キミの盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類花物類の仲間 >椿(ツバキ)の魅力

椿(ツバキ)の魅力

椿の盆栽

椿(ツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑性小高木。雌雄同株(雌雄同花)。

東アジア原産で、日本ではもともと太平洋側に自生していた暖地性の植物ですが、寒地にも適応し全国で変種や亜種が自生しています。

照葉樹林の代表的な樹種で、ツバキの名は「艶葉木」から転じたもの。茶席の花として親しまれ盆栽樹種としての歴史も古い樹です。

自生地にもよりますが寒さには比較的強く、真冬から咲かせる鮮やかな花や、形の整った常緑の照葉には長寿と再生の願いが託され、古から日本人に愛されてきたことがうかがえます。

成長が遅く、実生から花が咲くまで10年はかかるともいわれていますが、滑らかな樹皮や厚みのある艶やかな葉だけでも見応えがあり、寿命が長いのでじっくり育てて楽しめる樹種です。

椿の特徴

豊富な椿の品種

藪椿

藪椿の花

「椿」というのは多くの園芸品種や変種や亜種の総称で、本州から沖縄に自生している藪椿(ヤブツバキ)がその原種です。

藪椿は日本に自生する代表的な椿で自生地での樹高は6m~8m、海岸近くから山地まで幅広い標高や気温などの環境に適応し、変種や亜種が数多く存在します。

もともと日本の太平洋側に分布していた藪椿が、東北から北陸地方の日本海側の多雪地帯に適応した亜種に雪椿(ユキツバキ)があり、藪椿とともに多くの園芸種の母種になっています。

椿は赤花系や白花系、絞りや咲き分け、さらにそれらの一重咲きや八重咲き品種を含めると日本国内だけで2000種類を超える品種があります。

茶の木や山茶花との交配種も多く、経験者でも一目で何の品種か分からない程ですが、詳しくなくてもそれが椿であることはなんとなく分かると思います。

その特徴は、第一に雄しべの形状。花糸(雄しべ)の下半分くらいがくっついた状態で、花弁はほとんど平開しないカップ状が多いです。

同属の山茶花と花がよく似ていますが、花弁の開き方【椿はカップ状/サザンカは平開】や散り方【椿は花丸ごと落花/サザンカは花弁1枚ずつ落花】、子房や葉柄(ようへい)毛の有無【椿には毛がないがサザンカにはある】などに違いがあります。

赤花系

一重咲きには、原種の「藪椿」や藪椿の亜種である「雪椿」をはじめ、中国原産種の西南山椿に藪椿を掛け合わせた「太郎冠者(たろうかじゃ)」、出雲大社周辺の藪椿の選抜種「出雲大社」、人気の園芸品種「」。
筒咲き極小輪詫助系には暗紅花の「紺詫助(こんわびすけ)」、ピンク花の「紅詫助(べにわびすけ)」、白詫助の枝変り品種で淡い紅色の「雛詫助(ひなわびすけ)」、岡山で発見された詫助系品種「吉備(きび)」。出雲大社と姫山茶花の交配種「出雲香(いずもかおり)」など

八重咲きには、濃い赤色の「黒椿」、茶の木との自然交配種である「炉開き」、山茶花(さざんか)との交配種「寒椿」、「春曙紅(しゅんしょっこう)」などがあります。

出雲香と炉開き

出雲香(左)と炉開き(右)

白花系

白詫助

白詫助

一重咲きには、久留米で発見された筒咲き極小輪の「一休(いっきゅう)」、松江市自生種の選抜種「雪舟(せきしゅう)」、変り葉で先端が3裂する「梵天白(ぼんてんしろ)」など

八重咲きには、「白詫助(しろわびすけ)」や、雪椿の矮性品種「姫白雪」、外国産品種の「シナモンシンディ」など

絞り・咲き分けなど

春日山

春日山

白地にピンクの縦絞り模様の入った「尾張五色椿(おわりごしきつばき)」、筒咲きで桃色地にぼかしの入った「西王母(せいおうぼ)」、朱色地に白の絞りの入った「春日山」、球咲きで白~桃色地に紅い吹掛け模様の「玉霞(たまがすみ)」、姫山茶花との交配種で桃色地に底白ぼかしの入った「港の曙」、濃紅地に白の覆輪模様の「玉之浦(たまのうら)」、中国産の品種で黄色花の希少種「金花茶(きんかちゃ)」など

盆栽には小輪~中輪のものが人気で、藪椿や雪椿の他、太郎冠者や出雲大社、曙、炉開き、匂い椿、詫助系品種などをよく見ます。他の品種でも好きなものがあれば是非盆栽仕立てにして楽しんでください。

椿の葉

椿の葉

椿の葉

椿の葉は硬くてやや厚みがあり、表面は照葉の卵形。縁は細かい鋸歯状です。

新葉は柔らかくやや黄色味かかり、古くなると艶のある鮮やかな緑~濃緑色になります。

葉の付き方は互生で、新梢の頂部(先端や葉腋)には丸みのある大きな花芽が付き、葉芽はタケノコのような尖った形で花芽や葉柄の腋に付きます。

病害虫にも強いですが、たまに炭疽病やチャドクガが付くことがあります。大きな被害に成る前に病葉はすぐに取り去ってください。

錦魚葉椿と梵天葉椿の葉

錦魚葉椿(左)と梵天葉椿(右)の葉

椿は花だけでなく、葉の色形も多様です。

江戸時代には愛好家によって葉の突然変異株が発見され、愛好家や業者の間で今も愛培されています。

面白いものは、葉先が金魚の尾のように3つに分れた「錦魚葉(きんぎょば)椿」や、錦魚葉の葉のくびれが著しく主脈だけで繋がる「梵天葉(ぼんてんば)椿」。丸葉や斑入り、葉の中央がへこんだ盃葉などもあります。

椿の主な樹形

斜幹、双幹、模様木、石付き、懸崖など様々な樹形に作られています。

椿は幹模様も見せ所なので、優しい吹き流しや文人風にして花を少なめに付けてもよく合います。

若枝は勢いがあり、真っ直ぐ伸びてくるので若いうちに針金などで形を作っておく必要があります。

椿の繁殖法

椿は発根がよく、新しい枝を一芽挿しても根付いてしまいます。

繁殖ではこのような挿木や取木で作られたものが主流ですが、実生も楽しめます。

関連ページ

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

世田谷区にいましたが、盆栽のための広い土地を求め移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りも楽しんでいます。

動物も好きで猫を飼っています。初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、新しい家族を迎えて仲良く暮らしています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 06 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 06 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。