キミの盆栽びより管理の基本 > 盆栽の冬の管理

盆栽の冬の管理

植物にはもともとそれぞれに原産地があり、それぞれの植物がその地域の風土を最適として生育しています。

世界の風土は熱帯、亜熱帯、温帯、亜寒帯などに分けることができ、日本の国土はそのほとんどが温帯に属しています。

沖縄地方や北海道、東北地方など限られた地域に亜熱帯や亜寒帯が分布していますが、現在日本全国で盆栽として仕立てられている植物の中には、亜熱帯性や亜寒帯性植物も含まれています。

盆栽を育てる上では、このような植物の耐寒暑性を知ったうえで、どの程度の寒さや暑さに耐えられるのかを把握しておく必要があるのです。

寒害が起こる原因

寒害というのは単に寒さによる害だけでなく、冷たく乾燥した風による枝枯れや、大量の降雪による枝折れなどの被害を言います。

盆栽として育てられるほとんどの植物は、一定の寒さを経験しないと翌年の芽出しやその後の成長に影響するので、ある程度は寒さにさらす必要があります。

ただし、冬の乾燥には注意しないといけません。

寒さに強い松柏類でさえ、乾いた冷たい風に当たるとと葉枯れや枝枯れを起こしてしまいます。

寒さに強い樹種でも、ケヤキのように枝の細かいものは冬の乾燥した風にあたると枝枯れしてしまうので、対策として落葉後に枝を束ねて被害を防ぐ冬支度がなされます(写真)。

逆にさほど寒さに強くないスギやサザンカ、ピラカンサなどでも、盆栽を鉢ごと土中に埋めて、空気を含んだ柔らかい雪をかぶせておけば、枝折れなどの被害が少なく冬越しすることができます。

冬の間に樹を枯らしてしまう原因は次のようなものが挙げられます。

  1. 防寒、防風対策をしなかった
  2. 晩秋から寒さに馴らさなかった
  3. 室内に持ち込む期間が長かったなど、過保護にしすぎて気が軟弱になっている
  4. 秋に無理な針金かけをした
  5. 寒さに弱い樹種や品種を十分な保護なしに越冬させた
  6. 半耐寒性の樹種を入手した後、十分寒さに順応させないうちに植替えや鉢上げをした
  7. 冬越しに対する無知、準備不足

耐寒性と糖分の関係

植物の耐寒性にはいろいろな要素が関係していますが、その中でも特に重要な要素に植物体内の糖分含有量が関係していると考えられています。

糖分は主に植物自身の光合成で合成されるもので、植物体を構造的・機能的に維持するために必要な栄養分です。

植物体内に糖分が豊富に含まれている場合、浸透圧の関係で植物細胞内部(=原形質)にも水分が十分に存在していて、外部から水分を要することが少なくなります。

逆に糖分量が少ない場合は、より多くの水分が必要になります。

糖分含有量による耐寒性の違い

糖分含有量の多い樹種は水分貯蔵量も多く耐寒性に関係している?

また、普通水は0℃になると凍り始めるのに対して、糖分を含んだ水の凝固点は低く、15%の砂糖水は-1度でも凍ることがないそうです。

典型的な原形質の中に含まれている水分は約85%(他はタンパク質10%、脂質2%と微量物質)といわれていますが、糖分含有量の多い植物は凍結にしくく、冬の間も原形質に残った水分と貯蔵栄養で冬を越すことができるのです。

