キミのミニ盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類実物類の仲間 >青葛藤(アオツヅラフジ)の魅力

青葛藤(アオツヅラフジ)の魅力

アオツヅラフジ

青葛藤(アオツヅラフジ)はツヅラフジ科アオツヅラフジ属の蔓性落葉本木。

名前の由来は諸説あり、青い実を付けることからその名前がついたと思われやすいですが、どうやらそれは昔の草木学者の記述ミスから一般に広がった名前のようで、本当は「カミエビ」という名前があります。

カミエビのカミは「神」、エビはブドウ科の「エビヅル(エビカズラ)」から来ています。

エビヅルは薬効あらたかな植物であったことから「神のエビヅル」と言われていましたが、このエビヅルの実がアオツヅラフジの実と似ていることから「神のエビヅル」が転じて「カミエビ」と呼ばれていました。別名に「ピンピンカズラ」「チンチンカズラ」などがありますが、現在は「アオツヅラフジ」の呼び名が定着しています。

藪の中や道端に普通にみられる植物で、丸いブドウの様な果実は鮮やかで映えますが、有毒なので食べることはできません。

雌雄異株なので実を鑑賞するためには雄木が必要です。

アオツヅラフジの特徴

アオツヅラフジの花(7月~8月)

アオツヅラフジの雄花

アオツヅラフジの雄花

アオツヅラフジの花は雌雄ともに淡黄色で、葉柄の基部に小さな花を沢山付けます。

雄花は3つの萼に5枚の花弁が重なるように付いていて、花弁の先は2つに裂けています。

中央には雄しべが6本付いています。

雄花の花期は長く、9月頃まで咲いていることもあります。

アオツヅラフジの雌花

オツヅラフジの雌花

雌花は6枚の丸い萼に、萼より小さな花弁が5枚重なって付いています。

雌しべの下には白緑色の子房が数個付いていて、受粉するとその1つ1つが次第に膨らんできます。

アオツヅラフジの実(9月~11月)

アオツヅラフジの実

アオツヅラフジの実

受粉すると子房が徐々に膨らみ、秋になるとこの実が次第に濃い青紫色に色付きます。

房状に連なる実はまるでブドウのようですが、有害なので食べることはできません。

11月頃まで観賞できますが、あまり遅くまで付けたままにしていると翌年の樹勢が落ちてしまうので早めに摘果し、翌年は実をつけずに休ませるなどした方がよいです。

アオツヅラフジの繁殖法

アオツヅラフジの種

アオツヅラフジの種

アオツヅラフジの種木は実生のほか株分けや根伏せ、挿木などで増やすことができます。

種の中心はへこんでいて、カタツムリのような特徴的な形をしています。

実を潰して種を取り出し、果肉を洗って翌春に播けばほぼ発芽します。

実生2~3年で花芽を持ち始めますが、最初の頃はほとんどが雄花です。

古くなれば雌化する場合もあるので、長く育ててください。

アオツヅラフジの主な樹形

懸崖の青葛藤

伸びる蔓や、実の位置とのバランスを考えて懸崖や半懸崖にして飾ることが多いです。

根の部分や伸びる蔓が古くなると次第に太って幹になるので、実生苗などは伸びる蔓はそのまま伸ばして作ります。

アオツヅラフジは毎年実の位置が違いますし、小枝は冬の間に枯れてしまうことがほとんどなので毎年姿が変わるものと思ってください。

実を鑑賞したら伸びる蔓を1~2節残して剪定をし、枝数を増やしながら古い枝を大事にしてください。

針金かけは普通行わず蔓の自然な感じを出すのがいいですが、枝の方向修正など補助的な針金整枝は必要に応じて行ってください。

アオツヅラフジの日頃の管理

置き場所

日当たりと風通しのいい場所に置きます。

夏の強い日差しは避けて下さい。

用土

基本的に赤玉土を単用します。

灌水

水切れさせないように注意してください。

春は1日1~2回、夏場は1日2~3回、冬は2~3日に1回を目安としてください。

花に直接水がかからないようにしてください。

肥料

4月~6月と、9月~11月の間に月1回、油かすなどの固形肥料を与えます。

開花~受粉後は中止し、実が肥大しはじめたら再開します。

病気・害虫

ヤガ類の幼虫やハダニ、アブラムシなどが葉裏につきやすく、葉が汚れてしまうので定期的に殺虫剤を散布してください。

葉水も害虫予防になります。

                                                   

コメント

meika さん 2018年03月10日08時26分
   初めまして、私の体験では1本の「アオツヅラフジ」で花が咲き、結実しました。
盆栽として育成して2,3年になりますが、その種『アンモナイト化石』に、似ているのが感動でした。

 勿論、この種『アンモナイト化石』を蒔くと、昨年は全て発芽して成長しています。

 それから、どの報告の記述にも、雌雄異株なので実を鑑賞するためには雄木が必要と書かれているのに疑問を感じています。雌雄同株なのかもしれませんが。20180310
きみ さん 2018年03月10日17時46分
meikaさん
そうですか!1本で実がなりましたか。
そういえばロウヤ柿も雌雄異株ですが勝手に実がなる性のものもありますよね。
雄が雌化する話も聞いたことがあります。実生するとほとんど雄花ばかりだけど、月日が経つと雌花も付けるようになるのだとか。となれば1株で雄花と雌花が咲くこともあるかもしれないです。
自生株では勝手に実も付いてますし、断定的に言うのもおかしいかもしれないですが、盆栽では知りませんでした。
貴重なコメントと写真、ありがとうございます。(こういうコメントを待っていました!)

都内のベランダから盆栽を始め、現在は盆栽のために郊外に土地を得て暮らしています。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

アビシニアン猫(♂)とメダカを飼っています。歴代猫は『アロ』『アズロ』。

現在、盆栽世界にて「キミのMonthlyお手入れ講座」連載中です。

ワークショップ/イベントのお知らせ お問い合わせ

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2020年 06 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2020年 06 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。5月号より連載の「キミのMonthlyお手入れ講座」が始まりました。どうぞ宜しくお願いします。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。