キミのミニ盆栽びより管理の基本 > 針金掛け、針金整枝

針金掛け、針金整枝

更新日:2019/09/22

盆栽の針金かけ

針金掛け(針金整枝)は銅線やアルミ線を使って幹や枝に模様や曲をつけ、基本樹形を作るための整枝技術の1つです。

樹を短期間で自由に曲げることができるので、盆栽の樹形作りにはなくてはならないもの。

針金掛けは目的の幹模様を短期間で作ることができますが、針金を掛けて枝を曲げることは樹に試練を課すことになります。

センスや熟練度によって見た目も価値も大きく左右されるため、植物の生理的な知識や経験を重ねてこそ上達していくものと理解しておきましょう。

1. 針金掛けの始まり

盆栽に模様を付けるための工夫は、すでに江戸時代前から行われていましたが、当時はシュロの皮や麻紐などで枝を引いたり枝の間に石や板を挟んだりして何とか形を作っていたようです。

針金整枝の原型が生まれたのは明治後期~大正にかけての杜松盆栽ブームの時代と言われています。

関西の業者が、山取りハイネズの小枝に値札を付けるために巻き付いていた針金にヒントを得たと、盆栽技術大系に記されています。

これが東京に紹介されたのは明治の終わり頃で、目黒花壇苔香園(明治35年~大正9年)の園主で高名な盆栽愛好家でもあった木部米吉(苔香園米翁)氏に伝えられたと言われています。

針金の登場によって、それまで苦労して作っていた樹形作りが簡単にできるようになり、針金掛けは瞬く間に拡散。

一時は樹の性質を無視して極端に湾曲した姿や奇抜な樹形がもてはやされた時代もあったようですが、長い年月の経験や工夫で改良が重ねられたことによって技術も向上し、近年の自然盆栽の基本形となっています。

2. 針金掛けの目的と効果

針金掛けは樹形作りの他に、樹勢の調整にも大きな役目を持っています。

枝を曲げたり下げたりすることで力を抑え、樹全体の力の平均化や花芽分化にも関係してきます。

  • ・基本樹形をつくる
  • ・枝の矯正
  • ・枝を適当に配って採光と通風をよくする
  • ・枝の込み過ぎを解消し、病気や害虫が付きにくくなる
  • ・サイズの維持、矮化(強い枝を下げると生育が抑制される)
  • ・樹勢の調整、花芽分化促進

3. 針金掛けの道具

針金

高価な盆栽用の道具を持つ必要はありません。ホームセンターや金物屋など自分の手に馴染むものをきちんと手入れしながら使ってください。

針金掛けに最低限必要な道具は、針金、針金切り、ヤットコ(ラジオペンチ)の3つ。

針金は枝の太さに合わせて数種類の太さのものを用意し、作業を始めてから慌てることのないように準備しておいてください。

針金(銅線、アルミ線)

針金のサイズ

針金の太さを確認して買いましょう

市販されている針金は太さによって番号(#)があり、番号が大きいほど細くなります。盆栽店の他、ホームセンターやネット通販でも盆栽用の針金が市販されているので、適当な太さの針金を3種類くらいは揃えておきましょう。

小品盆栽では10番~24番(径3.2mm~径0.5mm)くらいのものを使い、幹や太枝、小枝で使う針金を使い分けます。ミニ盆栽なら17番~24番(径1.4mm~径0.5mm)くらいのものを揃えておけば充分です。

手持ちの針金では太さが足りない場合などは、針金を二重に掛けると強度が増し効きやすくなります。真柏や松などの太幹を曲げる適期にはやはり太めの針金でないと効かないので、必要に応じて調達してください。

盆栽で使う針金には、銅線とアルミ線の2種類があり、樹の特製や用途によって使い分けられています。

銅線

銅線

柏類や幹の固いものの針金掛けには、昔から弾力性が低くて整えた枝が元に戻る心配がない銅線が使われます。

価格はのアルミ線よりも少し高価なので、幹や太枝には太めの銅線を使い、小枝にはアルミ線を使うといったように使い分けをしてもいいです。

銅線は酸化すると黒く変色して樹に馴染み、美しく掛ければそのまま飾ってもいいくらいです。目立たないだけに外す時には苦労することも。

一度使った銅線は焼きなましをすれば何度でも再利用できますが、火をおこす必要があるので住宅事情により難しいことろがあります。

アルミ線

アルミ線

大きな盆栽や松柏類では現在でも銅線が主流ですが、そのほかの盆栽にはアルミ線が長宝します。

アルミ線は柔らかく反発力が少ない点で作業がしやすく、上級者から針金掛けに慣れない初心者でも比較的使いやすいものです。

また盆栽用に市販されているアルミ線は、黒やブロンズ色にコーティングしてありますから、巻いた後の見た目は銅線とそう変わりません。

針金切り

針金切り

針金を切り離すための道具です。

支点から刃までの距離が短い分、テコの原理でよく切れますが、ペンチやニッパーなどでも代用が効きます。

針金切りが必要なときは、掛けるときよりむしろ取り外す時です。

きっちりかかった針金を手で外そうとすると幹を傷つけてしまうことがあるので、それを避けるために針金切りで針金を細かく切断しながら徐々に外すと失敗がありません。

ヤットコ(ラジオペンチ)