耐寒性が強い松柏類や落葉樹は、冬の間葉に含まれる糖分の含有量がとても高く、-20℃を下回る気温下でも生きることができます。

冬の寒さに強い樹種は、耐寒性を高めるために気温が下がりはじめると体内により多くの糖分をため込むようになります。

もちろん糖分含有量だけが耐寒性に作用しているわけではありませんが、同じ原産地の植物でも耐寒性に違いがあるのはこのためだと考えます。

寒さに強いものと弱いもの

盆栽樹種を、モミジやカエデなどの落葉樹、クスノキや柑橘類などの常緑樹、マツやスギなどの針葉樹に分けたとき、寒さに強いもは順に針葉樹>落葉樹>常緑樹となります。

針葉樹は根が完全に凍らない限りはどんなに寒くても冬を越すことができます。

次に落葉樹ですが、葉が付いている時期ではマイナス1℃からマイナス3℃で寒害を受けるものの、落葉後は耐寒性が増してマイナス10℃を越えても耐えられます。

これに対して一年中葉をつけている常緑樹は、冬期も活動していますから寒さに弱く、特に柑橘類などは零下になるとたちまち寒害を受けてしまいます。

また、寒さに強くても小品サイズでは被害がでやすいので注意しないといけません。

冬の保護が必要な樹種

暖地性の寒さに弱い樹種はもちろんですが、樹勢の弱ったものや、サイズの小さいもの、秋に強い剪定や針金を掛けたものは早めの保護が必要です。

松柏類ではトショウ、キンズやマートルカンなどの柑橘類、サルスベリ、ベニシタン、イソザンショウ、枝が細く出来ているモミジ、ケヤキ、チリメンカズラなど枝枯れに注意が必要な樹は保護をします。

ピラカンサ、ヒメリンゴ、カイドウなどで春に展示などに使う物も保護をします。

耐寒性の分類

特に寒さに強い樹種(耐寒性)

耐寒性の強い樹種

針葉樹や落葉後の雑木類は耐寒性が強く、約マイナス20℃まで耐えられると言われています。

クロマツ、アカマツ、ゴヨウマツ、エゾマツ、シンパク、イチイ(オンコ)、カラマツ、ケヤキ、ヤマモミジ、カエデ、ニシキギ、コナラ、マユミ、ヒメシャラ、オウバイ、フジ、ボケ、サツキ、カリンなど

やや寒さに強い樹種(半耐寒性)

ピラカンサ

半耐寒性の樹種は約マイナス7~8℃を限界に耐えることができますが、小さいものや秋に強い整枝をしたものは早めの保護が必要です。

スギ、トショウ、クチナシ、ピラカンサ、カキ、ツバキ、サクラ、ウメ、、ツツジ、サザンカ、ミヤマキリシマ、クワ、ジンチョウゲ、カイドウ、マユミ、ギョリュウ、ブナ、西洋シャクナゲ、カルミアなど

寒さに弱い樹種(非耐寒性)

ガジュマル

温暖性の樹種などは寒さに弱いので、必ず屋内に入れたりムロ入れをして、鉢が凍らないような保護が必要です。

柑橘類(キンズ、ミカン、キンカン)、ヒメリンゴ、ザクロ、ハマボウ、ウメモドキ、ベニシタン、イソザンショウ、ヒメザンショウ、ミヤマカイドウ、ソロ、イチョウ、ガジュマル、クスノキ、ツバキの園芸種、サザンカ、ハゼ、サルスベリ、ヒメシャラ、ユスラウメ、アケビ、ツタ類など

ただし、同じ樹種でも小さな盆栽や苗木は寒さに弱いですし、暖地で育ったものを持ち込んだものと、寒地で実生で育って寒さに慣れたものでは耐寒性が異なります。

防寒の工夫

日本の冬は東北地方側や九州地方側、太平洋側と日本海側でかなり状況が変わりますので、冬の管理もそれぞれの地域に応じた対策が必要になります。

日本の冬は地域によって気温環境が異なります

置き場所の確保

盆栽の防寒は、まず置き場所の確保が重要です。

日当たりと風通しがよく、手入れするのに便利な場所がいいのです。

理想的なのは日中は日だまりができて、かつ西北側には風よけになる建物や生け垣があり、積雪やツララが滑り落ちてくる心配もなく、野ネズミなどの獣害を受けない場所がよいでしょう。

冬の害の最大の原因は冷たく乾燥した風ですから、盆栽の冬の置き場所はできるだけ冷たい風が当たらず、厳寒期にはすぐに屋内や軒下に移せるような場所を確保してください。

しかし、近年の住宅事情から盆栽を置く場所が限られている場合も少なくありませんから、限られた場所でどれだけ最適な環境を作るかをそれぞれ工夫する必要はあります。

一番簡単なのは、盆栽棚の上に取り外しのできる屋根を取り付ける方法がありますが、霜や雪よけ程度の強度しか期待できないので、寒さに弱い樹種は別の対策を取らなければいけなくなります。

