キミのミニ盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類実物類の仲間 > 莢蒾(ガマズミ)の魅力

莢蒾(ガマズミ)の魅力

更新日:2018/08/26

莢蒾(ガマズミ)の魅力

莢迷(ガマズミ)はレンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木。別名「アラゲガマズミ」「ヨソゾメ」「ヨツズミ」。

北海道から九州までの広い範囲に自生する雑木林を代表する植物で、日当たりのいい山野や林縁などに普通に見られます。

初夏に咲く涼やかに咲く白い小花が可憐で、秋には赤く熟した実が鮮やか。冬の代表的な実物樹種の1つです。

莢迷の特徴

莢迷の品種

莢迷には宮城原産「小葉の莢迷(コバノガマズミ)」や細葉の「深山蒾(ミヤマガマズミ)」の他、黄色い実の「黄実の莢迷(キミノガマズミ)」などがあります。

小さいサイズの盆栽には、「小葉の莢迷(コバノガマズミ)」に近い極小葉性の「金華山莢迷(キンカサンガマズミ)」も人気。芽吹きがよく枝が込むので作りやすい種類です。

その他の近縁種には「男莢迷(オトコヨウゾメ)」「風鈴莢迷(フウリンガマズミ)」などがあり、葉形には変異が多く見られます。

莢迷の花(5月~6月)

莢迷(ガマズミ)の花

莢迷の花は「下野(シモツケ)」のような複散形の花序(かじょ)。

初夏に白い小花が集まってふんわりと咲く姿が清楚な印象です。

雌雄同株(両性花)ですが、盆栽だと実付きはやや疎ら。数株を寄せておくと実付きがよくなります。

莢迷の実(9月~11月)

莢迷(ガマズミ)の実

秋~冬になると実が真っ赤に熟します。

食用にもなり、冬の間は野鳥の貴重な食用となっています。

実は年明けまで付いたままですが、樹が弱るので早めに摘果したほうが安心。

小さい樹なら11月頃を目安に摘果し、実付けは1年おきにしておきましょう。

莢迷の繁殖法

莢迷は取木、接木、挿木が簡単です。

実生も可能ですが発芽率は低め。一旦乾燥させた種は、2年越しに芽が出ることもあります。

果肉には発芽抑制物質が含まれているのでよく洗って取り蒔きするか、冷蔵庫で保存したものを春に蒔いてください。

莢迷の主な樹形

斜幹や模様木、株立ちなど実の付き方やバランスを考えた樹形に作られます。

古い枝には針金が効かないので、若木のうちに基本の模様付けをしておきましょう。

芽摘みや剪定で小枝も増えるので、細かい枝先は剪定で作ってください。

関連ページ

莢蒾(ガマズミ)の育て方

水を好むので、特に夏の水切れには注意してください。 軽い水切れなら落葉しても吹き直しますが、翌年の花芽にも影響してしまいます。 春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏...

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

youtube
ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 10 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 10 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。