ヤットコ

ヤットコは針金をつかんだりねじったりする道具で、工具でも使われるラジオペンチでもいいです。

針金掛けや樹の固定、鉢底網の固定など細かい加工をする時や、ジンシャリを入れる時に樹皮を剥く道具になったり、針金外しとしても使えます。

盆栽用でなくてもいいですが、狭い枝先にも入るように先の細いものを選んでください。

使い方に慣れない人はスプリングがついているものがお勧めです。

4. 針金掛けの心得

①適期に掛ける

針金掛けの適期は松柏類とその他の樹種で時期が異なります。

適期を無視して強く曲げると曲げた所から枝枯れしたり、折れたりするので注意してください。

杉や杜松を除く松柏類への針金掛けは、木質部と形成層が密着している秋~新芽の前の時期に行うと負担が少なくできます。

一方、落葉樹や花物類や実物類の針金掛けは、生育期間中が適期で、梅雨の前後(6月~7月頃)が回復が早く負担を最小限に抑えることができます。

②健康な樹に掛ける

針金掛けは樹にかかる負担がとても大きく、弱っている状態で針金を掛けてしまうとさらに樹勢を弱めてしまいます。

針金掛けの時期を逆算して事前に肥培管理をしたり、植え替えすぐのものなどは翌年まで待ってから行ってください。

特に真柏は植え替えと針金掛けを一緒にするなど大きな負担を掛けると杉葉が生じやすく、同時期の作業は避けるべきです。

③枝配りを決めておく

針金掛けの前に必ずやることは不要枝の剪定。

そのためには針金掛けの前に将来の樹形を決めておくことが必要です。

松柏類などの木質部が硬いものは、余分な枝を舎利として利用することもできるので適当な長さに残しておいてもいいでしょう。

④針金掛けの前は水を切っておく

折れやすい樹に対しては、針金掛けの前に灌水を控え水気を切っておく必要があります。水気を切ると枝がしなりやすく、折れにくいのです。

特に生育期で湿度の高い時期は枝が裂けやすくなっているので、充分気をつけないといけません。

曲げる時はまく前に手で幹を曲げたい方に曲げてみてどのくらい曲げるか当たりを付けておき、その後で固定するために針金を巻きます。

⑤傷を付けない

針金は癖がついたらすぐに外すものです。だれでも一度や二度は外し忘れて酷く食い込ませた経験がある筈ですが、針金傷はなかなか治らないばかりか枝の成長を阻害して枝枯れの原因にもなります。