また、マツや山モミジなどの寒さにとても強いグループと、トショウやスギなどの少々気をつけなければいけないグループなど、耐寒性の強さによって置き場所を別に管理するものよい方法です。

①ムロに入れる

寒さに弱い樹種は、冬の間は室内に取り込んで越冬させるのがよいですが、エアコンの風が当たる場所や暖房が効いた部屋には置かないなど注意が必要です。

しかし数が多い場合には、室内だけではとても間に合いません。越冬のためのフレームを用意し、ムロ入れをすることになります。

ムロ(室)とは、外気から隔て内部の温度を一定に保てる構造にした所を意味しています。

温度は最低でもマイナス5℃にとどまるように、使っていた盆栽棚をすっぽり覆うようにフレームを建て、園芸用の塩化ビニールを2重にするなどして対策ができます。

ビニールシートで冬の冷たい雨風や積雪をブロックし、昼間はシートを解放して風通しを良くし室内の温度が上がり過ぎないようにします。

温度が上がりすぎると、早く芽が動きだした新芽が冬の間に寒害に合う可能性があるので、常緑樹以外は直接太陽光に当てない方がよいです。

シートに風よけネットや寒冷紗を重ねておけば、強い風当たりや昼間の温度上昇を抑えることも出来ます。

②発砲スチロールに入れる

マンションのベランダなど限られたスペースで、小さい盆栽を沢山もっている人は、適当な大きさの発泡スチロールやフタ付き収納ケースをムロ代わりにし、耐寒性の強さに分けて入れる方法がお勧めです。

発砲スチロールを使うなら、管理がしやすいように大きさや耐寒性の強さごとに箱を分けておくと管理がしやすいです。

箱の底には水抜きのための穴を開け、高さをつけて排水をよくする工夫をしてください。

昼間はフタを開けて盆栽の状態(土の乾き具合、掃除)を確認し、換気と灌水をして、夕方冷え込む前にフタを締めて防寒をします。

なかには雪を上からかぶせておいて冬の間は全くフタを開けずにそのままで越冬させる方法をとっている人もあるようですが、慣れないうちは難しいです。

発泡スチロールを使った越冬

図:発泡スチロールを使った越冬

うっかり乾燥がすぎて枯らせてしまうことのないように、2~3日に1度はフタを開けて盆栽の状態を確認してあげるようにしましょう。

発砲スチロールはホームセンターやインターネットでも手に入りますが、近くのスーパーなどで使わないもの(野菜用で匂いのない清潔なもの)を分けて貰うこともできます。お店の人に聞いてみてください。

自分の持っている樹の樹高を考えて、奥行きだけでなく高さにも余裕が取れるものを選んでください。

③雪の下で越冬させる

特に寒冷地で積雪量が多い地域の場合、大きめな盆栽なら、鉢ごと土中に埋めて上から雪や枯れ葉を被せ越冬させる方法があります。

冬の問題は寒さより乾燥ですから、比較的寒さに弱い樹種でも雪の下で越冬させた方が反って安全です。

鉢を埋めることで用土の乾燥を防ぎ、周りを囲うことで乾燥した大気から植物を守ることができます。

鉢を雪に埋める

乾燥した外気にさらされるよりも、雪の下の方が安全?

埋める深さは鉢の半分~肩まで埋まるくらいにしますが、土も凍ってしまうような寒冷地では土壌を1メートル近く掘り下げて半地下のようにします。

春の雪解けとともに新芽が伸び始めますが、春の風も乾燥していますから囲いはすぐに外さず、乾燥が収まる4月下旬~5月の連休明けくらいまではそのままにします。

防寒前の対策

盆栽は厳寒期であっても、適切な囲いを用意しておけば気象の変化に順応していきますから、ほとんどが寒害を受けることなく冬を越すことができます。

しかし、過度な保護や風よけの不備や乾燥、病気の対策不足などがあると思わぬ被害になることがあります。

野ネズミ、タヌキ対策

冬の間は野ネズミやタヌキなどの食料もなくなりますから、たとえ住宅街でも盆栽が狙われることがあります。

肥料の残りかすや樹皮をはぎ取って食べてしまったり、雪解けの頃から伸びる新芽を根こそぎ食べてしまって、いざムロ出ししてみると跡形もなくなっていたりします。

対策としてはネズミなどが侵入できないように、囲いを地中深くから差し込んだ半地下式の冬囲いを用意したり、ネズミがいやがる石灰硫黄合剤や、クレオソート(木材用防腐剤)をまく手もあります。

