キミの盆栽びより盆栽の育て方葉物類の育て方 > 黄櫨(ハゼ)の育て方

黄櫨(ハゼ)の育て方

ハゼの作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
芽出し
 
 
 
 
紅葉
 
落葉
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰 
 
 
日なた 
 
ムロ
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1/日
 
 
 
 
2~3/日
 
1/日
 
1/2~3日
施 肥
針金かけ  
 
剪定
 
 
 
 
植え替え
 
 
芽摘み      
葉刈り
 
 
       

ハゼの性質

ハゼはウルシ科の落葉高木。雌雄異株。

関東から西の山野に自生していて、果実からロウを取るために古くから栽培されていたものが野生化したと考えられています。

苗が入手しやすく、実生苗から育てても紅葉が楽しめます。

寄せ植えにしてハゼの林を作ったり、単植えにしてもよいです。

触れるだけでかぶれることもあるので扱う時は注意が必要です。

ハゼの管理場所

春から梅雨までは日当たりと風通しのよい場所で育てます。

葉焼けしにくく丈夫ですが、紅葉を美しく見るためにも夏の強い日差しには当てないようにしてください。

冬は保護が必要です。

ハゼの灌水

普通の灌水でいいですが夏の水切れには注意してください。

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水するようにしてください。

ハゼの施肥

肥料を与えすぎると枝が徒長するので控えめを心がけます。

梅雨と夏場を除いた5月~11月の間に油かすなどの固形肥料を少なめに施します。

ハゼの作り方

芽摘み

芽摘みをしても残した頂芽から二番芽が伸びるだけで、枝数は増えにくいようです。

ただ伸ばしたままだと枝が太りすぎたり、樹高が高くなる一方なので芽摘みは必要です。

葉が4~5枚開いて組織が固まったら2枚残して先を摘んでください。

腋芽はよく動くので、成長期の葉刈りや切り戻し剪定で小枝を増やすことができます。

剪定(2月~3月、5月~6月)

2月~3月の休眠期に全体の剪定をしておき、成長期に不要枝の整理や切り戻し剪定をして二番芽を出させます。

葉刈り(6月~7月)

梅雨時に大きな葉を切って二番芽をださせ、葉を小さく作り直します。

針金かけ(6月)

自然な作りが似合うので、樹形は鋏作りでもよいです。

針金かけをする場合は、幹や枝がまだ細いうちに癖を付けておきます。

植替え(3月)

若木や小さいものは1~2年に1回植え替えをします。 成木は2年に1回を基本にしてください。

コメント

machugorou さん 2019年05月20日17時11分
いつも大変お世話になっております。ハゼノキ寄せ植え盆栽です、最初の写真は4月12日であとの写真は5月20日です。新芽の先のほうがやをらかくなりお辞儀したようになりました。置き場所は西日が当たるので立てずをしています。ここ3日は曇で日は当たっておりません。水のかけずぎでしょうか? 少しモヤシぽいです。  葉狩りでもして少し中まで日が当たるようにしたらよいでしょうか。時期的にはまだ早いようですが? 教えてください。
きみ さん 2019年05月20日18時44分
machugorou さんへ

これは単に水切れした状態に見えます。
これはいつ植え替えしましたか?土も古く、かなり根詰まりしているようにみえます

多分ですが、葉量に対して活動している根の量が足りてないのでしょうね、本数が多すぎるので、水が通らなかったり、病気になりやすくなったり必ず弱い樹が枯れて行きます。
このような寄せ植えでの持ち込みは難しいです。
植え直して間引きするのがいいかなと私は思います。
芽摘み(新梢を1~2節で切る)して、古土落としてもうすこしゆとりのある鉢に緩めるか、植え替えしてあげてくださいね。

櫨なら今多少根を切っても平気です。
machugorou さん 2019年05月21日10時37分
早速の回答ありがとうございます。いつも勉強させてもらってます。分かりやすい説明とてもありがたいです。芽摘みしてから鉢の植え替え今時期でも大丈夫でしょうか。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より連載の「キミのMonthlyお手入れ講座」が始まりました。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。