キミの盆栽びより > プロフィール

プロフィール

管理人はこんな人です

 
名 前 キミコ
生月日 5月5日生まれ
性 別 女性
職 業
1.盆栽の活動
一般社団法人 日本盆栽協会 会員(平成26年度)
日本小品盆栽協会(東京支部) 会員
日本園芸協会 盆栽技能士
2.そのほか
会社員の傍らウェブサイト作りやイラストなどに取り組んでいます。
住まい 東京都世田谷区
出 身 佐賀県唐津市
経 歴
学生時代~
地元佐賀県の公立高校から長崎大学水産学部へ
シオミズツボワムシという養殖魚の初期餌料プランクトンのの研究をする
2004年~
福岡の留学代理店で留学カウンセラー
2008年~
水工コンサルでCADオペレーター
2010年~
福岡の某大学院でバイオ材料の研究
2012年~
上京。ちいさい盆栽を始める
興味のあること
好きなこと

盆栽、盆栽鉢作り、眼鏡、登山、ネコ

特 技

暗記

苦 手

説明、夜更かし、都心、玉ねぎ、団体行動、競争

好きな食べ物

米、肉

コメント

まつぼっくり さん 2016年02月10日17時28分
東京から30年ぶり位に故郷である北陸の金沢に戻ったのですが、うれしかったのは人の少なさ。
そして、目についたのは苔の多さでした。冬場を中心に雨(や雪)の多い土地柄なので
当たり前なのでしょうが、樹木や石垣などにごくごく自然にびっしりと生えています。
それが、この落ち着いた佇まいの街に合っている気がして、気に入っています。

で、なんとなく苔に興味がでて、その延長線上にある盆栽にも興味を惹かれ
キミさんの書かれているものを読ませていただきました。

盆栽を始めてみるかどうかはまだわかりませんが
まずは、観るところから始めようかな、と思っています。
きみ さん 2016年02月10日17時48分
まつぼっくりさん
コメントうれしいです。
コケがもりもりに生しているのは私も何時間でも見ていられます。
屋久島のコケやシダたちを見てからはコケばっかり育てていました。
盆栽をやり出したのはここ数年の話で、私も元コケ好きから始まったので境遇似ていますね( ´▽`)
今は展示会も各地でやっているので是非是非見に行ってほしいです。
真拍ボーイ さん 2016年05月22日21時49分
上京して10年が経ち、最近仕事の都合で自然の多い練馬区に引っ越したのを期に盆栽にハマってしまいました。
現在、糸魚川真拍を2鉢(若木多数栽培中)、旭山桜を1鉢育ててます。
私も苔(特に山苔)が好きで、鉢には必ず敷いています。
まだまだ初心者なので、youtubeやブログ等でノウハウを勉強しながらネットをウロチョロしていると、こちらのブログが目にとまりました。
とても解りやすい解説で、私にぴったりだと感じ、読ませていただこうと思いました。
盆栽って水のやり方ひとつ難しくて、いつ枯れてしまうのかって恐怖と戦いながら、まあ楽しんでいます。
きみ さん 2016年05月23日11時35分
真拍ボーイさん
コメントありがとうございますです。シンパク面白いですね、最近になって改めてわたしもその面白さがわかりはじめました。糸魚川、紀州、さらに銀性、金性、さらにこまい葉性いろいろありますね
桜いいですね( ´▽`)
まだまだまとめ切れてないので申し訳ないですが、更新情報とは別に毎日どこかを工事してるのでちょっとずつでも分かりやすくなればと思ってます。
これからも宜しくお願いします。
真拍ボーイ さん 2016年05月23日19時35分
真拍ってそんなに種類があるんですね、、、勉強不足でした。
こちらこそよろしく御願いいたします。
きみ さん 2016年05月23日21時59分
真拍ボーイさん
種類というのか、わからないのですが産地により葉の色や細さ、作りやすさ(スギ葉が出にくいとか)、生育が違うとわたしもきいています。
元、江戸っ子です さん 2016年05月27日02時45分
お邪魔します。

遠い、遠い北国で盆栽を育てています。ノスタルジー故に日本産の樹も沢山、寒いし、日光不足故に発育不良で苦心惨憺です。
そちらの環境では、先人も多いし、緩急も良し、どうぞ頑張って楽しんで下さい。
きみ さん 2016年05月27日13時53分
元、江戸っ子ですさん
コメントありがとうございます!寒いところで盆栽をうまく工夫して管理なさっているかたすごいです。厳しいところで育つ盆栽もさぞ素晴らしいでしょうね....( ´▽`)
そう、わたしの棲むところは東京の閑静な場所で、空気もわるくなく日当たり風通しばっちりですので、恵まれていますね。
愚痴をいわず、日々楽しく頑張らせていただきます。
かるび さん 2017年09月29日07時43分
盆栽について探していたら、このサイトにたどり着きました。
参考にして、出来ればご教授頂きながら、盆栽を楽しめたら有り難いです。

田舎ですので、父から受け継いだ?小さいながら庭がありますので、
置き場所の確保は出来ますが、
20~30㎝以内程度の鉢での盆栽を楽しみたいと思っています。

今は、素材を探し、集めています。が、
初心者は、何から始めるのが良いでしょうか?

