キミの盆栽びより盆栽の育て方花物類の育て方 > 梅(ウメ)の育て方

梅(ウメ)の育て方

梅の作業暦

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
生育状況
 
 
 
芽出し
 
 
 
 
 
 
落葉
休眠期
 
 
花芽分化
 
管理場所
ムロ
 
ムロ出し
日なた
 
 
半日陰
 
日なた
 
 
 
灌 水
(回数/日数)
1/日
 
1~2/日
 
 
 
2~3/日
 
 
1~2/日
 
1/日
施 肥
 
 
 
 
 
針金かけ
芽押え
 
剪 定
 花後の剪定
追い込み剪定
折りだめ
軽剪定
 
植え替え
 
 
 
芽摘み
 
 
           
葉刈り 葉すかし            

梅の性質

梅はバラ科サクラ属の落葉小高木。

品種は原種に近い野梅(やばい)系の他、紅梅系、豊後(ぶんご)系、難波系、紅筆系、青軸系、杏系、枝垂れ系など数多くの園芸品種が作られています。

盆栽には花に気品のある原種に近い野梅系の品種が人気で寒紅梅や冬至梅などの代表樹種があります。また紅梅系の緋梅も有名。

花の色や形、咲き方、枝のでかたなどは品種によりいろいろなので、好みの樹に出会ったら品種名を調べておくといいです。

また、梅のようなバラ科の樹種は病害虫に注意が必要で、特に根の病気(根頭癌腫病)になると厄介です。日頃から樹をよく観察し、植え替え時期には殺菌を徹底するなど、被害が出るまえの防除が大事です。

アブラムシ類やカイガラムシ類のほか、黒星病にもかかりやすいので注意が必要。

梅の管理場所

日当たりと風通しの良い場所がよいですが、半日陰のほうが花芽はよく付くようです。

葉の組織が柔らかく葉焼けしやすいので、夏場は日よけの下で管理するなど直射日光に当たらないような工夫をしてください。

梅の灌水

水を好むので、表土が乾いてきたらたっぷり水やりしてください。

特に成長期は水の吸い上げが著しいので水切れには注意です。

花芽分化は7月~8月頃。野梅などはこの時期に水や肥料を辛めにしてやや乾かし気味にすると花芽が多く付くと昔から言われますが、根拠に乏しいところも。

特に辛目の水やりは熟練者でも難しく、普通の水やりを意識した方が無難と思われます。

梅の施肥

花後4月~6月の間と、秋(9月~10月)に油かすを基本にした固形肥料を置き肥します。

肥料が少ないと枝枯れしたり、花芽が付かなくなるのでしっかり与えることが大事です。油かす単用だとリンやカリウムが不足しがちなので、時には液体肥料を併用したり骨粉を使うとなおいいです。

プロミック(花物用肥料)

またチッ素分が多すぎると逆に花芽が付かなくなるので、プロミックなどチッ素分の少ない花物実物用の肥料に切り替えるのも良。

秋肥は特に冬越しに備えて春の芽出しを促すための大事な栄養分なので忘れないように。花芽より葉芽を持ちやすい一重咲きの品種では、秋肥を控えめにするといいようです。

プロミック【ハイポネックス】 草花・鉢花用350g(錠剤肥料置肥)

梅の花芽と葉芽

梅の花芽と葉芽

梅の花芽と葉芽

梅の花芽分化期は7月~8月。開花前の梅の花芽は大きく丸味を帯びているのに対して、葉芽は先端がやや尖った状態で膨らんできます。

秋以降は花芽も既に分化していますが、まだ小さな蕾の状態では慣れた人でも花芽と葉芽を混同してしまうことがあるので注意が必要。

梅の剪定は花芽と葉芽をしっかり確認しながら行う事が大事なので、その判断が付きやすい花後の剪定が基本です。

秋に剪定する場合は忌み枝や枝先を軽く整える程度の剪定にとどめておきましょう。

梅の作り方

芽摘み(4月下旬~5月)

春以降に伸びる新梢は、4月下旬~5月頃になって葉が6~7枚くらいに達した頃に芽摘みします。

梅の花芽は一般的には6~7節くらい(10cm~15cm)で伸びが止まる枝に付きやすいです。

他の樹種よりもやや長めなので、芽摘みも先端を摘む要領で4~5節と長めに残すことがコツ。あまり短く詰めると夏芽が伸びて枝元が太る原因になりますが、先端だけ摘んでおけば伸びだけが止まります。