薬を使えない、使いたくない場合は網をぴったりに被せて固定すればネズミ等は侵入できなくなります。

野ネズミは、雪解けで樹と雪の間にできたわずかな隙間に潜り込んでくるので、囲いで侵入できなくするか、雪と植物との隙間をなくさなければいけません。

そこで農家では昔から雪踏みといって、雪を踏みしめて作物との隙間をなくし獣害から守る伝統的な方法があります。

病害虫対策

冬の間の保護のためムロや屋内の取り込んだ盆栽は、風通しが悪くなりがちで病気や害虫が潜伏しやすい環境でもあります。

ムロ入れする時にしっかり病害虫対策をしていないと、冬の間の潜伏期間が過ぎて暖かくなってきた時に被害は一気に出てきます。

その被害を抑えるために、ムロ入れする前には、必ず全ての盆栽を消毒・殺菌し病害虫を駆除しておきます。

石灰硫黄合剤で消毒

一般的に使用されている薬剤に石灰硫黄合剤があります。
石灰硫黄合剤には殺菌・殺虫効果があり、カイガラムシ類やダニ類、うどん粉病、サビ病など広い病害虫の駆除、予防ができます。

しかし石灰硫黄合剤は強アルカリ性のため、取り扱いには注意が必要で、散布の際に皮膚に付着したり目に入ったりすると危険です。風のない日や、換気のできる隔離された空間での散布が必要です。

さらに強い硫黄臭がするので、住宅事情によっては使用を控えなければいけません。
また、石灰硫黄合剤は鉢につくと汚れがついてなかなか取れないので、紙などで鉢を覆ってから散布したほうがいいでしょう。

代用品としてはダイセン系の保護殺菌剤やサンヨール(有機銅系殺菌殺虫剤)などがあります。

園芸用の農薬はスプレー式で直接触れることも少なく、散布器が必要ないため使いやすく、臭いもさほど気にならないタイプが揃っています。

単用でも効果が高いものが多いですが、スミチオンのような殺虫剤と殺菌効果のある2種類の農薬を併用するとなお良いです。

ただ、使用には何かと気を遣う薬剤ですが、石灰硫黄合剤を使うのと使わないのとでは春以降の病害虫被害の大きさが全然違うので、出来れば石灰硫黄合剤でしっかり消毒殺菌をしてください。

少量での規格販売は製造が中止になっていて今は最低でも10L単位でしか購入できないので、愛好家同士で分け合うか、つきあいのある盆栽園に相談してみてください。

病害虫に効果のある薬剤

石灰硫黄合剤(殺虫殺菌剤)

石灰硫黄合剤

有効成分:多硫化カルシウム

効果のある害虫:ハダニ類、サビダニ類、カイガラムシ類、ヤノネカイガラムシ、越冬病害虫
効果のある病気:赤かび病、さび病、うどんこ病、黒星病、銅枯病、赤星病、腐らん病、モニリア病、縮葉病、ふくろみ病、そうか病、黒点病、かいよう病など

ムロ入れ前の殺菌殺虫剤として、多くの盆栽業者や愛好家の間で使用されています。

原液を10~15倍ほどに薄めたものをバケツに用意し、出来るだけ根に染みないように注意しながら、鉢ごとひっくり返して幹から小枝までを2~3回ドブ漬けします。

ドブ漬けした後は、薬が根に染みないように横にして、乾くまで転がしておきます。

細かい部分は散布や刷毛で塗ってください。乾くと樹全体が真っ白になりますが、自然に取れるので心配いりません。

ムロ入れ前と、厳寒期の1月~2月頃にもう1回消毒しておいたほうが安心です。

ただし臭いが強いのでマスクや手袋を使用し、周囲への配慮も忘れないようにしてください。

サンヨール液剤AL(殺虫殺菌剤)

