キミの盆栽びより盆栽の育て方松柏類の育て方 > ヒノキの育て方

ヒノキの育て方

ヒノキの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
成長期
 
 
 
 
 
 
 
休眠期
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
 
半日陰
 
日なた
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2日
 
2/日
 
1/日
 
2/日
 
 
1/日
 
1/2日
施 肥
置き肥
 
 
置き肥
 
 
針金かけ
 
 
 
 
剪定
太枝 
 
不要枝 
 
 
植え替え
 
 
 
その他
芽摘み
 
 
 
 
   

ヒノキの性質

ヒノキはヒノキ科の常緑針葉高木。

昔から日本人の生活に関わりの深い木で、盆栽では八房性の津山ヒノキや連山ヒノキ、石化ヒノキ、近縁種のツクモヒバやヒメサワラなども人気でガーデニング用のコニファーなども盆栽仕立てにして楽しまれます。

比較的乾いた場所を好みます。

ヒノキは芽摘みが大変ですが古くなると幹肌もよく荒れて味わいが増します。

冬になると、スギのように葉が冬焼けして茶褐色になりますが暖かくなると元に戻ります。

ヒノキの管理場所

丈夫ですが夏の強い日差しや冬の霜に当たると葉焼けを起こして弱ってしまいます。

夏の強い日差しを避け、年間を通じて日当たりと風通しのよい場所で育ててください。

夏場は半日陰において葉焼けを防ぎます。

冬に霜に当たると霜焼けを起こして葉が赤茶けてしまうので、ムロや発砲ケースなどに入れて保護します。

ヒノキの灌水

乾燥した場所に自生しているので、水は控えめです。

夏場は直射日光を避けて風通しのいい場所に置いてください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、春の成長期と夏は1日2回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたら灌水するようにしてください。

ヒノキの施肥

肥料を好むのでしっかり与えます。

梅雨と夏場を除いた4月~10月の間に油かすなどの固形肥料を多めに与えて下さい。

ヒノキの作り方

芽摘み(5月~9月)

ヒノキの芽は成長期の間伸びてくるので、そのたびに摘んで間延びを防ぎながら小枝を増やします。

詳しくは松柏類の芽摘み

剪定(2月~3月、9月~11月)

芽出し前に太枝や不要枝の剪定、秋に不要枝や徒長枝の剪定をして全体をすっきりさせます。

針金かけ(12月~2月)

芽摘みだけを繰り返していくと1つの枝に小枝や葉が混み合ってくるので全体の風通しと日当たりを確保できるように針金で修正します。

ただし厳寒期に行うと負担がかかりますから避けて下さい。

植替え(3月~4月)

ヒノキの植え替えは通常若木で2年に1回ですが、小品になるほど根詰まりしますので、鉢底穴を確認し根鉢の様子をみて植え替えします。

ヒノキは八方に伸びた根張りも見所の1つなので、太くて長い根は短く切り浅い鉢に植えるとよくなります。

コメント

長岡茂和 さん 2017年05月04日16時53分
はじめまして、初心者でも大変わかりやすいサイトで、いつも勉強させて頂いております。
質問ですが、石化ひのきが、5月に入っても葉が茶色のままです、この先緑色にもどるのでしょうか、枯れた?のでしょうか、教えてください。
きみ さん 2017年05月04日23時10分
長岡さん
コメントありがとうございます。励みになります...
今時期になっても茶色が戻らないのは変ですね。小枝を折ってみて木質部がスカスカなら枯れているかもしれません。
石化ヒノキは光の入りにくい懐の葉が茶色く枯れていきますが、全体的に茶色なのですか?
冬の保護の仕方にもよると思いますけど、普通のヒノキと違って石化ヒノキの方は冬でも割と緑色です。
枯れているものは葉に生気がなかったり枝がしわがれていたりするので、みて分かるものなんですが始めのうちは見分けもつかないかもしれません。
長岡茂和 さん 2017年05月05日12時44分
ご返答ありがとうございます、言われる通り一本枝を折ってみましたところ、まだ生きているようです、しばらく様子を見てまた御報告致します。これからも色々な情報発信してください。
satoshi さん 2017年05月05日23時30分
はじめまして、何時も楽しく拝見させて頂いて折ります。石化桧の件ですが、見ていないのでどの様な現象か判りませんが、私も昨年石化桧のミニ盆栽を造りました。
葉が少し茶色く成っていましたが、枝にする部分の葉の剪定✂を行うときに茶色く成っている葉も同時に整理しました、今は綺麗に緑も戻っています。
但し弱っているときは根の状態が悪いと思われるので根を確認の上、植え替えなどの処置と肥料をあたえて回復をさせて下さい。
石化桧の葉は鋏で変な切り方をすると、葉が茶色く成って行きますので、鋏を使う時は葉の付け根で切る事をお勧めします。
ぼん さん 2018年09月26日22時53分
8月にヒノキのみごとな盆栽を購入して室内で、1ヶ月霧吹きで水を与えてましたが、やっぱり盆栽は外かなと思い外に出し、思いきってたくさん水を与えました、が、9月から外におきだして、だんだん葉の色が白ぽい、から、茶色に変わりました、今は、鉢を大きいのに移し変えて、ネットで、どうしたらいいか調べていますが、どうすれば、わかりません、
きみ さん 2018年09月27日12時25分
ぼん さん
一ヶ月霧吹きだけで水やりをしていたのであれば、明らかに水不足だと思います。
室内管理もよくなかったですね。
弱ったところに今度は直射日光(?)と大量の水で根がダメージを受けてしまったのかもしれません。
室内だと、空気の流れが止まってしまうのでバクテリアや雑菌も増殖しやすくなってしまいます。茶色くなった部分は枯れてしまっていて、檜は胴吹きするものでもないので残った枝で作り替えるしかないでしょうね。
小島 さん 2018年11月23日13時08分
今年いただいた津山ひのき盆栽ですが、10月ごろから、ところどころ葉が黄色になっています、冬に黄色になって春には元に戻るのでしょうか?
それとも黄色の部分は、枯れて来てるのでしょうか教えてください。
きみ さん 2018年11月24日09時13分
小島 さんへ
この時期山の檜を見てみると、やっぱり枝元の部分が黄色くなっているのがあります。
盆栽では水やりや肥料がちゃんと出来ていたかによるし
今年は台風による塩害も重なって檜や杉、モミジなどが弱ったりと例年にない症状がでたみたいです。
下枝やフトコロ枝が日照不足などで枯れるのは自然現象でもあるんですが、盆栽ではその枝を維持するために芽摘みしたり中の葉をすかしたりします。
その黄色くなった葉は元にはもどりません、深い緑色に茶色が少し混じったような色味ならもどります。松や杉なんかそんな色になります。
枯れ枝は掃除して、早めに冬期保護してあげてください。
盆栽ワークショップのお知らせ

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求めつくばへ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 01 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 01 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。