キミのミニ盆栽びより基礎知識 > 盆栽を育てる場所

盆栽を育てる場所

盆栽を育てる場所

みなさんが盆栽を置いて育てている場所は、どんなところでしょうか?

お庭のある家なら1番日当たりのいい場所が確保できますが、マンションやアパートなら盆栽のために確保出来るスペースは限られますし、風通しや日照条件は物件により違います。

それぞれ条件は異なりますが、綺麗に整頓された合理的な盆栽棚を工夫すれば、わずかなスペースでも良い樹を作ることができます。

限られた条件の中で、常により良い棚場環境に改善できるように心がける姿勢を持っておくことが大切です。

1. 盆栽置き場の条件

日当たりがいいこと

太陽の光は植物が育つのに必要不可欠です。

特に盆栽はそのほとんどの樹種が好光性の植物なので、一日陽があたる場所が好ましいのですが、日当たりがよくない場所でもせめて午前中だけは充分に光が当たるように配慮したいものです。

また、確かに盆栽は日当たりのいい場所を好みますが、夏の強い西日では樹種によっては葉やけを起こして生育不良を起こすことがあります。

日差しに強い松柏類も鉢が熱せられて土中の温度が上がりすぎれば根が弱り、秋頃には葉がパラパラと落葉して枯れてしまいます。

日当たりの良い場所を前提にして、寒冷紗や遮光ネットで陽の強さを調整したり、サイズや耐暑性の違いで置き場所を工夫するなど、植物の健全な生育の手助けができるように心がけましょう。

風通しがいいこと

植物は光合成の産物として、葉から水分を蒸散して健全な発育を維持しています。

枝葉が混みすぎていたり障害物などで風通しが悪いと、湿気や熱気がこもって生理障害を起こし、枝枯れや根腐での他、害虫や病原菌の発生源になります。

このような被害から盆栽を守るためには、鉢と鉢との間隔をあけたり、建物や壁から離すなどして新鮮な空気が盆栽の間を通り抜けるようにしてあげます。

日差しが強いからといって室内に盆栽を避難させる人がいますが、急に室内に入れたりすると急激な環境の変化で生理機能のバランスが崩れ、衰弱が著しくなります。

強すぎる西日や風の時は、防護策を取る必要がありますが、自然環境に順応しながら成長するのが植物ですから、できるだけ自然条件のもとで管理するのがいいのです。

便利なこと

盆栽は、鑑賞の楽しみはもちろんですが培養の楽しみが大きいです。

毎日見回って水やりしながら、形を直したり、掃除したり、乾きやすい樹をチェックしたりして、植物の生長を見守るのが楽しいのです。

1つ1つをよく観察することで、施肥切れや病害虫の発生にいち早く気付くことができます。

そのためにも、盆栽を管理するのには手近な場所で目がよく届き、日当たりの調整が簡単で、水やりもしやすく、並べた盆栽が生き生きとして全体の美観を高めてくれるような場所であるべきだと考えます。

  • 常に目が届き、灌水や施肥、消毒、剪定などの管理がしやすい
  • 午前中に充分日が当たる
  • 日当たりや風通しがいい
  • 生活の邪魔にならない、美観を損ねない
  • 日当たりが管理できる(寒冷紗や遮光ネットなどで日よけができる)
  • 盗難や犬猫に荒らされるなどの被害の少ないところ

2. 盆栽棚の工夫

盆栽棚

盆栽の管理には盆栽棚が必要になります。

棚を使わずに盆栽を地面に置いてしまうと雨水の跳ね返りで鉢や葉が汚れたり、照り返しや蒸れ、病気や害虫の被害の元になります。

あまり低い位置に盆栽を置いていると、見下ろす形になるので、盆栽の状態を正しく把握できなくなります。

盆栽は適当な高さの棚に乗せて管理することで、観察や日頃の世話がしやすくなり、空中湿度の調整や日当たり、風通しの条件も改善されます。

盆栽棚の形状は人それぞれに工夫しますが、柱にスノコや板を渡して盆栽を並べるのが簡単です。

棚を置く方角は朝日がよく当たる東南~南向きの場所が1番理想的。長方形に盆栽棚を設置するときには、日照時間を確保するために南北方向に長く作るようにしましょう。

盆栽棚の配置

盆栽棚の高さ

盆栽棚の高さは全体を観察しやすく、毎日の管理をするのに都合がいい高さであることがベストです。

盆栽の樹高からだいたい3倍くらいの距離に離れた時に、樹高の中心が目の高さにくるくらいが理想的だと言われます。

一般的な盆栽棚はだいたい90センチ~100センチ程度の高さで作られていますが、安定の面や盆栽の上げ下ろしなど、管理の面から考えるとすこし低めにしたほうがいいかもしれません。

