キミの盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類花物類の仲間 > 長寿梅(チョウジュバイ)の魅力

長寿梅(チョウジュバイ)の魅力

長寿梅

長寿梅(チョウジュバイ)はバラ科ボケ属の落葉低木。

盆栽で使うボケ属の仲間には2系統があり、花が大きく枝打ちが荒い唐ボケ系の「木瓜(ボケ)」と、草ボケ系の「長寿梅」があります。

四季咲きで花期が長く、梅のような花が咲くことから「長寿」「梅」という縁起のいい名前が付けられていますが、長寿梅という名前は図鑑にはなく、日本原産の草ボケ(シドミ)の変種(矮性種)とされています。

太りにくい事に加えて、花や葉が小さく細かい枝が多く出るので、よく枝の出来たものは落葉後の姿も観賞します。

長寿梅の特徴

1号性と2号性

長寿梅には1号性種と呼ばれる普通種と2号性種があります。

1号性種は特に小葉で花色の濃いものを選別し挿木で増やしたもの。太りは遅いですが、小葉で枝も細かく密に作ることができるので小品向きの品種です。

対して2号性種は太りが早く、花も大きく色は薄め。枝打ちが粗く原種の草ボケの性質が強く出ています。

1号性種は挿木繁殖が主ですが原種の性質も強く残しているので、実生した場合はほぼ2号性になります。

2号性は太りがはやい特性から一部では台木としての活用もなされていますが、その流通は減少傾向にあります。

長寿梅の葉

チョウジュバイの葉

葉の付き方は互生ですが、一カ所から複数の葉が出る束生の性質もあり、形はヘラ型。

小葉で柄は短く、縁は細かい鋸歯になっています。

色は通常、緑~濃緑。芽吹き頃の組織は柔らかいですが、5月頃には固まってきます。

落葉樹なので秋から冬の間は寒樹になりますが、生育期の間も花後など年に数回黄変して落葉し、またすぐに芽吹くを繰り返します。

暖かくなってくると新葉や蕾にアブラムシやハダニがつきやすい他、所々に細菌性の白い病斑がでることがあるので定期的に殺虫剤や殺菌剤を散布し防除してください。

長寿梅の花

長寿梅の花

長寿梅は四季咲きで2月~5月頃の間と、9月~11月頃に開花します。

花は通常5弁の一重咲きで色は朱色が代表的ですが、白花種も人気。白花は赤花に比べて枝打ちが粗く葉も大きめで、太りがよく2号性の性質が強いようですが細かい枝の作り込みも可能です。

また長寿梅に椿の園芸品種を掛け合わせた「桜小町」は、咲き分け・吹き掛け・絞りなどの花模様がでます。

長寿梅の実

結実した実

雌雄同花なので花がらを摘まずにいると自然に結実します。

地梨(ジナシ)とも呼ばれる草ボケの実のように、梨に似た甘い香りの黄色い実が熟します。

大きめなボケの盆栽なら実を観賞することもありますが、長寿梅の場合は実を付けると樹勢が弱るので花がらは摘み取ってください。

長寿梅の主な樹形

ヒコバエやヤゴ芽が出やすいので、これを活かして株立ちや吹き流しなど全体に枝がほぐれてふわっと柔らかい印象の叢生(そうせい)樹形に仕立てられることが多いです。根が幹化するので根上がりや石付きも合います。

ボケに比べて幹が太りにくいので、小品サイズなら模様木や優しい樹形で2~3つ程の花がつけば十分。

叢生樹形や株立ちを目指す場合は、束ねた挿し穂や株分けした素材をザルや大きな仕立て鉢で肥培し、数年太らせたものを切り戻して作ります。

挿し木や取り木で容易に増やすことができるので、いろいろな樹形に挑戦してください。

太らせたい時や樹勢を付けたい時は、一度鉢を緩めて枝を数年伸ばし気味にしておき、短く切り詰めて作り直します。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

世田谷区にいましたが、盆栽のための広い土地を求め移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りも楽しんでいます。

動物も好きで猫を飼っています。初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、新しい家族を迎えて仲良く暮らしています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 06 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 06 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。