キミの盆栽びより管理の基本水やり(灌水)の基本 > 葉物類の灌水

葉物類の灌水

葉の美しさや紅葉を楽しむ葉物類は、葉刈りや芽摘みなどの仕事が多いものです。

葉刈りや芽摘みを行えば、極端に葉の量が減りますので水分の蒸散量も激減します。

このような作業を行った後や落葉後は、それ以前の灌水より少なめに灌水量を調整することが必要です。

また葉物類は特に、灌水の際に葉をぬらさないようにします。

特に夏場に水滴が葉についていると、水滴がレンズの役割をして葉焼けの原因になります。

その他にも、葉物類は葉の面積が広いものが多いので、水切れによる葉焼けを起こしやすいのです。

灌水は十分に行ってください。

樹 種 灌 水 量
モミジ 十分な灌水が必要です。
  • 春:1回/1~2日(4~5月からは回数を増やす)
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日(過湿に注意)
  • ※乾燥は葉焼けや落葉につながります、乾燥や過湿に注意します。
カエデ モミジと同じで十分な灌水が必要です。
  • 春:1回/1~2日(4~5月からは回数を増やす)
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日(過湿に注意)
  • ※乾燥は葉焼けや落葉につながります、乾燥や過湿に注意します。
ケヤキ 灌水はたっぷりと、乾き始めたら再び与えます。
  • 春:1回/1~2日(4~5月からは回数を増やす)
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日(過湿に注意)
イチョウ 夏の水切れは枝枯れの原因になります。
  • 春:1回/日
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日(過湿に注意)
ヒメシャラ 灌水を控えめにして樹勢をおさえる。
  • 春:1回/日
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日
  • ※極端な乾燥は禁物です。
ソロ 水切れに弱いので早め早めの灌水を。
  • 春:1回/日
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日
ブナ 樹勢を抑えるために控えめの灌水を。
  • 春:1回/日
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日
ハゼ 普通の葉物類への灌水よりは控えめにします。
  • 春:1回/日
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日
ギョリュウ 樹勢を抑えるために控えめの灌水を。
  • 春:1回/日
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日
ツタ 水をとても好むので、十分な灌水を。
  • 春:1回/日
  • 夏:2~3回/日
  • 秋:1回/日
  • 冬:1回/2~3日
  • ※水が切れると葉焼けを起こします。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 08 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 08 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。