梅の芽摘み

【花芽を期待する場合は4~5節残して長めに摘む】

樹作り中の樹なら花芽は気にしませんので2~3節ともっと強めに芽摘みし、次に出る2番芽は1節残しで摘んで細かい枝を増やしてください。

梅の芽摘み

【枝作り中のものは2~3節残しの芽摘み】

芽摘みをしなかったものや、芽摘み後も強く伸びる枝は折りだめ芽おさえなどで勢いを調整します。

葉刈り

葉すかし(5月上旬)

梅はあまり葉刈りしませんが、枝作りの過程では葉すかしをすることがあります。

特に枝が混み合い葉が茂った状態のものは、そのままにしていると内部が蒸れてフトコロ枝が弱ってしまう傾向があるため、ある程度葉量を減しておく必要があるのです。

葉すかしできるものは樹勢が強く、芽吹きのいい品種(野梅系の一重咲き品種など)に限られますが、風通しや日照条件が改善されフトコロ芽も活性化します。

梅の葉すかし

作業の適期は春から伸びた新梢の葉が固まる5月上旬頃。

葉すかしといってもモミジやカエデのように詰めた先端の片葉を切るのではなく、新梢の第一節に付いている小さい葉(スソ葉)を鋏で切り取ってください。

枝の勢いによってスソ葉の付く数も違うので、スソ葉が4枚なら2枚、3枚なら1枚切るといったように調整します。

極端に伸びる徒長枝に対しては、葉すかしより芽摘みで対応した方が効果的です。

全葉刈り(5月初旬)

全葉刈りは葉すかしよりもはるかに負担が大きいため、前年から充分肥培し、樹勢が乗っている若木や芽吹きのいい品種の樹に対して行える作業。

その分得られる効果も高く、節の短い枝を増やし、かつその枝に花芽を持たせることもできます。

梅の全葉刈りは、剪定と葉刈りを同時に行うことから二度切りといい、春から伸びた新梢を2節まで追い込み、残した枝の葉も全て切り取ります。

梅の全葉刈り(二度切り)

二度切りの適期は5月初め頃。時期が遅れると花芽を持ちにくくなるので、遅くならないようにしましょう。

二度切り後1ヶ月くらい経つと2番芽が充実してくるので、芽摘みと同じ要領で強く伸びる枝を3~4節残して剪定してください。

あまり伸びない枝はそのままにするか、軽く葉すかし(スソ葉)をしておきます。

うまくいけば花芽も期待できるので、落葉後は葉芽を確認しながら2~3節残して切り詰め観賞に備えてください。

剪定(花後2月~3月)

「桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿」ということわざがあるように、梅や桜は剪定を間違うと著しく樹形が乱れ、盆栽仕立てのものなら致命的な問題になります。

梅は花も大事ですが、樹姿の維持が難しい樹。それだけ剪定がとても重要な役割をしているので目的に応じた剪定のポイントを押えてください。

梅の剪定は、落葉し枝が見えやすい花後(芽出し前)の年1回の剪定が基本です。

花が終わって芽がようやく動きだそうかとする2月から3月にかけてが適期。

厳寒地では少し遅めの4月頃に剪定する場合がありますが、これは葉芽が確認しやすく冬枯れのリスクも低くなるので初心者にもお勧めです。

基本的な剪定方法は、葉芽の位置を確認しながら2芽残して芽のすぐ上で切り詰めます。

梅の花後の剪定

【花後の剪定は葉芽を確認して2芽残しの剪定を】

芽の間隔が広い場合や樹勢の強い若枝などは1節残しの剪定をすることもありますが、芽が動かない場合もあるので基本2~3芽残しの剪定の方が安全。枝は互生に伸びるので、枝同士が重ならないように芽の方向も考えながら全体の輪郭がコンパクトに収まるように考えて剪定してください。

春以降に伸びる枝の中で特に勢いよく伸びる徒長枝は短く切り詰めてもいいですが、必要な枝なら芽摘みや針金で伏せる(芽押え)などの方法も検討してください。

花芽を付けさせるための剪定

折りだめ(6月頃)

