キミの盆栽びより管理の基本 > 盆栽の施肥

盆栽の施肥

施肥

五葉松をはじめとする松柏類では痩せ作りといって、枝の太りを押えたり葉を短くするために水や肥料をほとんど与えない培養法があります。

痩せ作りは短葉法の1つとして一般的ですが、植物にとってはギリギリの栄養状態のため管理が難しいのです。

また芽摘みや葉刈りなど樹勢がなければできない作業もあるため、日頃から元気な樹を育てることは樹形作りの上でとても大事なことです。

盆栽は限られた疑似自然の中で生きていますが、盆栽で使う用土には栄養分は入っていません。

必要な栄養素は施肥によって補う必要があります。

なぜ肥料は必要なの?

植物体を構成している成分には、50種類以上の元素が関わっていると考えられています。

さらにその中でも生育に不可欠とされる元素は次の16元素で、必須元素と呼ばれています。

多量に必要な9元素

炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、チッ素(N)、リン(P)、カリウム(K)、硫黄(S)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)

微量に必要な7元素

鉄(Fe)、ホウ素(B)、マンガン(Mn)、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、モリブデン(Mo)、塩素(Cl)

これらのうち炭素(C)・酸素(O)・水素(H)の3つは空気中や水中にたくさん含まれていて、呼吸や炭酸同化によって植物へ取り込まれます。

残りの13元素は主に土に存在している水溶性のもので、降雨や灌水になどよって補給され、根から吸収されていきます。

肥料の3大要素

盆栽の三大栄養素

たくさんの栄養素の中でも、肥料の3要素と言われるチッ素(N)リン(P)カリウム(K)は植物の主食で、生育上大量に必要です。

盆栽には主にこの3つの栄養素を肥料として与えます。

チッ素(N)

チッ素

植物を構成する主成分であるタンパク質や、葉緑素、酵素、核酸などの構成成分で、植物の生育で重要な要素です。

チッ素分が多い肥料は葉や茎の生育を促進するので、常緑樹や葉物などに多く必要です。

チッ素が不足すると植物体が小さくなったり全体が黄色くなります。

反対に過剰になると葉が濃緑色になり、軟弱な枝は間延びしたり病気や害虫、季節の温度変化に対する抵抗力が低下します。

リン(P)

リン

チッ素と一緒になって細胞体のタンパク質や酵素を合成したり、エネルギー伝達に重要な役割を果たしています。

花物類や実物類に特に多く必要な栄養素です。

リンが不足すると、細胞の増殖が衰え、生育が悪くなり、古い枝から葉色が悪くなり始めます。

反対に過剰になることでの害は見られません。ただ、過多になりすぎると他の栄養素が吸収されにくくなるという二次的被害が見られます。

カリウム(K)

カリウム

光合成で合成された炭水化物の貯蔵や、植物体内の水分調節などに重要な役割を果たしていて肥料成分の中では最も多く吸収される成分です。

根や茎の活動を促進し、免疫力が向上し病気にかかりにくくなると言われています。

カリウムは不足すると水分の調節ができなくなり蒸散作用が進んで全体がしおれていきます。

また抵抗力も低下し、寒さや病害虫に負けてしまいます。

反対に過剰になることでの被害は見られませんが、過多になりすぎると他の栄養素が吸収されにくくなってしまいます。

肥料の種類

盆栽に使われている肥料には、天然由来の有機肥料無機肥料(化学肥料)があります。

その中でも広く使われているのは有機肥料で、なたね油かすや堆肥、米ぬかなどに知られる植物性のものと、骨粉や鶏糞などの動物性のものがあります。

化学肥料に知られる無機肥料は盆栽にはあまり使われていませんでしたが、化学肥料に肥料の3要素や有機物を配合した有機化学合成肥料が開発され、その使い勝手の良さもあり使用頻度が高くなっています。

