てないほうがいいです。 特に植え替えしたものは9月いっぱいまでは半日陰で...

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 10 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 10 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。