キミの盆栽びより盆栽の育て方葉物類の育て方 > 銀杏(イチョウ)の育て方

銀杏(イチョウ)の育て方

更新日2018/06/13

銀杏の育て方

銀杏の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
休眠期
 
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
黄葉
落葉
 
 
花芽分化
 
     
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰
 
 
日なた 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/2~3日
 
1/日
 
 
2~3/日
 
 
1/日
 
 
1/2~3日
施 肥
置き肥
 
 
置き肥
 
針金かけ  
 
 
 
 
 
 
 
剪定
 
 
 
植え替え
 
 
 
芽摘み
 
 
 
         
葉刈り  
 
 
       

銀杏の性質

銀杏はイチョウ科イチョウ属の落葉高木の落葉高木。

紅葉と種子銀杏(ギンナン)で馴染みの深い樹ですが、中生代に最も栄えた種類の唯一の生き残りで生物学上貴重な植物の1つです。

春の芽出しから秋の紅葉、寒樹姿まで四季を通して観賞でき、古い樹であれば実も見ることができます。

丈夫で挿木や取木も用意なので初心者でも増やしやすく、実生苗を寄せ植えにしたり株立ち仕立てにして楽しんでもいいです。

銀杏の管理場所

春から梅雨までは日当たりと風通しのよい場所で育てます。

夏の強い日差しに当たると葉焼けしてしまうので半日陰においてください。

秋になったら再び日に当てることで黄葉が美しくなります。

冬は鉢土が凍らないように保護してください。

銀杏の灌水

春の芽出し頃からは1日1~2回で、夏は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安に、表土が乾いたらたっぷり灌水するようにしてください。

特に夏場の水切れには注意し、夕方には積極的に葉水を与えてください。

銀杏の施肥

春新芽が展開して梅雨までの成長期と、夏場を除いた9月以降に秋肥を与えます。

4月~6月と、9月~10月の間に月1回のペースで油かすなどの固形肥料を与えて下さい。

病気・害虫

病害虫にはかかりにくいですが、管理場所が悪ければミノガ類や、すす病にかかることがあります。

葉色が悪い場合は肥料不足が原因かも。特にチッ素分が足りていないと葉緑素が減少し黄色っぽくなります。

銀杏の作り方

芽摘み(4月~5月)

銀杏(イチョウ)の芽摘み

銀杏の枝のでかたは2通りあり、長く伸びる枝(長枝)と、短いまま伸びない枝(短枝)があります。 芽摘みはそのうち長く伸びる長枝に対して行いますが、銀杏は小枝が分岐しな...

葉刈り(6月~7月頃)

大きい葉を葉刈り

銀杏は基本的に葉刈りしませんが、葉が多い場合はそのままだと内部が蒸れて害虫が寄ってきたり、採光や風通しが悪くなって枝が弱ることがあります。

場所によって葉の大きさにばらつきがあるので、6月~7月頃になって全体の調和を乱すような大葉を葉柄の元から切り取ってください。

剪定(芽出し前、落葉後)

成長期の間に伸びてくる長枝は適宜芽摘みをします。

全体の剪定は芽出し前か落葉後に行いますが、あまり小枝はできないので不要枝を整理する程度です。

水分の多い銀杏は切り口から腐れが入りやすいため、太枝を切ったときは特に保護剤を塗っておいてください。

針金かけ

銀杏の針金かけ

3年生の実生苗を曲げたところ

銀杏は直立性の植物なので無理に曲げない方が好ましいですが、盆栽として育てる以上は多少なりとも模様付けする必要があります。

銀杏の枝は比較的柔らかく曲げやすい反面、水分が多い樹なので曲げると折れやすい性質があります。

慣れないうちは力加減が分からないので、1本長く伸びたものは一度で決めず時期を分けて徐々に畳むように癖をつけて下さい。

太枝に針金をかける場合の適期は芽出し前か秋頃。1年生の苗や新梢にかける場合は時期に拘らず、まだ枝の柔らかいうちに癖つけしておきましょう。

銀杏は幹を強く曲げるとその部分から胴吹きしやすいので、これを活かして小さく作ることも可能。

ただし幹が古くなるほど厳しい癖付けは難しくなるので、若木のうちに幹模様を付け、あとは素直に作るか取木を考えてもいいかもしれません。

植替え(3月~4月)

銀杏は根の成長が早く根詰まりしやすいので、若木や小さいものは1~2年に1回の間隔で植え替えをします。成木は2年~3年に1回を目安にしてください。

太くて長い根は早めに整理すべきですが、あまり強く根処理すると弱るので、落とす根土は全体の1/3程度にしておきましょう。

長い根ばかりで分岐が少ない場合は無理に処理せず、根を鉢に巻き入れるようにして収めてください。

銀杏は八方に伸びた根張りも見所の1つ。植え替えの時には根を広げて植え付け、浅めの鉢で培養するといいです。

コメント

ミィ さん 2017年05月14日15時08分
はじめまして ^^

拾った銀杏を植えましたら先月から少しずつ芽が出てきて伸びています。

小さな盆栽にしたいのですが、このまま放っておくと大きくなりすぎそうで不安に思っています。

まだ10cmぐらいの赤ちゃんなのですが、これから短く切ったり鉢に植え替えるのはいつ頃がいいのか、もしご存知でしたら教えてください。

厚かましく申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
きみ さん 2017年05月16日10時37分
ミィ さん
実生苗はずーっと真っ直ぐ伸びていきますから、針金で軽く癖を付けておいたり網伏せで曲をつけるとまぁ見られる姿になると思います。
挿木しても付くので、そのうち適当な箇所で挿して短く作りなおすのもいいかもしれません。
真っ直ぐの若木を短く剪定したことがないですが、もしかしたらドングリみたいに第2芽でるかもしれないですね...もしかしたらですが<(_ _)>
直根を短くするのは、今ならできると思います。
ハマのおんたた さん 2018年05月11日00時18分
前略

拾った銀杏から芽が出で3年目になります。
高さ40cmの鉢に植えています。
毎年この頃から段々と葉の色が薄い黄緑色になってしまいます。今年こそ青々した元気な銀杏を見たいのですが、どうしたらよいか全く分かりません。
アドバイス等ありましたら宜しくお願い致します。
きみ さん 2018年05月11日14時34分
ハマのおんたた さん

こんにちはー。イチョウは3年やそこらで花が咲く物ではないですよ。若木は自身を大きくするのに必死ですから。さらに雌雄別なので雌じゃないと実もなりませんからね~汗

こちらもどうぞ
https://bonsai.shinto-kimiko.com/kiso/jyuyu/hamono/icyou.htm

葉色が悪いのは肥料不足か、チッ素分が足りていないのかも。
盆栽ワークショップのお知らせ

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求め都外へ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 11 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 11 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。