これらの肥料は固形、粉末、液体などいろいろな形状のものがあります。

固形・顆粒肥料

固形や顆粒状の肥料には有機肥料と化学肥料があります。

有機固形肥料は速効性こそありませんが、化学肥料よりも効果が長期間かつ緩やかに分解され、夏場は約10日間、冬場だと約20日間かけて分解されていきます。

化学固形肥料は水に溶けやすく速効性が高いものですが、現在では緩効性のものも改良され使いやすくなっています。

液体肥料

水肥

水肥は油かす1に対して水10を加えてよくかき回し、ポリ容器に密閉して発酵させたものを、灌水を兼ねて施すものです。

発酵時間は夏で15~30日、冬では2~3か月で長いほどよいと言われています。

施肥するときは上澄み液を取って、さらに10倍ほどの水で薄めたものを使ってください。樹種によっては骨粉や魚糞などを混ぜて使うこともあります。

化学液体肥料

化学液体肥料はほとんど既成のものを希釈して施すもので、水肥に対して液肥と言い分けられます。

この場合はそれぞれ規定の倍率かそれ以上薄めて希釈したものを、灌水を兼ねて施すか、小さな盆栽であれば鉢ごと希釈液に2~3度ドブ浸けします。

水肥は灌水と同じで、1度に1回だけで終わらず数回にわけて施すようにしてください。

施肥は最初から高濃度・多量に与えず、できるだけ薄い濃度・少ない量の肥料から与えて、徐々に多くしていきます。

多量の肥料を1度与えるよりも、少ない量を回数多く施したほうが負担も少なく、効果があります。

肥料の効き方

有機肥料と科学肥料の効き方には違いがあり、速効性肥料(すぐに効き目が出る肥料)と緩効性肥料(緩やかな効き目が期待できる肥料)に分けることができます。

速効性肥料

化学合成肥料や液肥などは速効性肥料です。

液肥の場合は、有機固形肥料に比べて速効性がありますが持続性はありません。

芽切りの前の樹勢つけなど、短期間で効果を上げたい時や、休眠に入るムロ入れの前などの補助肥料として使用するようにしましょう。

緩効性肥料

油かすなどの有機固形肥料は、施した後もすぐには水に溶けず、土中の微生物によって徐々に分解されながら溶け込み、吸収されていきます。

有機固形肥料には化学肥料のような速効性はありませんが、効果が長く持続し盆栽植物に適しています。

盆栽で使う肥料

水やりのコツをつかむのに3年かかるということわざがありますが、施肥はそれ以上の難しさがありベテランの人でも悩むところのようです。

盆栽の肥料は油かすのような有機固形肥料を主体に、不足栄養分を補うために補助肥料を併用してください。

夏は薄い液肥や活性剤、秋には骨粉を多めに、植え替えの際には元肥として緩効性肥料を使います。

一般にはたくさんの種類の肥料が出回っていますし、どの肥料がいいのかを判断するのは難しいですが、効き方や配合などいくつかの種類の肥料を揃えておきましょう。

有機固形肥料(固形肥料)

油かす(使用度★★★)

油かす

なたね油かす、落花生かす、大豆かすなどいろいろありますが、盆栽にはなたね油かすが多く使用されます。

なたね油かすは、肥料の3要素(チッソ、リン、カリウム)が適度に含まれていて、チッ素に関しては40%以上あります。

葉物盆栽には単用して使われますが、花物や実物盆栽にはこれに骨粉などを混ぜて、リンやカリウムを補います。

沢山の商品があり安価でどこでも入手できますが、大切な盆栽に使うものですから使いやすく質のいいものを選んでください。

東商の超発酵油かすは発酵菌により臭いやカビ、虫がつきにくくお勧めです。

菜種油や大豆粕を種原料にした油かすに魚粉や米ぬかなど数種類の有機質原料が配合されたもので、土壌有効微生物の働きにより、土壌の改良や根の生育を促進します。

値段も手頃で、大粒、中粒、顆粒サイズがありますが、小品盆栽なら中粒~顆粒くらいが使いやすいです。

グリーンキング【天然動物性有機肥料】(使用度★★☆)