梅に花芽を付けさせるには、春から伸びる新梢を花芽分化期までに充分に充実させておく必要があります。

花芽をつけさせる方法としては、6月頃に伸びた枝を2~3芽のところで枝を折り曲げる折りだめがあります。

梅の折りだめ

勢いが強く太くなった枝や、折ると他の枝の日照を妨げる場合は、枝が倒れない程度にペンチなどで枝の組織をぎゅっと潰して水や栄養の通路を狭めます。

折りだめによって枝の成長は阻害されますが、残した葉の光合成は継続されるので枝が充実し、やがて折った部分から枝元までの間に花芽形成が促進されます。

折りだめすると姿は見苦しくなりますが、観賞前に剪定すればいいのです。

追い込み剪定法(4月~6月頃)

その他に花芽をつけさせる剪定として、新梢を段階的に切り戻す追い込み剪定法があります。

やりかたは春から伸びる新梢の葉が5~6枚くらいになったら先端をとめ、次に伸びる2番芽もその新芽ごと先端の葉を剪定します。

花芽分化期までにこの作業を2~3回繰り返していると、最後の2番芽に花芽を分化させることができるようになります。

葉数を確保しながら徐々に枝元近くに2番芽を吹かせることで、樹勢を損なうことなく残した枝を充実したものに出来るというわけです。

折りだめも追い込み剪定法も、葉数を確保し樹勢を維持しながら枝の勢いを抑えることがポイントで、趣味者の長年の試行錯誤から編み出されたもの。

一気に短く切るよりもメリットが多く、桜や梅擬(ウメモドキ)にも応用できます。

だたし先端を止めただけでは2番芽が吹きにくかったり、品種により追い込みが出来ないものもありますから、方法の1つとして覚えておくといいでしょう。

葉芽を増やすための剪定

梅の盆栽では花を咲かせることも大事ですが、開花のために沢山のエネルギーを消耗してしまうので樹は次第に弱っていきます。

若木や養生中のものは、まず枝作りや樹勢の回復を第一に考え、花芽がついても早めに欠き取ってください。

樹形作りでは、まず葉芽を育てることが大事。

ですが前述したように、特に花の付きやすい品種では花芽ばかりできて葉芽がなかなか育ちません。

葉芽を持たせるための剪定

そんな時は、春から伸びた枝の葉が5~6枚くらいに達した5月中~6月頃に、枝元の葉2~3枚を葉刈りしておくとその基部についた芽は葉芽になります。

葉を残した枝先の方には花芽が付きますが、花を見る目的ではないので欠き取りましょう。

落葉後、葉刈りした2~3芽のところで剪定すれば小枝を増やすことができます。

花がら摘み

梅は花を数多く付けすぎたり、開花期が長くなるほど体力を消耗してしまうので5分咲き以上になったら花や蕾は摘み取った方がよいです。

いつまでも花がらを取らずにいると結実して負担が増し、しまいには枯れてしまいます。

梅の花がら摘み

梅の花は花弁が落ちても子房や雄しべが付いたままなので、これを指先でむしり取るかピンセットで取り除いてください。

梅は花柄が短く基部にも小さい芽を持っているので、この芽を痛めないように面倒でも丁寧に作業することが大事です。

ただし梅は葉芽の持ち方がまちまちで、同じ位置に葉芽がいくつも付いたり、花芽2つの間に葉芽を1つ持ったり、花芽の腋に花芽が付く場合もあり、花がらの痕に必ず葉芽を持つとも限りません。

花芽の付きやすい園芸品種では特にこの傾向が強く、葉芽と葉芽の感覚が大きく開くことも珍しくありません。なので不用意に剪定すると葉芽を飛ばしてしまい著しく樹形を崩してしまいます。

どの芽で切っても枝が出来るような樹種と違い、梅は一枝ごとに葉芽の位置を確認しながら剪定することが大事。

そのため、花芽と葉芽の区別が付きやすい花後(芽出し前)の剪定が基本になります。

針金かけ(5月~6月)

梅の幹や枝は古くなると折れやすいので、5~6月頃になって新しく伸びた柔らかい枝にかけるようにします。

梅の枝は真っ直ぐ上へ上へと伸びる性質があるので、新梢がまだ柔らかいこの時期に針金で伏せてください。

これを芽押えといって、枝の勢いを押える効果や枝元に模様を付ける目的があります。ただし無理をすると折れてしまうので、多少甘めでも負担のかからない程度にかけておいてください。

針金は食い込みが早いので1~2ヶ月で外し、伸ばした新梢は落葉後に1~2節のところで短く切り詰めます。

植替え(2月~3月)