庭にある「ヒバ?」の挿し木、モミジ、杉、ケヤキは、種が飛んできて(鳥?)
勝手に生えてくるので、素材には困りません。ので、
失敗を繰り返す事の出来る素材ですが・・・

また、真柏と檜、ヒバの区別が、よく分かりません。
同じ檜の仲間なのでしょうが。
我が家のヒバは、日向きや徒長枝などで、葉の形態が様々なので、
尚更、区別に戸惑います。
 真柏の素材は入手しましたが、あまり変わらない気がします。
きみ さん 2017年09月29日18時02分
かるびさん
こめんとありがとうございます^^
シンパクもヒバ(ヒノキやサワラなどの別名)もヒノキの仲間なので似ているかもしれませんが、特にシンパクは紐葉なので分かりやすいですよね。
シンパクは糸魚川や紀州がありますが、同じ山地でも多様な葉性のものがありますので、わたしも全部分かりません。
何から始めるかですが、好きなものでいいと思いますよ
実物が好きならピラカンサス等は簡単で楽しめますし、草からはじめてもいいですし
手入れに強く丈夫なものが一番ですね
わたしはトショウと、モミジが好きだったのでモミジが最初でした。
すし太郎 さん 2017年10月04日08時12分
キミさん初めましてこんにちは。
今年の夏から始めた初心者でして、分からない事が有るとこちらのサイトを覗いて助けて頂いております。
早速ですが質問失礼致します。
9月下旬あたりから日差しが優しくなったので
水遣りは出社前の早朝一回に切り替えたのですが、ここ数日水遣り前に土をさわってみると、まだ土が湿っている事が有ります。それでも乾き切るよりはマシと思い水遣りしているのですが、五葉松などは乾き気味の方が良いと聞くのでどうして良いものかと思いこちらからご質問させて頂きました。ちなみに棚場はマンションベランダです。お忙しいところ恐縮ですがご教授願います。今後も私みたいな初心者の為に、サイト運営頑張って下さい。
きみ さん 2017年10月04日09時03分
すし太郎さん

はじめまして、いつもありがとうございます。
帰宅時は乾いていますか?
1日1回なら朝お水あげていいと思いますよ。
10月といっても1回で次の朝まで乾いてないっていうのは不思議ですが
たぶん朝露で湿っているのかもしれないですね
五葉松は水は乾き気味がいいと言われますが、培養場所に注意して置けば水は普通で大丈夫です。今の状態で元気なら、無理に乾かそうとして失敗するよりいいと思います。
根詰まりして乾かないとか原因があるなら、鉢下に小石などをかませて斜めにしておくといいですよ。
すし太郎す さん 2017年10月04日10時56分
キミさんこんにちは。
御回答ありがとうございます。
いちようベランダは南向きなのですが洗濯物で日差しが遮られ少し日照が弱いのかも知れません。
無理に乾かさなくても大丈夫なんですね!始めたばかりの真夏に水切れを起こしてしまい、いく鉢か逝かれてしまいました(泣)そんな事も有り心配だったので安心致しました。何か有りましたら恐縮ながらまた質問させて頂きます。いつも非常に参考になり、助けて頂いておりますので、今後もサイト運営頑張って下さいね。
きみ さん 2017年10月04日18時02分
すし太郎さん
ありがたい励ましのコメント嬉しいです。
これからも頑張りますので、また遊びにきてください( ´▽`)
松尾 公志 さん 2017年11月01日01時06分
 キミさん 「キミの盆栽だより・盆栽の育て方」はよく拝見し、参考にさせていただいてます。
 私は唐津生れの唐津育ち、定年退職後8年です。たぶん、同じ高校の卒業生と思います。娘も同じ高校の卒業生で、今は東京に住んでますが、たぶんキミさんとそう年齢は変わらないのかな、と想像してます。
 さて、盆栽の話ですが、初めたのは40数年まえで、訳あって10年程でやめ、定年後の楽しみとして数年前に再開しました。40数年前に一緒に始めた人の山どり黒松の小品の作品は正真正銘の樹齢50年でそれはもう時代感と古色がすばらしいものです。ずっと続けていればと、今になってくやんでいます。現在の鉢数はおよそ100鉢ほどで、私と楽しく遊んでくれます。オークションで物になりそうな安い素材を手に入れ、想像を巡らせて時間を過ごしています。わからないことや忘れたことがあると、いつもキミさんのページを開いて確認しています。また同時に娘のことを思い出しています。
 キミさんは、プロフィールから見ると、盆栽を初めてそんなに年月が経っていないのにこれだけの専門的な内容を書けるのは、相当な勉強をしたのだろうなと、いつも感心してます。
 「キミの盆栽だより・育て方」大変でしょうが、全国の盆栽愛好家のために頑張ってくださいね。本当にすごいことですよ。
 では、おやすみなさい。
 
きみ さん 2017年11月01日09時26分
松尾 公志さん
ほんとうに温かいコメントくださいまして、ありがとうございます。
最初は軽い気持ちで始めた当サイトですが、時間が経つほどに自分のやっていることの責任とか重大さを感じて、時にはやめてしまおうかと思うこともあるのですが
松尾さんのような方のお陰で、また頑張ろうと思います。
盆栽を実際に始めたのは5年前ですが、こちらには素晴らしい先生や愛好家、盆栽仲間、盆栽園が沢山あるので、暇を見つけては通い勉強させて頂いてます。
地元も同じ、きっと私の父と同年代の方ですね
いつも見て頂いているということで、とても嬉しいです。
もっと分かりやすく詳しい内容になるように頑張りますので、お気づきの点などありましたらご教授ください。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 01 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 01 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。