グリーンキング

ペレット状の固形肥料で、天然動物性有機質を90%以上含んでいて、チッ素・リン・カリウムや不足しがちな他の微量な栄養素もバランスよく入っています。

酵母菌の活動により、土が酸性になりにくく、根の活力増加や葉色が良くなるなどの効果が期待できます。

ペレット状で使いやすい上に臭いも少なく、少量で効果がでますから盆栽愛好家の間でも広く愛用されている肥料です。

多少虫がよってくることがあり、水を含むと崩れて表土を汚してしまうので土に半分くらい埋め込むようにして施すといいでしょう。

バイオゴールド(使用度★★★)

バイオゴールド

チッ素、リン酸、カリウムを中心に、熟成された天然成分で作られた固形肥料です。

水に溶けやすく、水肥としても使用できます。

海藻や魚粉、油かす、鶏糞、骨粉、穀物などが入っていて、そのほかの微量な成分も補うことができます。

グリーンキングや他の油かすに比べ、虫が付きにくいのもいいところ。

少し高価ではありますが、効き目がよく信頼のおける肥料の1つと感じます。

※ただし、小さい鉢に入った樹にバイオゴールドをたくさん使うと根腐れを起こしやすいので、水肥にするか、液肥やグリーンキング、油かすなどを使うといいと思います。

骨粉(使用度★★☆)

骨粉

家畜動物の生骨を高熱処理して粉末や固形状にしたもので、チッ素のほかに特にリン(17~24%くらい)を多く含んでます。

リンは土壌に固定されにくい物質なので、分解を早めるために窒素分も必要です。

花物や実物類には欠かすことのできない肥料で、特に秋はしっかり与えて下さい。

鶏糞(使用度★☆☆)

鶏糞

リンが多く含まれていて、油かすと一緒に花物や実物盆栽に使用されます。

高温処理で滅菌されてますので、においもなく使いやすいものです。

魚かすはチッ素分も多く、特に実物盆栽に使用するといいようです。

草木灰(使用度★☆☆)

草木灰

草や木を燃やした後の灰のことで、日本では鎌倉時代から使用されている肥料です。主にカリウム石灰分を含み、なたね油かすなどと混合して与えます。

強いアルカリ性なので鉢土が酸性になるのを防いでくれる働きがありますが、使いすぎはよくありません。

盆栽は施肥によって用土が徐々に酸性化してしまうので、特に2年以上植え替えをしていないものなどには使うといいようです。

 

化学合成肥料(固形・液体肥料)

化学合成肥料は、2種類以上の原料を科学的に結合させて成形したものと、配合肥料を固形にしたものがあります。

有機肥料の補助肥料として有効と思われるものをご紹介します。

プロミック(使用度★★★)

チッ素、リン酸、カリウムにマグネシウム、マンガン、カルシウム、ホウ素が含まれた固形肥料です。

緩効性成分も入っていて効果が約1ヶ月持続し、臭いもなく使いやすいです。

特に花物類や実物類に使うと効果的です。

形が崩れてきたら新しいものを交換してください。

ハイポネックス(使用度★★★)

ハイポネックス

チッ素、リン、カリウムの他15種類の微量要素を強化し、植木や花、盆栽にも使用される液体肥料です。

原液を水で希釈し、1週間から10日に1回のペースで与えます。

灌水代わりに与えることができるので、使い勝手がよく、手に入りやすいので小品盆栽でもよく使われるものです。

メネデール(使用度★★★)

メネデール

盆栽だけでなく植木や苗木、切り花や挿し木の際の活力剤として使われる液体肥料です。

肥料というよりは、樹自体の活動を促進させる活力剤として使用されます。

鉄イオンを含んだ水溶液で吸収が早く、根の生長や養分の吸収力を高め光合成を活発にする働きがあります。

植え替え直後や夏場に樹勢が弱ってしまった盆栽など、さまざまな時に効き目が期待できます。

原液を100倍希釈し、挿し木を浸したり灌水に使ったりします。

緩効性化学合成肥料(固形肥料)

固形の化成肥料は、液体肥料や配合肥料よりも緩効性で肥効も長く続きます。

種類も豊富にありますが、盆栽用に適していると思われるものをご紹介します。

マグアンプK(使用度★★★)

