キミの盆栽びより基礎知識盆栽樹種の分類草物類の仲間 > ケイトウの魅力

ケイトウ(鶏頭)の魅力

ケイトウはヒユ科の一年草。

ケイトウ

花穂の形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることから鶏頭の名前が付きました。

原産地はアジアやアフリカ、インドの熱帯地方で、日本には奈良時代に中国を経由し伝わったと言われています。

観賞用に改良された園芸品種も数多く、野ゲイトウを始めとしてヒモケイトウや久留米ケイトウ、羽毛ケイトウなどかなりボリュームのあるものもあります。

花期は6月~9月頃で、色は紅や黄色、オレンジ、紫、桃色など。

盆栽ではあまり大きく派手な品種よりも、野ゲイトウや槍ケイトウといった花穂の小さいものが好まれます。

夏の花後に短く切り詰めておくと、秋頃に伸びる2番目芽からも花が咲きます。

暑さにも強く、よく日に当てることで花色も鮮やかになるので、日当たりのいい場所で管理してください。乾きが早いので、特に開花中は水切れしないように注意が必要です。

また花が咲き出す頃に油かすを少量与えておくと長持ちします。

一年草なので持ち込みできず、毎年の春(4月下旬~6月頃)に種を播いて作る必要がありますが、数ヶ月しか楽しめない儚さも盆栽の1つの楽しみ方です。

発芽温度が25度前後なので早まきは厳禁ですが、種播き後は4~5日で発芽し、1ヶ月半~2ヶ月ほどで開花するのですぐに作れる所も魅力。

小さい鉢で実生すれば背丈も抑えられるので、小さく作れば愛らしく、寄せ植えや添えの草として活躍します。

コメント

この記事へのコメントはまだありません。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2017年 11 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2017年 11 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。