キミの盆栽びより管理の基本剪定 > 若木と完成樹の剪定の違い

若木と完成樹の剪定の違い

若木・苗木の剪定

ゴヨウマツの忌枝

ゴヨウマツの若木
(実生6年生)

若木や苗木は木の勢いが強いので、幹の1カ所から複数の枝がでたり(車枝)、左右に平行して出たり(かんぬき枝)することが多くあります。

特に黒松や五葉松、蝦夷松、真柏・八房杜松などの松柏類や、モミジ・楓・欅・姫沙羅・橅などの雑木類の若木はこのような忌枝(いみえだ)が出やすいです。

この様な枝は、自然樹では樹齢とともに次第に淘汰されて、左右交互にバランスがとれスッキリした姿になります。

しかし盆栽苗木の場合は、そのままにしておくと枝の付け根の部分が異様に太くなってしまい、それから切り落としても傷が大きく残って、美観を損ないます。

傷を小さく済ませ胴吹き枝を呼ぶためにも、忌枝は早めに剪定してください。

ただし一度に全ての不要枝や忌枝を取ってしまうと、それだけ葉を失うことになり、他の枝の生育に影響したり全体の樹勢を落としてしまう可能性があります。

忌枝や不要枝の剪定は、樹の様子を見ながら数年かけてで徐々に整理しましょう。

完成樹の剪定

完成樹は、樹齢を重ねて勢いも落ち着き忌枝や徒長枝は伸びにくくなっているため、樹冠から大きくはみ出す枝を整える程度で済むようになってきます。

それでも春から伸びた枝や、若木の頃に枝抜きを怠ったために残った忌枝は意外にあるもの。太くなった忌枝の処理は難しいものがありますが、車枝やかんぬき枝はできるだけ処理するようにしましょう。

しかし、忌枝だからといって全て取るのではなく、変わりの役枝が吹いて育つまで処理を待たなければいけないこともあります。

不要だからと枝を剪定しすぎると、樹勢が落ちたり他の枝の生育に影響を及ぼすことがあるからです。

その場合は不要な枝の芽摘みを強めにするなど、徐々に勢いを抑えながら、伸ばしたい芽を大切にします

雑木類は比較的次の芽が出やすいのですが、松柏類は芽が吹きにくいので剪定には特に注意が必要です。

場合によっては、正面を代えることによって忌枝を剪定しなくてもよくなる事がありますので、剪定する前に一度よく考えてみましょう。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

盆栽ワークショップのお知らせ

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求め都外へ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 11 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 11 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。