キミの盆栽びより盆栽の育て方葉物類の育て方 > イソザンショウの育て方

イソザンショウの育て方

イソザンショウの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
成長期
 
 
 
 
 
 
 
休眠期
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
 
半日陰 
 
日なた 
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1/日
 
 
2~3/日
 
+葉水 
 
1/日
 
1/2~3日
施 肥
置き肥
 
置き肥
 
針金かけ
 
 
   
 
 
 
剪定
 不要枝
太枝 
徒長枝
 
 
植え替え
 
 
芽摘み
 
 
           
葉刈り
 
 
         

イソザンショウの性質

イソザンショウはバラ科の常緑低木。

山椒の葉に似た照りのある小さい葉が特徴でとても丈夫な樹種です。

日本の南西諸島や台湾など温暖な地域の海岸や隆起した珊瑚礁などに自生する植物で、和名をテンノウメ(天の梅)といい、テンノウバイ(天皇梅)の呼び名もあります。

常緑で通年観賞でき一般的には葉物類とも言えますが、白い小花が4月~5月頃に新しい枝の先端に咲くと秋には紅紫色の丸い実を観賞することができます。

イソザンショウの管理場所

年間を通じて日当たりと風通しのよい場所で育てます。

夏は西日に直接あたらないようにしてください。

寒さに弱いので冬は霜に当たらないように保護が必要です。

常緑ですが水切れや強い日差しで根を傷めると落葉することがあります。

イソザンショウの灌水

丈夫で乾燥には強いですが水を好む樹種なので、とくに夏場は水切れのないようにしてください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水します。

イソザンショウの施肥

肥料を好み肥料負けをすることもあまりありませんが、与えすぎると枝が徒長するので控えめを心がけます。

5~6月と9~10月の間に油かすなどの固形肥料を与えて下さい。

イソザンショウの作り方

芽摘み(4月~5月)

イソザンショウの新芽は強く伸びやすいので、枝を伸ばしたくない場合は1~2芽残して先を摘みます。

芽摘みをしない場合は剪定で枝を作ります。

剪定(2月~3月、5月~6月、11月)

春の新芽が伸びる前に不要枝や太枝の剪定をし、秋に全体の剪定をします。

若木では特に枝の伸びが強く蔓のように長く伸びてくるので、5月~6月頃に伸びた徒長枝も短く切り詰めます。

寒さに弱いので寒い時期の剪定や針金掛けは避けてください。

針金かけ(12月~2月、5月~6月)

針金かけは通年できますが、適期は厳寒期をのぞく休眠期と5月~6月頃です。

樹勢のいい樹には9月頃に全葉刈りをして新しい葉に更新することができます。葉刈りはあまり遅い時期にはできません。

若木は特に枝の太りが早く、かけた針金がすぐ食い込むので2~3ヶ月くらいで外して癖がついていなかったらかけ直しをしてください。

葉刈り(6月~7月)

あまり葉刈りは行いませんが、樹勢のいい樹ならば梅雨頃に葉刈りをして2番芽を出させるとともに、小さい葉に更新することができます。

植替え(3月~4月)

若木や小品盆栽は毎年植え替えをします。大きな成木は2年に1回を基本にしてください。

赤玉土に桐生砂や川砂を混ぜ、排水性のいい用土を使います。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より連載の「キミのMonthlyお手入れ講座」が始まりました。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。