キミのミニ盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類松柏類の仲間 > 黒松(クロマツ)の魅力

黒松(クロマツ)の魅力

黒松

黒松(クロマツ)はマツ科の常緑針葉高木で、元は北海道を除く日本の沿岸沿いに自生していたものが全国に植林され自生化しています。

日本と朝鮮半島が原産で、塩害に負けず暑さや寒さにも強いクロマツは「男松」「雄松(オマツ)」とも呼ばれ、樹皮や葉が固く剛健な印象。

日本では古くから神社や寺のご神木として崇められてきた樹で、格式高い樹として盆栽の席飾りでも主木として配されます。

環境の変化に対する適応力があり大気汚染に弱い赤松よりも数多く作られています。

各地にいろいろな地方種があり、中でも愛知県岡崎市の三河黒松は葉が短く丈夫で幹が樹高に対して太く、幹肌の荒れ方もよいとして人気です。

クロマツの特徴

クロマツを始めとするマツ類の特徴はなんと言っても固くて細長い葉です。

中でもクロマツの葉は固く、短葉法(芽摘みや芽切り、芽かき、葉すかしなど)で短く締った葉組みを作ることで、より盆栽としての見た目もよく全体にバランスの取れたものになります。

クロマツの新芽(ミドリ)

クロマツのミドリ

クロマツのミドリ:4月初旬頃(東京)

クロマツの新芽は4月~5月頃になると伸びてきます。

マツの新芽はミドリと言われ、白い産毛のような鱗片で覆われたつくしの様な形状をしています。

マツ類の1年間に伸びる枝の長さは、このミドリが伸び始める時期にはもう決まっています。

ミドリを伸ばしたままだと枝が間延びして樹形が乱れてしまいますから、ミドリの状態のうちに適当な長さで芽摘みをする必要があります。

クロマツの幹

クロマツの幹

クロマツの幹

クロマツの荒々しい幹肌は木に古木感や大木感を与えます。

特にクロマツは幹が古くなるのが早いので盆栽樹種として好まれます。

成長が遅いので樹形は崩れにくいですが、その反面一度大きな剪定跡を残すと治りにくく、傷の位置によっては盆栽としての観賞価値を著しく悪くしてしまいます。

不要枝や忌み枝は傷が小さいうちに処理できるように、仕立ての段階で早いうちに整理されます。

クロマツの繁殖法

クロマツの実生

クロマツの実生:5月初旬頃(東京)

クロマツの種木は主に実生で作られています。

春に撒けば10日ほどで発芽しますから、数年は寄せ植えなどで楽しむことができます。

挿木や取木も可能ですが発根の難しい系統があり実生ほど作られていません。

昔は山取りが多く行われていましたが、環境保全の観点から難しくなってきました。

現在は実生の種木が多く、実生苗を山や畑で栽培し太らせたものが市場に出ています。

クロマツの主な樹形

クロマツは樹勢が強く、針金整枝にも良く耐えるのでいろいろな樹形に仕立てることができます。

主な樹形は直幹や斜幹、模様木、懸崖、半懸崖、石付き、吹き流し、文人作りなどです。

系統によりますが取木や接ぎ木もできるので改作も可能です。

どの樹形でも、クロマツの特徴を活かした力強い感じを持たせるような姿作りが似合います。

病気・害虫

クロマツは病気や害虫には強いですが、樹勢が弱っているものはハダニが付いたり、葉ふるい病にかかることがあります。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 10 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 10 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。