粒状肥料マグアンプ

アメリカで開発された顆粒状の化学肥料で、用土に混ぜて元肥として使用することができます。

チッ素、リン、カリウムの他にマグネシウムが豊富に含まれています。

植物の初期生育を促進する即効成分と緩効性成分を含んでいて、いろいろな植物の植え付けや植え替え時に土に混ぜるだけで長期間ゆっくりと効果が持続します。

肥料ヤケによる根の傷みの心配も少ないので利用率の高い肥料です。

粒径も何種類かありますから、自分の盆栽のサイズにあったものを選びます(小品盆栽なら小粒のほうが使いやすいです)。

IB化成肥料(使用度★☆☆)

IB化成肥料

緩効性のチッ素入り化学合成肥料です。

IBというのは石油化学製品のイソプチルアルデヒドのことです。

これを尿素と反応させて合成した有機化合物に、チッ素・リン・カリウムの3大栄養素を配合して固形にしたものです。

始めに速効性のある3大栄養素が効き始め、そのあとIB態のチッ素がじわじわ効果を及ぼしますので、油かすに無機化学肥料を混ぜたような肥効が期待できます。

コーティング肥料(使用度★☆☆)

緩効性の高級園芸肥料で、水溶性のリン酸アンモニアや硫黄化合物などの栄養素を生分解性の合成樹脂でコーティングしカプセル状にしたものです。

これを使うと土壌中の微生物が徐々に皮膜を分解し、内部の養分がゆっくり溶け出して肥効を示します。

コーティング肥料

またカプセル表面には小さな穴がいくつも開いていて、灌水や降雨時に水が穴の中に入り込み、内部の肥料を溶かし出す構造になっています。

肥効は2ヶ月ほど続き、その間に栄養がバランスよく供給されるので、盆栽だけでなく広範囲の芝生や鉢物などいろんな植物に使用されています。

肥料の施し方

盆栽の成長は季節により盛んなときと、そうでないときがあるのは想像がつきます。

常緑樹や落葉樹はもちろん、花物や実物盆栽でもその時期が異なってきますから、それぞれの樹種に適した施肥をしないといけません。

施肥は控えめを心がけてください。

一度に沢山の量を施すと徒長枝や葉が大きくなり樹形を乱す原因にもなりますし、根が弱って逆効果となります。

元肥

元肥

植え替えの時に予め用土中に入れておく肥料です。

マグアンプKや元肥用として市販されている緩効性肥料を使います。

植え替え直後は根が傷んでいるので、最低でも2週間は濃い肥料や速効性肥料を与えてはいけません。

置肥

置き肥

油かすを主体とした固形肥料は、昔から盆栽の最適肥料として用いられています。

その施し方は、直接土の上に配置するので置き肥といいます。

置き肥は持続性はありますが、雨や灌水によって溶け出して初めて効果が出るので、乾いている時は肥効は望めません。

肥料を効かせたい程度によって、半分植え込んだり土中に埋めたりして調節してください。

置き肥の場合は灌水や雨風によって肥料が転げてなくなってしまうことがあるので、肥料を固定する工夫が必要です。

針金固定でもいいのですが、肥料はそのうち崩れるものなので持続性に欠けます。

特にちいさい盆栽では肥料を置くスペースが狭いので、肥料コンテナ(肥料ケース)が便利です。

肥料コンテナを使用することにより、害獣による被害や降雨・灌水時の落下防止、肥料による苔や土の汚れ防止、古い肥料による根詰まりなどを防ぐことができます。

球形で上部から肥料を入れるタイプや、蓋付きのボックス型など形がいくつかあります。

肥料固定用コンテナで、「プチドーム」という商品です。

肥料を入れて土に挿し込むもので、灌水の度に成分が用土に溶け出します。

サイズはSとLがありますが、小品盆栽ならSサイズで充分な大きさです。

※商品リンクは参考です。個数、サイズを確認してください。

追肥

梅雨と夏を除く生育期間中に継続的に与える肥料で、緩効性肥料と速効性肥料を併用するとなお効果的です。

置肥を基本として、液体肥料を補助的に与えもいいです。

お礼肥