盆栽棚の材料

盆栽棚に使用される材料には木材、コンクリート、鋼材製のものがあります。

木材は比較的安価ですが、毎日水がかかるものなので耐久性はそんなに強くありません。

コンクリート製の棚板は頑丈ですが、冬の寒さや夏の照り返しが気になるところ。コンクリートブロックなどを足場に使い、棚板には厚い栗板などを使用するのがお勧めです。

栗板が入手できない時は、ほかの木材に防腐剤を塗って代用したり、スノコを補強して利用してもいいです。

防腐剤を塗っても経年劣化や腐りが入るものですが、丈夫に作れば5年~10年、それ以上使えることもあります。

フラワースタンド

フラワースタンド

花や観葉植物の花台としてよく使われるもので、メーカーによって木製、鋼鉄・アルミ製やプラスチック製のものなどがあります。

プラスチック製は比較的安く手に入りますが、強度がいいのはやはり鋼鉄製・アルミ製です。

ひな壇式は全体によく日が当たり、風通しもよいので是非取り入れたい構造。木材を買って自作してもいいかもしれません。

あまり数を置けないので、同じ物を数個横に並べて盆栽を置いてもいいでしょう。

棚板に隙間があるので、小さい盆栽はぐらつきます。棚の上に板を敷き柵を設けるなど、接触や風による落下防止策も必要です。

組み立て式ラック

スチールラック

組み立て式のラックで、鋼鉄製、スチール製、木製などがあります。

比較的強度もあり、棚の間隔も調節できますが、高さのあるものは便利上よくないので2~3段くらいのもので出来るだけ幅に余裕のあるものを並べて使うといいです。

奥行きのあるものは目が届きにくいので、全体が見渡せるようなサイズを選んでください。

錆びにくいスチール製のものや、防サビ加工してあるのが一番いいですが、室内用のメタルラックを屋外で使うとすぐにサビついてしまいますから、定期的に防サビ剤やペンキを塗るなどの対策が必要です。

棚は格子状になっているタイプが主流なので、棚の上に板やスノコを敷いて盆栽を安定して配置出来るようにしてください。水が垂れ落ちるので波板などを板の下に敷いておくといいでしょう。

さらに一番上段の日当たりや風通しだけがいい状態になってしまうので、置き場所や向き、障害物をなくすなどの対処も忘れてはいけません。

土台(レンガ、コンテナ)+板

採集コンテナ

積み重ねたレンガやコンテナなどを土台にして上に板を渡し、盆栽を並べます。コンテナは軽くて頑丈なので、足場としての用途の他、盆栽を移動させたい時にも便利。

頑丈で安定するものであればいいので、丸太や鉄管を組んでもいいです。

一番簡単な簡易盆栽棚の作り方ですが、綺麗に並べれば全体が見渡せるし、灌水や消毒など日々の手入れが行き届きます。

ある程度の場所が確保できる環境なら、土台の上に板を渡した棚に盆栽を平置きした方が全体の管理が行き届くのでお勧め。

板は栗板のように堅くて丈夫なものを選び、栗板がなければスノコやベニヤに防腐剤を塗って補強します。

パイプ棚

イレクターパイプ

工事現場の足場として使われる単管パイプの他、イレクターパイプやガーデンパイプと言われる、パイプとジョイントの組み合わせでいろいろな形を組むことができるDIY材料です。

