キミの盆栽びより管理の基本剪定の基本樹種別の剪定松柏類の剪定 > 杜松(トショウ)の剪定

杜松(トショウ)の剪定

杜松の剪定

杜松は芽吹きや胴吹きのいい樹種なので、樹形作りのための剪定や芽摘みは欠かせない作業の1つです。

杜松の剪定は暖かい時期に行うのがよく、秋~冬の剪定は枝枯れの原因にもなります。

芽吹きの良さを利用した樹形作りができるので、肥料を好む樹種なので日頃の施肥管理をしっかりして力を付けておきましょう。

杜松の種木

杜松の種木

杜松の種木

杜松の種木は山取り(荒木)もありますが、主に挿木によって作られています。

いい種木は立ち上がりに曲があり、胴吹きもよく葉性の短いものがいいでしょう。

杜松は別名ネズミサシとも言われていて、葉が比較的柔らかくて触ってもそれほど痛くないものが扱いやすいようです。

産地は暖地から寒冷地までに及びますが、単に杜松として流通していることが多いので、同じ管理をしていても地域によっては突然枯れてしまうものがあるようです。

種木のうちは木を太らせるためにも、施肥をしっかり与えて数年は枝を伸ばしっぱなしにしておきます。

小品盆栽として仕立てる場合は役枝として使えそうなものを残し、切り戻して整枝をしながら各枝を充実させます。

杜松の若木の剪定

不要枝の剪定

若木はある程度木も太り、枝数も増えているので樹形作りのための剪定を始めます。

杜松の若木はとくに芽吹きや胴吹きがいいですから、剪定をしないでいると小枝が増えすぎて日当たりや風通しも悪くなり、懐が蒸れて枯れてしまいます。

剪定の時期

そうらないないうちに役枝を決め、不要枝を剪定して枝の元に新芽を吹かせます。

剪定の時期は5月~9月の間の芽が活動している時期に行います。不要枝は5月になったら剪定し、懐に新芽を吹かせて短く充実した枝を作るようにします。

杜松の追い込み剪定

枝の追い込みは扇型になるように切り戻します。

芯とする部分は伸ばしておいて、針金で形を作っておくといいでしょう。

長めの枝は必ず小枝のところまでで切り詰め、枝枯れのないようにしてください。多少長くても脇芽が吹いてくればさらに追い込むことができます。

この追い込み剪定を4~5年繰り返せば古さも増して次第にいい木になってきます。

杜松の完成樹の剪定

完成樹になれば、特に込みすぎた枝の間引き剪定や徒長枝の追い込み剪定をして樹形を整えるくらいで大丈夫です。

全体の風通しと日当たりを確保することで胴吹き芽を持たせることができます。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動植物好きの猫飼いです。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンと一緒です。

ほとんど籠って盆栽いじってますが、盆栽教室やミニ盆栽屋「てのひら盆栽しんとう」も定期的に企画、出店しています。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

更新履歴

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 01 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 01 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。