花物類や実物類は、花や実をつけるために多くの力を消耗します。

そこで、花後や摘果後に、液体肥料などの速効性肥料を施すことがあります。

樹勢の回復を図ることが目的ですが、綺麗な花や実を見せてくれたお礼のつもりで与えることからお礼肥と言われます。

寒肥

多くの植物が休眠期に入る寒中(1月頃)に与える肥料です。

春からの活動に向けて与えるもので、おもに有機固形肥料や薄い液体肥料を使います。

肥料を与えてはいけない時期

施肥は本来の植物の成長を補助するためのものですから、施肥は基本的に控えめにするのがいいのですが、特に控えるべき時期があります。

1、梅雨期

梅雨の時期など、雨が長く振る期間はせっかく施した肥料が流出してしまいますし、枝も徒長しやすい時期ですから施肥を避けます。

2、冬期と真夏

冬の間は植物の成長はほどんどなく、休眠している状態ですので、施肥の必要はありません。

また、真夏は成長盛んと思いがちですが、成長自体はあまりなく、栄養の吸収力も低い時期ですので、持続性のある置き肥は控え、活力低下予防の意味で速効性のある液肥を使うことがあります。

3、花芽分化期(7月下旬~8月頃)

いたずらな枝の徒長を防ぎ、植物自体の光合成を盛んにし、新梢を充実させる時期ですので施肥は控えます。

4、植え替え直後

植え替えした直後は根が痛んでいて、樹勢も弱っていますので施肥を避けます。

原則的には発根が確信できたら施しますが、期間にしてはだいたい1ヶ月以上あとになります。

さらに注意すべきは、肥料は樹勢が弱って入るときに与えると逆効果になるということです。

葉色や水の吸いが悪かったりしたら、まずは用土や灌水の仕方、日当たりなどを改善し、植物自身の活力を回復させないといけません。

施肥は重要な作業の1つではありますが、まずは灌水や日照管理など日頃の管理がしっかりできていないといけません。

樹種別の施肥の実際

樹種別に施肥の要領は、それぞれ気をつけるポイントがあります。

特に花物類や実物類は花芽の形成時期に合わせた施肥をしないと花が付かず、実付きも期待できません。

松柏類の施肥

葉物類の施肥

花物類の施肥

実物類の施肥

草物類の施肥

コメント

中田晃生 さん 2017年02月14日17時30分
お伺いします
国内の盆栽人口はどのくらいですか
マニアの方の肥料は
ホームセンター購入でしょうか
教えていただければ幸いです
きみ さん 2017年02月14日17時42分
中田晃生さん
液肥や骨粉、くん炭などホームセンターで買えるものは買ってます。
発酵油かすやバイオなどはネットや盆栽園など決まったところで買います。

盆栽人口はわからないですけど、わたしの近所でも庭やベランダに盆栽並んでいるところ結構ありますし(大きめですけど)、注意してみるとたくさんいる気がします。

東京都世田谷区在住の盆栽趣味者。
自宅ルーフバルコニーで小さい盆栽や草を弄っています。
初代愛猫『アロ』は天国へ行ってしまいましたが、現在は2代目ネコ2匹を迎えて盆栽ライフを楽しんでいます。

お問い合わせ

更新履歴

最近のコメント

おすすめ文献

月刊近代盆栽 2018年 01 月号 [雑誌]

盆栽の魅力・育て方・楽しみ方が紹介されている盆栽総合誌です。「KINBON」と呼ばれ世界的にも有名な雑誌で初級者からベテラン愛好家まで満足できる内容です。
盆栽世界 2018年 01 月号 [雑誌]

毎月出ている盆栽雑誌です。月変わりの特集も楽しめて、いろんな技術の解説や銘品が掲載してあります。
群境介のマンガミニ盆栽365日 作業・管理編
マンガミニ盆栽
盆栽の基本的な知識が全て漫画で勉強できます。月ごとの作業ポイントがしっかり押さえられていて解りやすい。
はじめての豆盆栽 気軽に楽しむ小さな盆栽
まじめての豆盆栽
小さな盆栽のある暮らしを楽しむ一冊。これを読むと盆栽を始めたくなります。もちろん基本的な管理も学べますよ。