鋼鉄パイプに樹脂やプラスチック塗料をコーティングしてあるので錆びにくく、強度もしっかりしています。

これを組み合わせて、盆栽棚の土台にしたり、夏場や冬期は寒冷紗やビニールを張れる屋根を組むなど、機能性のある自分だけの盆栽棚を作ることができます。

高さや幅も自由に設計できるので、自分の培養スペースに合せて設計を楽しむことができます。

専用の接着剤を使うので、スチールラックの様に移動や引っ越しの際に分解しにくいところがあります。

盆栽棚の種類

盆栽棚には平棚ひな壇状の棚が多く使用されていますが、懸崖ものの盆栽を乗せたり美観を増すために高台が使われる場合もあります。

平棚

平台

標準盆栽棚として使われます。

棚板は30~40cmくらいで長さ2~4m、厚さ3cm以上のものを用意すれば強度や見栄えがよいです。

脚は太丸太や角材、コンクリートブロックなどを使って、その上に棚台を乗せます。

棚下にもスペースを確保できるので、半陰樹や鉢上げしたばかりの盆栽を置くこともできますし、冬はビニールを被せればムロとしても使うことができます。

ひな壇式

ひな壇式

ひな壇式の棚は、市販されている鉄製のフラワースタンドによく見られます。鉢数が少ない時や、小品盆栽の場合に代用してもOKです。

構造上、狭い面積でたくさんの盆栽を置くことができますが、風通しや日当たりなども考慮しかつ美観を損なわないように並べてください。部屋から眺めたい場合は北向きにして、日陰になる下段には半陰樹を置くように工夫します。

平棚同様、冬はムロの枠としても使うことができます。

高台

高台

丸太や角材、コンクリート擬木などを支柱として土中に埋め、上に台を作って盆栽を乗せます。

高台は、培養場に高さをつけて美観を出す目的と、懸崖ものの盆栽の置台としても役立ちます。

台の高さは1m~1.3mくらいが適当で、平棚の中央にちょっとした高台を設置して、乾燥を好む樹種や懸崖の樹を置いてもいいでしょう。

高台は強風などで倒れたり、盆栽が落下する可能性がありますので、支柱の固定はもちろん盆栽を針金などで棚板に結ぶなどの対策をしておいてください。

3. 樹種別の棚場作り

盆栽の培養場は、出来るだけ自然の生育環境に近い状態で管理することが理想的です。

しかし人間の生活する環境はむしろその反対の環境である場合が多いものです。

樹種により適した生育環境が違いますので、限られた場所でも、置く場所を工夫するなどできるだけその樹にあった棚場作りをしましょう。

コメント

出口 洋 さん 2017年06月02日17時17分
 始めまして。
 長崎市に住んでいます。前期高齢者です。10年ほど前に娘が買ってきた紅葉の小品盆栽がきっかけでミニ盆栽にとりつかれてしまいました。5~7年前までネットなどを参考に自己流でやり始め前でした。その後仕事の都合や、夏に旅行に行った時に処理を誤りほとんどが・・50~100鉢ほどありましたが8割ほど枯れてしまいました。ミニ盆栽の鉢はオークション、ミニ盆栽のWEBなどで購入しました。結構な数になります。
 定年後時間ができるようになり、またムクムクとミニ盆栽をやろうと思う気持ちが出てきました。とりあえず紅葉の実生苗を探し8鉢ほどになり、ほかにも色々と欲しいのですが挿し木で増やそうと思っています。
 挿し木で失敗しない方法を教えていただけますか?また、近場にある植栽などで挿し木にいい木を教えてください。
 インターネットなどで苗木を購入したいのですがおすすめのWEBを教えてください。
きみ さん 2017年06月03日14時35分
出口さん
こんにちはコメントありがとうございます。
私は長崎大学出身なので、長崎大好きです。うれしいです
紅葉なら種から始められたら、いろいろな性が出て楽しいし、タダです。
ネットでの素材購入は、姿やサイズ感がつかみにくいので難しいですよね。
わたしはヤフオクなら時々買うことがあります。たまに掘り出し物あります。
紅葉でも品種により挿木や取木が難しいのもありますが挿木はなんでもチャレンジです。
失敗しないコツは、グラグラさせないこと、高温多湿にすることです。
大きな発砲ケースに用土をいれて適当に挿しておくとか、水の通る穴を底に明けた衣裳ケースに入れて明るい日陰においておくとか。
オキシベロンやメネデールもよく使います。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動植物好きの猫飼いです。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンと一緒です。

ほとんど籠って盆栽いじってますが、盆栽教室やミニ盆栽屋「てのひら盆栽しんとう」も定期的に企画、出店しています。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 03 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 03 月号 [雑誌]
【特集ページ】今月号は「芽出し前にやっておきたいこと」として、私の作業を紹介させて頂きました。
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。