キミの盆栽びより盆栽コラム、レポート > 盆栽は植物への虐待行為なのか

盆栽は植物への虐待行為なのか

更新日:2019/08/01

盆栽は植物への虐待行為なのか

今、盆栽は生きた芸術として世界的な人気があり、国内でも趣味として始める若い世代が増えてきています。

しかし盆栽への関心が高まり情報が溢れる一方で、植物を強く曲げたり切断したりする行為を虐待と感じる人がいることも確かです。

愛情をもって手入れをしても、趣味や道楽の盆栽は植物への虐待行為であることは否めない事実。だからこそ、盆栽人としての心構えを見直す必要があります。

1. 植物には感覚がある

2018年12月。豪ラ・トローブ大学の研究者らによって、植物は触れられると成長が著しく低下することが突き止められました。

実験に用いられたのはモデル生物として重宝されている「シロイヌナズナ」。

学術誌「The Plant Journal」に報告された研究結果によると、植物は少しの接触でも大規模な遺伝的防御反応を起こし、繰り返し触られると成長も停滞してしまうことが分かったそうです。

自然界では植物が互いに近い距離で育つと触れ合う枝は伸びなくなりますが、このような防御反応は太陽光へのアクセスを最適化するためにあると考えられています。

これまでの世界的な研究では、植物は従来信じられたいたよりも遙かに多くの量子情報を処理していることが分かってきていて、例えば「記憶」や「選択」「予測」「思考」、さらには「痛み」の感覚さえも情報として感じているのだといいます。

物言わぬ植物は私たち人間にとって何も感じていないと思われがちですが、古代から生きてきた植物たちは豊かな感覚能力を備えていて、初歩的な知能さえ持っているのです。(参考引用:2019年5月10日Excite Japanニュース)

2. 「切断」「曲げる」「皮を剥ぐ」「彫刻」...盆栽は樹木への虐待

もし「痛み」や「記憶」の感覚を植物が持っているとしたら、私たち盆栽愛好家は植物にとって残虐極まりない恐ろしい存在でしかありません。

なぜなら盆栽として樹を作っていく以上は、剪定や針金整枝などは基本の作業であるからです。

取木をするにはまず樹皮を環状に剥ぐ必要がありますし、穴を開けて枝を挿したり、幹を割って彫刻を施したり、時には釘を打ち込んだりもします。

小さいことが良しとされるミニ盆栽では、本来なら大木となる筈の樹を豆サイズの小鉢に閉じ込めて永年育ててゆくのです。

この一見残酷ともとれる所業は、盆栽作りの一番の醍醐味でもあり、愛好家にとって樹を弄ることは技術と樹格の向上に繋がる大事なプロセス。

それだけに大きな作入れはやたらに出来ることではなく、自身が磨いた技術と審美眼をもってしっかり構想を練り、樹に充分力を付けさせてからいよいよ出来ることです。

3. 「接触」がもたらす盆栽の効果

盆栽は適度な接触によって枝の伸びが抑えられ全体が締まって良い樹になるという話は、昔から言われていました。

接触というストレスを与えることにより、植物内で成長抑制ホルモン(エチレンやジャスモン酸)が合成され、枝の伸びが抑制されたり葉が小さくなったりするのです。

また、接触のストレスによる反応は成長を抑えることばかりではなく、花芽が早くついたり枝が太くなるなどの反応も確認されています。

枝が太くなるのは植物の防御反応によるものですが、手で試し曲げするだけでも部分的に太くなってしまうことがあり、盆栽としては美観を損なうので注意が必要です。

そのため繊細さが魅力のミニ盆栽では敢えて小さめの鉢に植え付け、針金整枝はあまりやらないで鋏作りの補助的なものとして行うことが多いのです。

4. 盆栽を趣味にする人の責務

盆栽は、自然に生きている樹よりも寿命が長いという話を聞きます。

強風、落雷、落石、大気汚染などの自然災害や害獣・害虫被害などで枝を失い、幹が折れたりして枯死する樹があるのに対して、人の手によって管理されている盆栽は水や肥料不足の心配もなく、夏は日よけ、冬はムロにまで入れてもらえる。自然界では半世紀と生きられない樹がある一方で、200年300年と生きている盆栽もたくさんあります。

しかし、私たちが愛好しているミニサイズの盆栽は、小さければ小さいほど外部環境がもたらす影響が大きく、水やりや施肥、置き場所などの管理方法にはより慎重にならなければいけません。

本来大木となる筈の樹木を小さい鉢に閉じ込めて、枝を伸ばせば切り詰められ、何年もそのままの大きさを維持している訳ですから、樹にかかる負担は計り知れません。

私たちはそれを充分承知した上で、せめてその樹が毎年芽吹き元気にその小さい葉を広げることができるよう、最適の環境を全力で整えてあげる責任があると思います。

プチ盆栽を愛した市川三郎氏

全日本小品盆栽協会参事、日本豆盆栽連盟副会長等を勤めた故市川三郎氏は、自身のブログで「プチ盆栽は樹木の虐待である」と記しています。

市川氏のノートには下のような句がいくつか書き込まれていたそうです。

「我が命 一寸小鉢に閉じ込めて つらくは無いかと よくもいい」

「この子等は つらくはないか干支もすぎ 心痛めぞ 償いもせずに」

「大山の 神を恐れて僅かでも 挿して増やすは 詫びる思いで」

どれも自分のミニ盆栽や山野の植物に対する罪悪感や自責の念が込められた句ですが、それ以上に樹木への溢れる愛情を感じます。

過酷な環境で最適条件の提供は愛好者の責務だと話す市川氏でも、盆栽歴30年になってやっと盆栽の難しさが解ってきたと話ています。

水やりも、剪定も、針金かけも何回やっても至らないことがあり、学ぶべき事が絶えずあります。

植物と話が出来ない以上、盆栽達がなにを思うのか知る由もありませんが、盆栽をやるからには樹に寄り添い、探求し、常に優しい心で接していきたいものです。

コメント

やえ さん 2019年08月13日01時25分
キミさん、
昨年より某小品盆栽愛好会に入り教えを請うていますが、正直ミニサイズの木に強い針金を掛ける行為に多少の疑問を感じています。針金掛けて貰った樹の半分以上は枯れました(泣)
針金掛けを全否定はしませんが、先輩方の中には鋏作りに徹する方もいらして、そんな考え方もアリかなと思うこの頃です。
市川さんのブログ拝読しています。この句も何度も読みました。
樹たちには勉強させてもらう謙虚な気持ちで接してゆきたいです。
きみ さん 2019年08月13日10時19分
やえさんへ
悩む気持ちとてもよくわかります
鋏だけではどうしても甘くなってしまうので、針金かけもできるようにならないとですしね
針金も鋏も盆栽をやってくうえで大事なことですから、会の中でたくさん聞いて自分なりに消化して自分の盆栽をやっていけばいいと思います。

このページは最近UPしましたが、書き上げるまでに時間をかけ考えを巡らせました。
わたしも悩んだり情けなく思ったり悲しい気持ちになったりもしますが、盆栽は「趣味」なので、自分が楽しめればそれで良いんですよ多分^^;
それに、曲げてもらった樹が枯れるのはよくありますね、見ていて内心ハラハラすることもありますけど預けた以上はそういうことも覚悟して(汗)
嫌なら預けない、自分でやってやるぞと。
長い道のり、その時の気持ち大事にしながら謙虚な気持ちで楽しんでいきましょう
応援しています。

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

猫好き。歴代猫は『アロ』『アズロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 09 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 09 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。