特に樹肌も観賞される雑木類は一度傷が付くと盆栽の価値を著しく落としてしまうので、掛けっぱなしにしないことが盆栽人としての責務と考えておきましょう。

成長が遅い松柏類などは1年以上掛けたままの場合もありますが、枝幹の太りやすい雑木類や花物類は1ヶ月くらいで掛け直しが必要な場合もあります。

また桜や楓、紅葉、皐月、黄梅など樹皮が薄いものには、掛ける枝に接木テープを巻くか、針金に和紙やチューブなどを巻いてあげると傷が付きにくくなります。

5. 関連ページ

針金の掛け方

サマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリーサマリー……

コメント

山本聡 さん 2016年04月11日05時56分
分かり易かったです。少しずつですが楽しんでいます。ありがとうございます。
きみ さん 2016年04月11日08時45分
山本聡さま、コメントありがとうございます。そういって頂けると...もっとがんばろうと思います。どうかこれからもご意見など、宜しくお願いします。
朝田浩 さん 2016年06月06日05時08分
細いモミジに曲線をつけようとして、こちらのブログを見させていただきました。
とても丁寧でわかりやすく、解説書みたいですね。ありがとうございます。
きみ さん 2016年06月06日08時25分
朝田浩さん
細いモミジなら、針金の他傾けておいたり網伏せなどもいいですね。低い位置に一曲あるだけでいいので、わたしもあれこれやっています。
2つもコメントありがとうございます。
最近ぜんぜん進んでいなかったので励みになります( ^o^)ノ
伊藤小次郎 さん 2016年06月29日11時50分
針金かけの説明で、「巻きはじめと巻き終わりは、しっかり固定すること」とあります。また「幹へのかけ始めは、用土に差し込んで固定する」とありますが、差し込んだだけでは固定する事にならないと思うのですが、どんなものでしょうか?
固定方法を詳しく教えていただければありがたいのですが。。。よろしくお願いします。
きみ さん 2016年06月29日16時44分
伊藤小次郎さん
コメントありがとうございます!たしかにわかりにくい文章でした。
早急に改善して更新しますので、数日お待ち下さい。
このようなコメント助かります。
巻き始めと巻き終わりですが、これは支点をおさえるということなのですが長くなりそうなので工夫します。
挿し混むだけではぐらつくことがあるので、鉢底まで針金を通して縁に引っかけるとより安定します。写真かイラスト書いて修正します。
吉村 元一 さん 2017年02月17日23時47分
 先日、ヤフオクで購入した黒松の盆栽ですが、幹の下方で針金の食い込みが一部に残っています。引っ張って食い込みから外すと傷めるだろうし、真際で切り針金を幹内に残すのも嫌なのですが。どうすれば良いでしょうか?
きみ さん 2017年02月19日14時12分
吉村さん
うーん、どうでしょうね。針金を食い込ませて太らせる方法もありますけどどうしても食い込み跡が残ってしまいますし。
こうしなさい、とは言えないですけど、暖かくなってからでは樹液が出やすいですし外せるものなら外した方がいいのではないでしょうか。傷が大きかったら保護剤使用や乾風に当てないようにしてください。
吉村 元一 さん 2017年02月19日23時45分
 こんばんは、早速コメントいただきありがとうございました。
注意しながらやってみます。 幹に針金が食い込んでいるのを見ると
かわいそうで。 以前にも一件、幹の上方で食い込みがあり、無理に
外したせいか樹皮がもげ、後にそれより上が枯れてしまいました。 
自己責任でやってみます。
きみ さん 2017年02月20日08時52分
吉村さん
一の枝が残っていればそこで改作もできるので、頑張ってください。
我が家にも食い込んだままの黒松があります。時期が来たら取木するつもりです。
栄町の花太郎 さん 2018年03月31日22時41分
ご丁寧なホームページを作られていますね。
初心者が興味を引くように作っておられることがよくわかります。素晴らしいですね。

北東向きの向きの庭で初めて梅を買いました。
花をつけようと思っています。
やる気が出てきました。
増澤幹男 さん 2018年04月01日09時17分
盆栽はほとんど素人です。庭に鳥が運んできたと思われるザクロの木を見つけ盆栽にしたいと抜き、容器に移しました。綿棒くらいのと、それより細いのが2本取れました。ワイヤー掛けしたいと思いましたが、幹がかなり固くて曲がりそうにないのですがどうしたらいいのでしょうか。固い木のワイヤー掛けを教えてください。移して根がつく前にかけててもいいのでしょうか。よろしくお願いいたします
きみ さん 2018年04月01日15時22分
栄町の花太郎さん

ありがとうございますm(--)m
マイペースではありますが、これからも頑張りますので宜しくお願いします。
きみ さん 2018年04月01日15時27分
増澤幹男さん
そうですね~、針金かけ慣れていないなら無理に曲げない方がいいですけどね。。
がんばって曲付けしても冬の間に枯れることもありますし。
真っ直ぐなのが気に入らないなら出来るだけ低い位置で緩くてもいいので曲付けしてみては?
枝先はこれからどんどん変わっていきますが、根元はますます硬くなって取木するしかなくなります。
徳力富美子 さん 2018年05月20日12時34分
はじめまして。ご指導よろしくお願い致します。
昨年の秋に拾った椿の種を育てています。盆栽に仕立てたいのですが、そろそろ針金かけは必要ですか?高さが5~7cmで葉は3ー4枚です。
きみ さん 2018年05月20日13時58分
徳力富美子さん
かわいいですね~。これからが楽しみですね。
針金かけるならあまり決めないで、できるだけ低い位置になんとなく一曲模様付けするような感じで曲げてください。
時間のかかる樹ですから気長にやってください。
木下 実 さん 2019年02月28日20時59分
可也きつく枝や幹を曲げている事に驚きました、
折れてしまうのでは??と心配ですが、
試してみます、ありがとうございました。
きみ さん 2019年03月02日11時11分
木下さん
最初は力の加減が分からないと思いますし、数年かけて徐々に作れば良いと思います。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動植物好きの猫飼いです。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンと一緒です。

ほとんど籠って盆栽いじってますが、盆栽教室やミニ盆栽屋「てのひら盆栽しんとう」も定期的に企画、出店しています。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 04 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 04 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。