サンヨール液剤AL

有効成分:ドデシルベンゼンスルホン酸ビスエチレンジアミン銅錯塩

効果のある害虫:アブラムシ類、コナジラミ、チャドクガ、マイマイガ、ナメクジ、カイガラムシ、越冬病害虫
効果のある病気:うどんこ病、べと病、葉かび病、灰色かび病、白さび病、黒星病、褐斑病

石灰硫黄合剤の代わりとして使用されますが、効果の持続性は石灰硫黄合剤よりは劣るように思います。

その分定期的に散布し、他の薬剤と交互に使うとなお効果的です。

スプレータイプで匂いも優しいので使い勝手がよく、冬だけでなく年中使えます。原液を希釈するタイプもあります。

ジマンダイセン水和剤(殺菌剤)

ジマンダイセン水和剤

ジチオカーバネート系の保護殺菌剤で、植物体上に付着して胞子発芽を強く抑制する事により、病原菌の侵入を阻害し殺菌効果を発揮します。

さび病、じゃのめ病、すす点病、すす斑病、そうか病、そばかす病、たてぼや病、べと病、ミカンサビダニ、モニリア病、汚れ果症、黄斑病、夏疫病、灰色かび病、灰色腐敗病、褐色斑点病、褐色腐敗病、褐斑細菌病、褐斑病、幹腐病、茎疫病、茎枯病などの病気の発症を抑制します。

スミチオン乳剤(殺虫剤)

スミチオン乳剤

有効成分:MEP

効果のある害虫:アザミウマ(アザミウマ類、カキクダアザミウマ、チャノキイロアザミウマ、ネギアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ)、アブラムシ類エカキムシ(ネギコガ、マメハモグリバエ、ヨメナスジハモグリバエ)、カイガラムシ(カイガラムシ類、ツノロウムシ、ヤノネカイガラムシ(第一世代)、ルビーロウムシ)、カキノヘタムシガツツジグンバイケムシ・アオムシ(アオムシ、アメリカシロヒトリ、カブラハバチ、コナガ、ジャガイモガ、モンクロシャチホコ、タマナギンウワバ)、コガネムシ(ケシキスイ類、コアオハナムグリ、シバオサゾウムシ成虫、テントウムシダマシ幼虫)、コナジラミ(タバココナジラミ、ミカントゲコナジラミ)、オオタバコガチャドクガネキリムシ(タマナヤガ)、シバツトガ、ハマキムシ(ハマキムシ類、コカクモンハマキ)、アカフツヅリガ、メイガ(ハイマダラメイガ、アワノメイガ、ダイコンシンクイムシ)、ヨトウムシ(スジキリヨトウ、ハスモンヨトウ、ヨトウムシ)、カキノヒメヨコバイ、ケラ、フタテンヒメヨコバイ、ゴボウノミドリヒメヨコバイ、コナダニ(ホウレンソウケナガコナダニ)(※住友化学園芸より抜粋)

