キミの盆栽びより管理の基本葉刈り葉物類の葉刈り > 蔦(ツタ)の葉刈り

蔦(ツタ)の葉刈り

ツタの葉切り

蔦の葉刈りは、葉の大きさのバランスが悪い時や葉焼けして美しい紅葉が望めない時、蔓を伸ばして全体に流れが欲しいときなどに行います。

丈夫な樹なので、思い切って葉刈りしてください。

蔦の葉刈り

葉刈りの適期は、新葉の組織が固まる6月~7月上旬頃です。

蔦の葉刈りは部分葉刈りが基本で、外側の大きな葉を葉柄の付け根の部分で切り取ってください。

もみじや楓などは葉刈りすると葉柄の部分が自然に落ちますが、蔦はそのまま残ってしまうので出来るだけ根元で切っておきましょう。

蔦の部分葉刈り

元気な樹なら全ての葉を切り取っても問題ありませんが、弱い枝に付く葉は小さいので葉切りする必要はありません。

秋になったら不要な蔓や枯れ枝、大きな葉を整理して観賞に備えてください。

部分葉刈りをすると次に出る葉が格段に小さくなり、蔓(シュート)が伸びて蔦らしい姿になります。また、葉の組織が新しくなるので紅葉も美しくなります。

蔦の部分葉刈り

ただし鬼蔦やオカメ蔦などのもともと葉が大きいのもや、樹姿が出来上がっているものは、そのものの良さがあるので葉刈りしないほうがいい事もあります。

蔓を伸ばすと反って樹の良さを損ねてしまうことがあるので、蔦なら全て葉刈りするのではなく、どのように作れば飾ったときに映えるかを考えて作業してください。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

世田谷のバルコニーで盆栽を始め、現在は盆栽のための広い土地を求めつくばへ移住計画中。小さい盆栽を中心に山野草や鉢作りを楽しんでいます。

動物好き。初代愛猫の名前は『アロ』。現在は雄のアビシニアンを飼っています。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2019年 03 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2019年 03 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。