花後(芽出し前)の剪定時期と併せて植え替えるのが一般的。秋や観賞前でも可能ですが、しっかり冬期保護することが前提になります。

植え替え周期は1~2年に1回が目安。 赤玉土を主体に山砂や桐生砂、さらに多少水持ちをよくするために黒土や腐葉土を混ぜてもいいでしょう。

梅は根を深く切り詰めても大丈夫なので、特に仕立て中の若木はしっかり根処理をしてください。

古木の場合はあまり深く処理せず、台土を残し気味にするのがポイント。

仮に強く切り詰めても樹勢に影響することはあまりないのですが、根が大幅に更新されることで樹も若返り、枝が徒長しやすくなったり花芽が付きにくくなってしまいます。

関連ページ

コメント

ようじ さん 2018年02月08日22時19分
きみさん

こんにちは。
鹿児島紅梅が綺麗に咲いてくれました。

盆栽を始めて最初の開花なので、喜びひとしおですねぇ。

これからの作業について、お教えいただけますでしょうか。

1.樹に負担をかけないために、花を摘むと聞いていますが、花を摘むタイミングはいつ頃なのでしょうか?
しぼんだ花を摘めば良いのでしょうか?

2.花芽を2つほど残して剪定をしようと思いますが、すべての花を摘んでから剪定すれば良いのでしょうか?
剪定のタイミングをお教えください。

3.一回り小さい鉢に植え替えようと思ってますが、いつ頃に植え替えれば良いのでしょうか?

初歩的な質問ばかりで恐縮ですが、よろしくお願いします。
きみ さん 2018年02月10日09時50分
ようじ さん
こんにちは、引っ越しと風邪で暫くネットが出来ずにお返事遅くなってしまいました。すみませんでした。梅、綺麗ですね紅千鳥?品種詳しくないので間違っているかも。
質問にお答えします。
1、花を摘むタイミングはしぼんできた時で大丈夫です、そんな難しく考えずに見頃が過ぎたな~って時に摘んでください。
2、剪定は全ての花を摘んだ後の方が全体のバランスが取りやすいです。今切っていいですけど、切り口からヤケが入るので面倒でも保護剤を塗っておいた方がいいかも。
3、植え替えは2月下旬~3月上旬頃の芽出し前です。樹の状態をよくみて、芽が膨らんで動いてきたなと思った時がベストです。うまく根がさばければ小さい鉢でもいいですけど、管理になれないうちはあまり無理しないほうがいいですよ。来年は今年ほど花芽は付かないかもしれません。ゆっくりいい樹にしてください!
ようじ さん 2018年02月11日09時50分
きみさん

アドバイスおおきにぃです♪
風邪は大丈夫ですか?
ちゃんとアップ出来てなかったのかと思い2回も送ったしまいました。
すみませんでした。

花の摘むタイミング、剪定時期、植え替えについて良く分かりました。
来年は今年より花芽がつきやすくなるの少なくなるとのこと、寂しくですねぇ?

ゆっくりと楽しんで育てていきます(^-^)v

これからもよろしくお願いいたします。
ようじ さん 2018年02月11日10時33分
きみさん

追加で質問させてください。

剪定後に保護剤(癒合剤)を塗った方が良いとのことですが、塗った所はもう伸びなくなるのですか?

それとも保護するだけで、従来通り成長するのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ないですが、よろしくお願いします。
きみ さん 2018年02月11日10時47分
ようじさん
塗ったところといいますか、切った部分は伸びませんがその近くにある芽が伸びてきます。剪定はいろいろな目的がありますが、枝を切ることによって側芽が伸びるのでそれを利用して枝数を増やしたり幹模様を作ったりします。
ようじ さん 2018年02月11日12時41分
きみさん

早速のご回答ありがとうございます。
てっきり切った所からまた枝が伸びるもんだと思ってました?

保護剤を塗ってる意味が良く分かりました。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。
やえ さん 2018年02月12日15時02分
きみさん、

初めてコメント差し上げます。
梅盆栽の育て方についてあれこれ調べているのですが、こちらの梅の説明、ひょっとしてツツジの説明文ではありませんか?
梅はバラ科だし、育て方も微妙に異なるように記憶しているのですが⋯違っていたらごめんなさい。
きみ さん 2018年02月12日17時25分
やえ さん
本当にごめんなさい。
その通りです。折角見に来て頂いたのに、すみませんでした。
取り急ぎ文章だけで見にくいですが、内容を直しました。宜しくお願いします。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 03 月号 [雑誌]
盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 03 月号 [雑誌]
毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。