病気は細菌性によるものの他、害虫の排泄物や分泌物が原因で起こる場合も多いので、殺菌剤と併用して使うと効果的です。

冬の灌水と肥料

冬は植物の水分の消費量が減るので灌水は活動期ほど必要ないのですが、注意する点があります。

灌水のタイミングは用土の表面が乾いてきたら与えるのが基本ですが、冬の間は空気が乾燥していて土表面からの乾きが早いものです。

うっかり灌水を忘れて放置してしまわないように注意して下さい。

灌水の頻度は、常なら2~3日に1回程度でいいですが、松柏類で晴天が続く場合は1日1回の灌水を行って下さい。葉水も効果的です。

夜間の急激な気温の低下で鉢土が完全に凍ってしまわないように、水はできる限り暖かい日の午前中に与えるようにして夕方には水気が残らないようにします。

冬の間に肥料は必要ありません。

ムロだしのタイミング

室内やムロでの管理は、特別に寒い地域を除いては3月中旬頃から徐々に外気に馴らし始めます。

切り替えるといってもいきなり屋外に出してしまうと、寒の戻りで新芽が霜に当たって傷んだり、急な温度変化で盆栽に大変な負担がかかります。

最初は昼夜の温度差を少なくするために、暖かい日中は換気をして温度の上昇を抑え、日が落ちて気温が下がる前に防風ネットや敷き藁などをかぶせておき放熱を防ぎます。

寒い地域では、降雪の恐れのなくなる4月頃から屋外管理に切り替えます。

4月になったらフタを外して外気に馴らし、4月中旬頃には完全に保護を取り払って屋外での管理に戻して大丈夫でしょう。

実際には4月下旬頃から外の野草や樹木の芽が旺盛に動きだすのが分かりますから、この時期からはもう通常管理に切り替えます。

ムロだしのタイミングは早すぎると芽や根が傷んでそのまま枯れることがあります。

冬から春の季節の変わり目は風が強く乾燥していますので慎重に行ってください。

樹種別の冬越しの実際

乾燥や霜にさえ気を付けていれば、盆栽の冬越しはさほど難しくありません。

冬の保護やムロ出しで失敗しないように、寒さに強い樹種とそうでない樹種を理解しておくことが大事です。

松柏類の冬越し

葉物類の冬越し

花物類の冬越し

実物類の冬越し

草物類の冬越し

ホトトギス

ホトトギスの冬の姿

盆栽で使う多くの山野草は、冬の間は地上部が枯れ休眠状態になるので、見た目では生きているのか枯れているのか分からなくなります。

しかし山野草は本来は寒さにとても強く、水さえ切らさなければ多少霜に当たっても、春になれば必ず芽を出してくれます。

マンネングサや冬サンゴのような多肉植物でも、昼夜の寒暖差が激しい砂漠地帯に自生するサボテンを見て分かるように、冬の寒さに充分耐える力があります。

ただし草も冬の乾燥には弱いので、発泡スチロールなどに入れておき乾燥した風に直接当てないようにしておく必要があります。

ただし新芽が遅霜にあたると溶けてしまうので、ムロ出しのタイミングは他の樹種にならい慎重に行ってください。

コメント

かずゆき さん 2016年11月24日19時29分
こんにちは。
2か月ほど前から盆栽を始めた初心者です。
とてもためになるサイトで、よく拝読しております。

冬季の管理にかんしてご質問したいのですがいいでしょうか。
こちら東京なのですが、これから冬にかけてどのような管理をしていったらよいでしょうか?
本やウェブサイトをいろいろ読みましたが、人によって書いてあることが違うので混乱しています。笑
きみさんは東京とのことで、こちらも東京ですので環境が近いかと思い、お話を伺いたいと思いました。

状況としては、日当たり風通しのよいマンションのベランダです。
非耐寒性の樹種はありませんが、中ではクチナシが少し寒さに弱いそうなので心配しています。
今日は季節外れの大雪で、ベランダにあるベンチの下に避難させました。
そこで霜や強風は防げると思いますが、冬中そのくらいの保護で大丈夫でしょうか?
東京でもムロ入れなどの保護をしたほうがいいのでしょうか。
きみさんはどのような対策をしておられますか?
きみ さん 2016年11月24日22時50分
かずゆきさん
コメントどうもありがとうございます。今日の雪はすごかったですね。。
わたしは冬は毎年発砲スチロールで管理しています。時期は最低気温が7度を下回る日が1週間以上続くようになったら準備を始めています。
今回は急だったので発砲の調達が間に合わず、一部はかずゆきさんのように棚下に置いています。
クチナシは寒さに弱い樹なので、できればムロ入れしたほうがいいです。棚下管理でも、葉がショボショボになりますが枯れることはないかな。暖かくなると復活しますが、枯れては困るので昨日から発砲に入っています。
かずゆき さん 2016年11月25日12時18分
お返事ありがとうございます。
東京でもしっかり対策したほうがいいんですね。
そんなに数はないので、小さいビニールハウスでも買ってみようとおもいます。
わからないことだらけですがとりあえず枯らさないようにがんばらないと。笑
きみ さん 2016年11月25日12時45分
かずゆきさん
寒さというより、風に当てないような工夫が要ると思います。
温室ビニールもいいけど、日に当たる場所だと温度がビックリするくらい上がるので、ビニールを開けておくとかしないと樹が駄目になります。
発泡は管理楽ですよ~
かずゆき さん 2016年11月26日10時39分
ビニールハウスの方が日当たりがよくていいかと思ったんですが、
常緑樹でもそんなに日に当てなくても大丈夫なんでしょうか?
きみ さん 2016年11月26日18時08分
冬でも日中太陽に当たれば、ビニールハウスの中はかなり高温になるので風よけのつもりで設置するほうがいいですよ。
針葉樹以外の常緑樹は寒さに弱いのが多いし、真冬は発砲に入れっぱなしです。
晴れた日でも蓋をずらしておくくらいであまり太陽に当てません。
かずゆき さん 2016年11月27日12時14分
なるほどいれっぱなしで大丈夫なんですね~
かずゆき さん 2016年12月17日10時25分
こんにちは。最近すっかり寒いですね。
しばらく前から樹たちはビニールに保護しております。
ですが「霜に2~3度当ててからがよい」との情報もあり、
まだ早いのではとも思うのですが、大丈夫でしょうか?
きみ さん 2016年12月17日11時19分
かずゆきさん
キンズとかクチナシ、小さいウメモドキなんかは早めの保護がいいですけど
その他の樹はやっぱり霜に数回当てておいたほうがいいです
わたしは12月入って全部発砲にいれましたけど蓋してませんでした。
先週氷が張ったので、夜間蓋を閉めることにしました。
あまり早いのはよくないかな~。。
かずゆき さん 2016年12月17日20時11分
僕もしばらく放置してましたが、先週末くらいに最低気温が0度になってきたので、
保護を始めたかんじです。
週明けからまたちょっと暖かくなるみたいなので、
夜もビニールの入り口あけっぱにしておこうかな。
でも中なら霜が降りても当たることはないですよね~。
内山 秀男 さん 2017年02月15日16時51分
冬の消毒で石灰硫黄合剤をまきました。このサイトの冬の管理方法の中で指摘されているようにきちんと鉢の養生をしておけばよかったのですが、しませんでした。(散布後少しは水で洗ったのですが…)
現在盆栽は白く、鉢にも斑点が付きました。盆栽の方は徐々に雨などで取れているようですが、鉢の部分は取れません。何か酸などで拭いたらよくなるでしょうか。もしよい方法があれば教えてください。次回からは工夫したいと思うのですが…。
きみ さん 2017年02月15日17時11分
内山さん
仕立て鉢ならあまり気にしないでそのまま使ってしまいますけど、気になるようなら酢を含ませた布でふいてみて下さい。強アルカリを中和するので綺麗に取れるかもしれません。
根などに直接かかるとよくないですが、拭き取るくらいなら今度やってみようかなと思っていたところです。
今までは消しゴムで消してました。
内山 秀男 さん 2017年02月16日20時40分
いつもお世話になっております。盆栽を始めて数年で、盆栽教室に通いながら、祖父や父が育てた盆栽を育てています。質問は松盆栽です。教室ではこの冬に松の葉を1本(一対)残してすべて葉を落とした方がよい。(ただし取り扱い中(針金かけなどで)に取れることを見越して2本残してカットするとよい)この方法が植物の生育上も理にかなっているとのことでした。本などでは盆栽の上:中:下で3:4:5くらいの割合で葉を残した方がよいとあるのですが。少し危険すぎて鋏が動きません。きみ さんの方でこのような事をされたことがありますか。もし分かれば教えてください。(盆栽技術も日々進歩しているのでしょうか?)
先日の石灰硫黄合材は、食酢(スーパーで一番安い分)を原液で塗って状態を観察中です。(食酢は盆栽の苔の除去に通常使っています。)
きみ さん 2017年02月17日09時59分
内山さん
松の葉抜きは冬~今時期までやりますが、樹の樹勢に応じて残す葉数は調整したほうがいいと思います。強めの葉抜きを予定している場合は、芽切りはしないでおきます。
黒松や錦松はOK。赤松は弱いです。
私は2~3対残しでやってます。やっぱり下枝は多めに残しておきます。
それぞれやり方はあると思うので、1対残しも間違いではないです。
石灰硫黄合剤のお掃除については、自分は消しゴムしか使わないので情報不足ですみません。ちょっと実験してみます。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2017年 11 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2017年 11 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。